2016年10月歌舞伎座

芝翫誕生

 

  新しい芝翫が誕生した。橋之助改め八代目芝翫である。

 明治の名優四代目芝翫まで四代続いた芝翫は、五、六、七代目と女形の名

跡になっていたが、ようやく立役の、時代物も世話物もいける芝翫が登場した。

 夜の部第二の「口上」は、金地に一面の墨絵の龍を描いたユニークな装置で、

坂田藤十郎の引き合わせで、菊五郎、吉右衛門、玉三郎、梅玉と豪華な顔が揃

った。ことに最近になく珍しく心のこもった口上がつづく。すなわち国立劇場

から駆け持ちの梅玉、しみじみとした東蔵の軽い人情味、一門としての気持ち

を語る魁春、孫として祖父への思いを語った七之助、病気中で出席できない父

福助に代わって口上を述べる児太郎。いずれも成駒屋一門の思い、歴史がこも

っているのは、先祖の遺徳でもあるだろう。

 新芝翫襲名披露狂言は昼は「湯殿の長兵衛」、夜は芝翫型の「熊谷陣屋」。

この「陣屋」の熊谷が断然面白く出色の出来である。もともと今日行われる団

十郎型は、この芝翫型から七代目、九代目団十郎がつくったものであり、原点

としての強さ、野性味、義太夫狂言としての面白味にあふれている。すでに芝

翫は一度新橋演舞場でこの型の熊谷を手掛けているが、その時は不完全だった

のに対して、今度は研究改良を重ねてほぼ完全な芝翫型である。

 順を追って書いていこう。

 黒ビロウドの着付け、赤地錦の裃、濃い赤ッ面に芝翫筋の隈をとった熊谷が

腕組みをして花道を出たところ、まずは立派で大時代でいい。七三、本釣りで

止まって数珠を出して右足を引いて体を開き、数珠を懐中に突き袖で決まった

ところ線が太く大いに立派である。気を変えてパッと両手で袴の上前を叩いて

本舞台へ来るところは、きまり、気の変わり目、いずれも前回と違って動きが

カッキリと粒だっていていい。

 「妻の相模を尻目にかけ」は、相模の手前で相模を見る芝居が丁寧で、気を

変えて三段にかかってのウラ向き、ツケ入りの見得。やっている段取りは前回

と同じだが、今度は型の面白さ、必然性が生きて、団十郎型のハラ本位と違う

面白さが出ている。

 装置も団十郎型とは違って上手障子屋体が斜めになっていて、下手の衝立の

前には煙草盆が置いてある。その煙草盆を堤軍次が持ってくると、熊谷は銀の

延べ煙管を右手に突いた姿で芝居になる。団十郎型だと「ヤイ女」になるとこ

ろも本文通り「コリャ女房、その方ここへ何しに来た」。直截である。芝翫型

の良さは近代化した団十郎型と違って諸事本文通りなことである。もっとも小

次郎が手傷を負ったと聞いた相模に「ソレソレソレ、なにを申すーーー悲しい

か」と相模を見込むところは多少本文を逸脱しているが、これは本文を歌舞伎

に読み解くための面白である。

 「まことに藤の御方」は大小を投げ出した後、左手を横に伸ばして止め、飛

び上がって平伏し、右手で裃の襟をしごいてツケ入りの見得になる。芝翫型独

自の面白さ。豪快かつグロテスクで、芝翫型の野性味横溢。「容赦がなろうか」

で藤の方が意気込むところも団十郎型のように逃げたりせずに堂々としている。

 いよいよ前半のクライマックスの物語になる。

 今度の芝翫の良さは、十二分に動いて芝翫型の面白さを形にして見せたこと、

と同時にとかく形容本位に見られがちな芝翫型の心持をよく表現したことであ

る。たとえばこの物語のかかりの「打って出でたる平家の軍勢」で上手から下

手へズーッと見渡すところ、さながら戦場の風景目の当たりである。形ととも

に心持が充実しているのがよくわかる。敦盛に気づいて「ハオッ」といって

「中にひと際」で大きく扇を廻して向こうを指し、竹本の「すぐれし」でその

扇を返して両膝の間に突く。動きの大きさと情景描写がピタリと合って生きる。

 「浜辺を指して」で向こうを指してツケ入りの見得。総体にこの辺りからツ

