2016年1月歌舞伎座

昼は「石切」夜は「直侍」

 

 正月の歌舞伎座は昼夜八本立て。その中では「石切」と「直侍」が群を抜い

ている。

 「石切」は吉右衛門の当り芸であり、再三のものでもあるが、とりわけて今

度の舞台には二つの特徴がある。一つは花道での本舞台の大庭たちとのやりと

りから、終始ほのかな笑みをふくんでいること。自然にこぼれる愛嬌が余裕に

なって舞台をなごやかに面白くしている。ことに本舞台来ての「のどけき春景

色」といってあたりを見廻すところは、周囲に春らしい雰囲気が散る。あるい

はまた六郎太夫にお前を助けたのは「手練のかねわざ」と笑いを含むあたりに

もそれがある。

 もう一つは、随所にある竹本の三味線についての動きに味が出てきたこと。

まことにつややかで義太夫狂言の面白さが出ている。その結果「見よや両人」

で右手をかざし、左手に刀を持ってのツケ入りの大見得などまことに立派でコ

クがある。

 以上二点が今度の梶原の前回とは違ったよさである。

 歌六の六郎太夫は、これも再三の役でよく、芝雀の梢は娘姿でいながら人妻

に見えるのは当然ながら性根がシッカリしているからである。又五郎の大庭は

芝居、せりふ廻しとも立派。ただし引込みの「大騙り奴」は六郎太夫にいうと

見せて梶原に当てつけていうのだが、それが効いていない。

 各役中一番の出来は歌昇の俣野。バリバリと押して来る強さ、甲高い声、

「ご苦労ながら」のきまった形の思い切ったよさ。目一杯の力演で傑作である。

呑助は男女蔵。奴菊平は種之助。

 この「石切」の前に、孝太郎、染五郎の「廓三番叟」、橋之助の「鳥居前」、

後に玉三郎、松緑の「茨木」。

 「廓三番叟」は、孝太郎の傾城の貫目、染五郎の太鼓持、種之助の新造と見

た目はそれらしいが、踊りがつまらぬ。振りの意味がよくわかっていないとこ

ろがあり、振りがわからなければ心に至らず、心に至らなければ踊りが生きな

い。踊りが生きなければ役の風情はともかくも踊りとして面白くならないだろ

う。長唄は三右衛門栄津三郎。

 次の「鳥居前」は橋之助初役の忠信が恰幅がよく、隈取りもよく似合って立

派であるが、残念なことにきまった形に締まりがない。腰高であること、きま

る瞬間に例によって奇声を発するために体が締まらないためである。せりふ廻

しも荒事特有のカンの声と低い呂の声の使い分けがはっきりせず、それも印象

を散漫にしている。狐六法も変わり身の面白さがない。期待していただけに残

念。

 門之助の義経が情があってよく、この幕一番の出来。つづいて弥十郎の弁慶

が舞台を締める。松江に逸見藤太は気の毒だと思ったが、おかしみ、憎々しさ

十分でいい。児太郎の静は、十二月の橘姫とは違って手探り。

 最後が玉三郎の「茨木」。

 花道へ出たところ凄味を出そうとするためか、無表情、かつほとんど動かず

幽霊のようである。木戸の外での踊り、内へ入っての舞ともに気がかわらず、

ソロリソロリと地唄舞の如く踊りの面白さを欠いている。

 後ジテは、眉毛のせいか、口を開けて顔を傾けると滑稽に見える。

 松緑の綱も先月の関兵衛、鱶七とは違って仕出かさず。折角直りかけたせり

ふの癖がもとへ戻ってしまった。

 士卒は鴈治郎と門之助、宇源太は歌昇。長唄は勝四郎勝国。

 夜の部は、まず梅玉と橋之助の「二人猩々」。梅玉の品格に対して橋之助が

差を見せるために口をゆがめて酒を飲むのは、あまり落差がありすぎてよくな

い。しかしわずか二十分のこの踊りが品格があって一服の清涼剤。松緑が酒売

り。

 次が幸四郎の「二条城の清正」。

 かつて初代吉右衛門の清正で満場の涙をさそった一幕も今はただの歴史劇。

時代のせいか。

 金太郎の秀頼の芝居がシッカリとさわやかだが、もう少し大きい方が情がわ

くだろう。

 左団次の徳川家康がいい。魁春の大政所、弥十郎の本多佐渡守、高麗蔵の藤

堂高虎、松江の井伊直孝、錦吾の平次。

 このあとが東西色模様くらべである。

 まず西が「吉田屋」。

 鴈治郎の伊左衛門は、前回よりも父藤十郎の風をよくとって、芝居が身につ

いてきたのが、すでに格子先でわかる。成駒屋型は、松嶋屋型にくらべて地味

だが、その地味さをよく守って持ちこたえている。

 奥座敷になってからも、ジャラジャラしたところはもう一つだが、身につい

た味がいい。

 玉三郎の夕霧は、出て来たところの貫目、くどきになって色気、情愛ともに

いいが、くどきの二人が二本の煙管をもち合うところから立身で袱紗を使うと

ころは、松嶋屋型と違ってなんとなくぎこちなく、シックリしなかった。

 歌六初役の吉田屋喜左衛門は精一杯芝居をしているが、東京生まれの役者と

しては目一杯だろう。吉弥のおきさは芝居は確かだが、若さが出過ぎている。

 東は「直侍」。

 この「直侍」が夜の部一番の出来である。

 染五郎二度目の直次郎は、前回の子供っぽさがとれて、花道へ出たところの

スッキリした具合、暗い翳、追われている人間の寂しさが出ていい。この間の

実盛につづいていいのは、この人のニンに合っているからだろう。

 ただ芝居に、ここはこうやればいいという分別臭さが時にチラチラするのだ

けが欠点。爺むさく見えかねない。それに寮になって木戸に当って中腰のきま

りがないのもよくない。雪が襟もとへ入る冷たさよりも形で見せるのが本筋だ

ろう。なにしろ清元が聞こえてくるのだから。

 三千歳は東京初役の、しかもこの名前では最後の舞台になる芝雀。これが上

出来である。父雀右衛門の三千歳は、ときに新派めくほどのリアルさであった

が、芝雀には父とは違う孤独な女の影が見える。むろん黙阿弥はこの女の生い

立ちまでは書いていないが、吉原に売られて、恋人とは別れ、丈賀にさびしい

から毎晩来てくれと頼む女の虚しさがよく出ている。くどきでうつむいている

女の不幸な翳に他の人の三千歳にはない新鮮な感覚が見えている。

 この三千歳と染五郎の直次郎とで、平成の新しい「情話」の世界がひらけて

いる。

 清元は延壽太夫菊輔。

 東蔵の丈賀が、目の不自由な動きの具合、めくら声の甲高さ、よく研究して

本来ニンにないこの役を自分のものにしていい。田之助の丈賀という先例もあ

るが、意外な上出来である。

 高麗五郎と幸雀のそば屋夫婦、吉之助の丑松がいい。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る