2016年1月国立劇場

十四年ぶりの「小狐礼三」

 

 正月早々野暮なことはいいたくないが、十四年前の「小狐礼三」の時にもこ

んな作品を上演する意味があるのかと思ったが、その思いは今度も払拭するこ

とが出来なかった。歌舞伎にはもっと復活しなければならない演目がいくらで

もあるからである。

 このことを前提にして、しかし十四年前と比べると、今度はさすがに整理、

洗練されている。

 序幕はまず発端に菊之助の人形遣いが狐を遣って見せる短いシーンが加わっ

た。この発端は作品の幻想性を増した反面、かえってこの裃を着た人形遣いは

一体誰なのかという疑問を抱かせて小狐礼三の「狐遣い」をあいまいにしたこ

とも否定できない。「狐遣い」は天竺徳兵衛の蝦蟇の妖術や仁木弾正の鼠の妖

術とは違って狐を道具に使う詐術ではないのか。

 さて発端が終わっての序幕上野清水花見の場は型通り。梅枝を月本数馬之助

に廻したために、折角いい女形として売り出し中なのに色気が薄くつまらず。

 赤姫に化けた傾城花月は右近。二人の色模様はあまり色っぽくない。彦三郎

の荒木左馬之助、亀蔵の三上一学、亀三郎の奴弓平、万太郎の花田六之進。

 二幕目が雪月花のだんまり。

 ここで菊之助の礼三が黒の着付けの町娘風の姿なのは理屈をいえば雪中の山

奥の一つ家にはおかしいが、そこはそれ様式美本位に見れば、時蔵の修験者実

は船玉お才と好対照になる。十四年前は原作通りお才が熊野比丘尼で女で通し

たため対照が不鮮明であったが、今度は女と見えた礼三が実は男、男と見えた

修験者が実は女という対照がついている。

 十四年前は雪の一つ家から秋の月の薄が原になり、さらに桜の景色になる居

所替わりがマジシャンマリックの案でかえってゴタゴタしていたが、今度はス

ッキリ原作に近くなっている。但し最後の桜は原作の指定では、日本駄右衛門

以下はすすき野で消えて、桜の道具幕で礼三の四天姿の引込みになっているの

で、この桜は「骨寄せの岩藤」と同じく幻想になっている。それを桜の道具を

飾って全員揃っての幕切れにしたのは、幻想だか妖術だかよくわからぬ。原作

も礼三は一つ家で娘姿、すすき野で狐の男姿、桜でスッポンから菊百、四天姿

に変わるのだが、もう一歩原作の先を行けば娘姿から男へ、さらに四天姿へと

いう三段の引き抜きが舞台で出来ればもっと面白くなるだろうと思った。扮装

の段取りの時間の関係で無理なのだろうが、これでは三つの姿がまるで違う人

間に見える恐れがある。菊之助はその位の工夫をしてもいいと思うほど、娘姿

も四天姿も似合っている。

 ここへ菊五郎の日本駄右衛門が出るが、貫目を見せるだけである。

 三幕目が、三浦屋の格子先から花月の部屋、返しが隅田堤。

 菊之助の小狐礼三は、前の幕の姿形のよさは別にして、花月の部屋でお才の

ゆすりを受けての芝居がハラがすわって大胆で立派。ハラで受けながら芝居を

しているところは、十四年前の菊五郎の礼三よりもドラマの骨格が明快で味が

あって面白い。

 時蔵のお才がもっと鉄火で、歯切れがよく、伝法だと面白くなったのに残念

である。もっともこれには台本にも問題がある。

 前回は田之助だった深雪が今度は万次郎。いつも変わった役の女形で当てる、

この人が今度はまともな花魁で、ウデあるところを見せていい。今度の芝居の

収穫は、この菊之助と万次郎のカップルである。

 大詰は、国立の舞台機構を鳥居でいっぱいに使った礼三の立ち廻りが菊五郎

劇団得意の殺陣から高輪の海辺まで。

 場割には「赤坂山王稲荷」とあるが、今日の山王神社の使姫は狐ではなくて

猿の方が有名、まして今年は申年である、劇場の目と鼻の先に山王神社がある

だけに気になる。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る