ケ入りの見得が多くなる。「オーイオーイ」は大きく扇を廻す動きと右膝を立

てた姿が大きく面白い。団十郎型がほとんど動かないのと対照的な面白さであ

る。

 「打ち招けば」の形は団十郎型と同じだが、ここにツケが入るにもかかわら

ず、その次の「駒の頭」で扇を返してツケ入りできまり、「二打ち三打ち」で

もツケ、「むんずと組んで」でも左手に扇を握って引いてツケ入りになる。こ

れだけの短い間に四か所ツケが入ってその度に形をきめる。この累積が緊迫感

を出し大いに盛り上がる。セリフも大時代。「涙は胸に」も「せーきィあーげ

ィ」になる。そのあとの「抜きかね」も扇を刀に見立てて抜きかねるサマを見

せて、両膝の間に扇をついた形できまる。団十郎型の心理的なのとは大いに違

う。

 物語のクライマックスはいうまでもなく平山見得。ここは芝翫型の最も有名

なところでもあり、三段に片足を落とし、扇を持った手を伸ばして舌をカッと

出す目覚ましいところでもある。「涙をうかめ給い」で開いた扇で顔を隠すの

も豪快で印象的。「うーちぃ、奉る」もセリフが太いタッチである。

 以上要するに前半の熊谷は、動き、形、せりふともにこなれていて、前回と

は格段の相違で大出来。ただ一点、舌は赤く紅を差す方がいいと思う。

 つづいて二度目の出になる。

 ここは芝翫型は織物の長裃のはずであるが、芝翫は前の衣裳に袴だけを長裃

に変えただけであった。やはり着替えた方が気が変わっていい。首実検は裃の

右を脱ぐ。制札の見得は団十郎型とは違って相模をすぐに平舞台へ突き落さず

横に倒して膝で抑え、藤の方の「寄るも寄られず」になるのが上下三様の姿で

絵になる。そのあと二人を平舞台へ突き落して制札を三段についての見得にな

る。御存じの通り団十郎型は制札の上下逆に突くが、芝翫型は担ぐ形になる。

ここに今度芝翫の工夫がある。担ぐと制札が短いのでどうしても不安定になる。

そこを芝翫は長くして安定させた。これで見得が大きく立派になった。ここで

も舌を出す。

 首実検が団十郎型と同じくウラ向きなのは物足りない。芝翫型はオモテ向き

だろう。

 この後が芝翫この一幕中第一の出来になる。すなわち相模にこの首を「藤の

方へ」で首をずから取って頬摺りせんばかりの愛着を見せておいて、二重縁端

三段のところへ出る。そうして相模が取りに来るまで放心したように首を持っ

たまま上手のあらぬ方を見る。ここがうまい。息子を殺しての感無量、いまさ

らながらの茫然自失、いうにいわれぬところが出る。そこへ相模が来る。熊谷

が右足を三段に落とす。二人で首を持ち合う。熊谷は首ごと相模を抱かぬばか

り。三段を登って泣き上げる相模の白い顔、上から俯く熊谷の赤い顔。この対

照、この心持が二人の愛し合った人生、苦労の果てに子を育ててきた人生が出

て実にいい。ここがこの一幕一番の秀逸。

 この後の「血を吐く」では今度は扇を下について二重から相模を睨み倒す豪

快さに戻る。

 熊谷三度目の出以下は、前回団十郎型になってさながら木に竹を接いだ如く

私は大いに不満だったが、衣裳以外は芝翫型に忠実になった。この方が前後の

バランスがはるかにいい。団十郎型は丸坊主、鼠布子に墨染の衣だが、芝翫型

はザンバラの切り髪、白綸子の着流しに金襴の輪袈裟。今度の芝翫は髪はザン

バラだが、やはり鼠布子に墨染の衣。これはやはりよくない。前半との質感の

つながりがなくなる。さて衣裳を除いてすべて芝翫型だから「十六年はひと昔」

は本文通り二重の上でやる。こうすると作品のテーマがはっきりする。「夢で

あったナァ」のあと思わず下手を向いて涙ぐむところは芝翫の工夫だろうがう

まい。それに幕外のない絵面の引っ張りになると熊谷個人の無常観だけでなく、

登場人物全員の感懐になって世界そのものが無常観に浸される。むろん団十郎

