2016年1月新橋演舞場

海老蔵の初春

 

 海老蔵三度目の弁天小僧がいい。

 ことに「浜松屋」の後半、男になってからの自由闊達さがよく、今まではナ

マだった美しさが、凄味をグッと底に秘めてのびのびとして、芸の輪郭が整っ

てきたところが長足の進歩である。

 あの女の島田髷に、黒の振袖、それを肌脱ぎにしての緋縮緬の長襦袢、桜の

刺青で大あぐらという、考えてみれば異様とも退廃ともいいようのない姿がピ

タリと舞台にはまって来たのは、芸が上った証拠である。見ていて私はしばし

ば十一代目団十郎の弁天小僧を思い出した。むろんそれは私の単なる感傷にす

ぎないが、それだけ海老蔵が十一代目のように格にはまってきたことを示して

いる。

 むろん技術的には問題がある。

 前半の娘の間の芝居のきめの粗さ、ことに見あらわしで口惜しい思い入れか

らガラッと変わるイキ、せりふ廻しの時代から世話へ、そのくだけるイキなど、

五代目菊五郎苦心の型には繊細微妙な深さがあって、そういうところの工夫は

まだ足りないが、それでも大筋で違和感がないのは、この人の明るさ、はなや

かさのためである。

 獅童の南郷も安定していて、この二人の花道でのやりとりのリアリティ、お

かしさは観客大喜び。春らしい景色である。

 右近の日本駄右衛門は少し芝居が窮屈すぎる。

 右之助の浜松屋幸兵衛、友右衛門の頭。鷹之資の宗之助が芝居もしっかりし

てきて神妙でいい出来。

 新蔵の番頭がいい。

 二幕目は稲瀬川の勢揃い。右近、海老蔵、獅童に市蔵の忠信利平、笑三郎の

赤星十三郎が加わる。いささか二人弁天めくが、柔らかさといい、行儀といい

この幕第一の出来は笑三郎である。

 大詰は、前回通り極楽寺の大屋根から山門まで。

 右近の駄右衛門に、海老蔵二役の青砥藤綱。幕切れは右近に譲ってなにもせ

ず、最後にスーッと目を寄せるワキの心得を守る行儀。これが大切でも立派で

もある。

 この前に「車引」、後に「七つ面」がある。

 「車引」は、いつもは本舞台へ来てから「桜丸か」「梅王丸か」になるのに、

今度は花道の梅王丸が本舞台の桜丸に声をかけるのが変わっている。

 右近の梅王丸は、義太夫訛りを強調するためか、言語不明瞭。もっとスンナ

リいうべきところはいわなければ観客にわかりにくい。数々の見得にもそれぞ

れきまった型があるのにベテラン右近にしてあまり正確ではない。たとえば深

編笠をとって左に抱いて桜丸を見込んだ形の見得はソクになるのが普通だろう

し、元禄見得は右手をグッとのばして力を入れなければ形にならない。

 春猿の桜丸は右近ほどではなく素直な出来ではあるが、これも顔を傾ける瞬

間が違うように思える。それがいかにも生硬に見える。

 三人兄弟のなかで未完成ではあるが一番それらしいのは、獅童の松王丸。顔

が立派なのもよく、梅王や桜丸と違って腰高でないのが見得を立派にしている。

 安心して見ていられるのは唯一、市蔵の時平。広松の杉王丸、いてうの金棒

引は、最近はだれでもそうだが、相手に向ってせりふをいう時にまず左足を引

いて上手向きになって、顔だけふり向けて相手へ気や視線を送るべきだろう。

面と向かってせりふをいえば、それだけで時代物の格がくずれて世話っぽくな

る。

 「七つ面」は、前回は今井豊茂の台本で、面作師が七つの面を付けて踊るだ

けの舞踊劇だったが、今度は松岡亮の台本で新版である。

 吉田少将(友右衛門)御台所(笑三郎)夫婦の館へ常陸大掾(家橘)が来て、余

興に元興寺赤右衛門(海老蔵)の七つの面の踊りを見る。その余興が終わって

幕が閉ったところへ、客席から盗賊四郎吉(いてう)らが乱入して面を奪おう

とするのを海老蔵と舞台番(右近)が出ておさめ、最後に海老蔵が吉例のにら

みを見るという趣向。複雑な割には他愛がなく、前回の方がスッキリしてよか

った。最後のどんでん返しもあまり効いているとはいえない。

 海老蔵のにらみでやっと溜飲が下がる。海老蔵初春の祝儀である。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る