2016年1月浅草公会堂

巳之助の初日

 

 海のものとも山のものともわからなかった三津五郎の忘れ形見巳之助に初日

が出た。亡き三津五郎は最初二枚目として出発したが、巳之助は亡父よりもキ

ッとした輪郭のハッキリした役者として出発した。

 昼夜四役。昼が「三人吉三」のお坊吉三、清元の舞踊「土佐絵」の不破伴左

衛門、夜が「毛抜」の粂寺弾正、「四の切」の亀井であるが、お坊吉三はせり

ふがキッパリせずさすがに手に余っているが、不破はお定まりの雲に稲妻の拵

えが体にあっている上に、踊りが面白く、今月四座の踊りでは一番の出来であ

る。キチンとしているだけでなく、多少ともにこの役らしい味わいがあるとこ

ろがいい。

 「四の切」の亀井はさしたることもないが、出色なのは「毛抜」である。粂

寺弾正はむろん白塗りの和実の役であるが、どこか鋭く、敵役八剣玄番の上を

行く凄味な翳があって、柔らかさ一方でないのが荒事風のこの役の味に効いて

いる。お定まりの五つの見得も腰が入ってキッパリ形がよく、ことに背丈があ

るだけに頬杖の形は、お父ッあん以上である。

 唯一問題なのはここでもせりふ。どこか茫洋としてイキが抜けるのがよくな

い。もっと締まっていなければ、悪人を退治できないだろう。

 この「毛抜」が面白いのはワキがいいからでもある。

 まず第一に橋吾の八剣玄番が、憎々しさといい、キッパリしているところと

いい上々の出来。しかもせりふが明晰、聞きものである。

 錦之助の小野春道はなんどりとしたところがよく、つづいて新悟の腰元巻絹

が色気は薄いもののさわやかである。米吉の秀太郎は「源氏店」のお富と違っ

て、年配といい丁度役にはまって本役。ほかに隼人の民部、国生の春風、鶴松

の錦の前と落ちこぼれがない。唯一ベテラン松太郎の小原の万兵衛が、世話は

世話でも歌舞伎十八番の世話ではなく黙阿弥調なのが問題である。

 浅草の正月は本来若手の勉強芝居であるが、この「毛抜」ならば歌舞伎座と

は行かずともそのまま明治座や演舞場へ行ってもおかしくない。これが昼夜一

番の出来である。

 巳之助のほかにもう一人初日が出た役者がいる。すなわち新悟である。これ

までどうも女形の骨法がハッキリつかめず、男か女かわからぬようであった人

だったが、今度の昼夜三役中「土佐絵」の傾城はまだいつもの新悟であるが、

「毛抜」の巻絹と「四の切」の静の二役で女形の骨法を手に入れた。ことに静

は型ものだけにその型をよく学んで、「園原や」の二度目の出以後、忠信と二

人きりになっての芝居は寸法がキッチリきまって体が光彩を放つ出来である。

むろん静は大役、完全というわけにはいかなくとも基本がキチンとできている

ところは大手柄である。この体験を忘れてほしくない。

 さてこの二人を除いてあとは狂言順にふれよう。

 昼は「三人吉三」「土佐絵」「源氏店」の三本立て。

 「三人吉三」は、隼人のお嬢吉三が手探り。巳之助のお坊とともにせりふが

「試運転中」。さすがに錦之助の和尚が出ると芝居らしくなる。梅丸のおとせ。

 「土佐絵」は本興行では珍しい舞踊。巳之助、新悟についてはすでにふれた

通り。国生の名古屋山三は、目一杯努力しているが、それでも踊りが巳之助の

敵ではないのは仕方がない。

 「源氏店」。松也の与三郎は体にも芸にも締まりがなく、宝塚の男役の如く、

ことにお富と多左衛門の仲に焼餅を焼くのに間をとっての大芝居でくどい。技

巧が見え透いては世話のリアリティを失う。米吉のお富は、時蔵そっくりで型

通り。娘のように見えるのはまだ性根をつかまえていないからである。国矢の

蝙蝠安が達者なところを見せるが、山左衛門の藤八とともに、この役のニュア

ンスとは少し違うように思う。なんとか舞台を盛り上げようとするために説明

的になるためだろうか。

 錦之助の多左衛門。

 夜の部は、すでにふれた「毛抜」のあとが「四の切」。松也の忠信は、与三

郎と違って型ものだけに形はついていて本ものの忠信はまず合格。しかし二役

の狐忠信は身体が意外に硬く、若いのにドテドテしている。菊五郎型は本来け

れんばかりではなく、狐の哀れさで観客を泣かせなければならないが、そこが

どうしても女々しくなる。

 隼人の義経、国生の駿河。静の新悟と亀井の巳之助についてはすでにふれた

通り。

 歌舞伎に限らず芸は基本が正しくしっかりしているのが一番であることを改

めて思う芝居であった。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る