型にはそれなりの良さがあるが、こうして見るとそれがあくまで近代の個人の

ドラマであることがわかる。

 吉右衛門の義経がいい。

 舞台裏からの「ヤアヤア熊谷」の高く張り詰めた調子にまず打たれるが、そ

の後も下の声から甲の声まで緩急自在に使うセリフ廻しで堪能させる。たとえ

ば「イヤサ、弥平兵衛宗清待て」の鋭さ、「まことや諺にも」のなんどりした

具合、「そのむかァーしィ」の名調子、「その嬉しさ」の情愛。いずれもいい

義経である。

 続いて歌六の弥陀六が再度の役ながら今度は格段の出来で、セリフを聞かせ

ていい。魁春の相模も品格、情愛、しっとりしていい。菊之助の藤の方は前回

よりも落ち着いているが何せ魁春とのバランスはよくない。しかしそれは本人

のせいではないだろう。

 新橋之助の軍次、歌昇右近以下の四天王。吉之亟の梶原。

 夜の部はこの前に松緑の「外郎売」後に玉三郎の「藤娘」。

 松緑の外郎売は剥き身の隈がよく似合うようになり、早口言葉も大分こなれ

てきた。歌六の工藤、亀三郎の十郎、七之助の大磯の虎ほか、一座総出。

 玉三郎の「藤娘」これまでの豊満さ、色気から少女っぽい若々しさになった。

踊りは相変わらずゆったりしているが、「藤音頭」で立身で窓からそっと男の

姿を覗いているようなフリに小説の一コマのような幻想的なところがある。長

唄は勝四郎、勝国。

 昼の部の披露狂言は「湯殿の長兵衛」。新芝翫の長兵衛はしていることに間

違いはないが、序幕の村山座は堂々とし過ぎて愛嬌に乏しく偉そうに見える。

二幕目の独り舞台の長ぜりふになってはじめてこの人の世話物のうまさ、透明

感が出る。この人には団十郎型よりも吉右衛門型の方が合っているのではない

だろうか。少なくとも「人参牛蒡」の名セリフはさらさらし過ぎて物足りない。

 菊五郎の水野は立ち役バラだから敵役としての憎しみが足りないのは是非も

ない。雀右衛門の女房お時、又五郎の唐犬権兵衛、東蔵の近藤登之助。

 出色なのは松緑初役の出尻清兵衛。愛嬌があって、芝居運びがサラサラして

嫌味がない。もう一つのヒットは劇中劇の亀三郎の公平。キビキビしていてス

キのない荒事の上に、坂田が暴れ込んでの度肝を抜かれる芝居もうまい。

 他に権十郎の渡辺綱九郎、七之助の頼義、新橋之助の極楽十三、児太郎の御

台所、男女蔵の坂田金左衛門、吉三郎の保昌、吉之亟の舞台番、吉五郎の中間。

 昼の部は「湯殿の長兵衛」の前に、新橋之助、新福之助、新歌之助の三兄弟

の新作舞踊「初帆上成駒宝船」、七之助の「女暫」、菊之助の女猿回しのお染

久松の舞踊。

 七之助の「女暫」は二度目とあってカドカドの見得がキリッとしてよく、花

道幕外になって七三に座ってたった一人祖父七代目芝翫の、名跡復活の口上を

いう。心情が溢れている。

 それに付き合う松緑の舞台番が、これも出尻清兵衛とは違った愛嬌、間の良

さ、形の良さで一挙に舞台がイキイキする。今月この人大当たり。

 ウケは又五郎、太刀下は権十郎、鯰が松也、女鯰が児太郎、このコンビが次

の幕でお染久松になるのは見ていて気が悪い。腹出しが男女蔵ほか。

 次の「お染久松」の道行は、本来男の猿廻しで出来たものを女に直したとこ

ろがやはり味わいに乏しい。心中に行こうとする男女に通りかかった猿回しの

男がそれとなく意見をするのが面白いのだろう。

 菊之助の女猿回しはさてはこのカップルが噂のそれかという思い入れがう

まい。松也の久松は、宝塚の男役のごとく、主人の娘と恋仲になっていると

いう引け目が体にも踊りにも出ていない。性根が足りないからだろう。児太

郎のお染も色気が薄い。清元は延寿大夫菊輔。お染の口説きを語る志壽雄大

夫が美声かつうまい。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る