2016年10月国立劇場

梅玉の判官

 

 国立劇場開場五十周年記念の、三か月にわたる「忠臣蔵」の通し。まずはそ

の第一部、大序から四段目までである。

 なかでは梅玉の判官がいいが、珍しい復活場面もあるから順を追って書いて

いこう。

 まずは大序。左団次の師直はこれまで味が薄かったのが難点であったが、さ

すがに今回は円熟して面白くなってきている。ことに顔世を見て急に柔らかく

なる辺り、顔世を口説いての「いかぁーにもとのご返事は」のセリフ廻しに芝

居のうまさが出ている。この人だけではないがあいかわらず「小身者の捨知行」

は困る。「小身者に捨知行」が正しい。俺が「知行」を出しているだといわぬ

ばかりの師直の専横が出ないからである。

 梅玉の判官は、この場は品格だけでさしたることもない。この判官が他の人

と違うところを見せるのは三段目以後である。

 錦之助の若狭助は、さわやかさもあり決して悪くはないが、師直にやり込め

られての怒りが持続しないので、パッと爆発する盛り上がりに欠ける。

 秀太郎の顔世は年を感じさせないのが偉い。ウソでも「忠臣蔵」全十一段の

事件の原因になる女性と見えるのは長年の修行のためである。

 松江の直義はせりふに違和感がある。声の質は天性のものだから仕方がない

が、それをせりふ廻しで聞かせて「位」を出すべきであろう。

 以上、大序は「中」出来である。

 二段目になる。

 ここを前半力弥使者、後半松切りと二場に分けるのは目先を変えるためだろ

うがいらぬ贅沢。本文にも一場に書いてある。それよりも幕開きの中間のおし

ゃべりがない(というのはこの場が平舞台だからでもあるが)のが、時間のせ

いもあるだろうが大序からの続き具合を曖昧にするし、幕開きに本蔵が板付き

というのも味気ない。

 団蔵の本蔵は本役。九段目があっても通用する立派さである。後半松切りに

なっての若狭助とのやりとりはいささか史劇染みているのはハラが薄いためで

あろうか。

 万次郎の戸無瀬は、八汐染みているのがよくない。いかにも意地の悪そうな

継母に見えてしまう。することは十分なのだが、それが舞台へ反映していない

からである。

 錦之助の若狭助は大序よりはぐっと持ち直して、力弥使者のさわやかさ、松

切りの癇癖と悔しさと男の覚悟が出ていていい。ただ二杯道具のために「お使

者大義」で引っ込むのが窮屈に見える。その上次の場になると板付きでイライ

ラしながら本蔵の出仕を待っているというのは気の毒。こっちもイライラする。

本文通りならば何のことはないのに。

 隼人の力弥は見た目にはバタ臭いが、それ以上にすることがよくない。たと

えば米吉の小浪とのつけ廻しのあと、もう一度戻るのはなんのためか。顔が見

たいからだろう。それだけの情がないからつい只の段取りになる。誰か教えて

やらないのか。

 米吉の小浪はおぼこすぎるが、芸もおぼこである。これも隼人同様情がない

からである。

 以上折角珍しい二段目は単に筋を通したというにとどまる。

 三段目になる。

 いつもの進物場がある。

 橘太郎の鷺坂伴内は、軽くやって嫌味がないのがいいが、「これはこれはど

なたかと存じましたらば」は唄うようにいわないと面白くないし、喜劇として

の面白味も出ない。

 団蔵の本蔵は、この場は押しかけてワイロを持ってきたにしては落ち着き払

っていて立派過ぎる。伴内と本蔵が入ったところでいつもは道具替りであるが、

今度は本文(カット版ではあるが)の「鰌踏み」になる。すなわち判官の駕籠に

勘平が付き添って出る。こうすると次へつながっていい。ことに次の松の間で

梅玉の判官が文箱を持って出て、師直に遅いといわれると、詰所にいたところ

へこの文箱が来たのでお届けに来たというのはわかりやすい。こうすると筋が

通る上に事件のスケールが出る。

 扇雀の勘平はすでに五、六段目は実験済みであり、祖父二代目鴈治郎を偲ば

せるニンでいい。高麗蔵のおかるは見る前はムリだろうと思ったがすることは

十分で意外な出来である。

 廻って松の間。

 左団次の師直は、「鮒だ」とフッと判官を見るところ、「ピリピリと死にま

する」の憎々しさがうまい。ただ「黙れ判官」は力が弱い。「殿中だ」ももっ

とキッカリ行きたい。

錦之助の若狭助はこの場が一番の出来。さすがに短い間に怒りが集中している。

 梅玉の判官がいいのはここからである。

 品格のよさはいうまでもないが、他の人の判官と大きく違うのは、内心の心

持を隠そう隠そうとしていることである。いくらいじめられてもそこは大名の

懐ろ子。そうとは表に出さない。そこが独特であり、それでもつい思い入れに

おのずとあらわれるところが品位にもなり、和事の味にもなっている。芸が充

実してきたからである。

 団蔵の本蔵。橘太郎の伴内。

 次が「裏門合点」。この装置が橋があって、進物場の表門よりも立派なのは

おかしい。「裏門合点」という位だからである。表門より裏門が立派では困る。

扇雀の勘平はここもよく、高麗蔵のおかるは、前の場の只のお使いと違って、

ここでは勘平を実家まで引っ張って行くのだからもう一倍色気がほしい。橘太

郎の伴内。この三人ともに後半本文よりも清元の「落人」風になるのはよくな

い。「落人」は来月のお楽しみだろう。

 いよいよ四段目になる。

 花献上は筋を通したというだけのカット版。本文がよく書けているだけに惜

しいことである。秀太郎の顔世、隼人の力弥、錦吾の九太夫、友右衛門の原郷

右衛門。

 ここで道具が変わっていつもの「両人出迎う間もなく」になるが、ここも二

段目と同じく道具を変える必要はない。本文通りで行けば一杯道具。顔世や力

弥の処理は演出上なんとでもなるだろう。

 ここでいいのは梅玉の判官。襖をはらって出た黒の着付け、羽織の姿の良さ。

石堂に気持ちを聞かれて「加古川何某とやら人に抱き留められ」といってイキ

を変えずに「御推察下され」というのも、こういうやり方もあるかと思うよさ。

 いよいよ切腹の座に直る瞬間の向こうへの思い入れ、九寸五分を紙に巻きな

がらの向こうへの思い入れ、「御検使、御見届け下され」といって向こうを見

ながら思い切って腹へ突き立てるまでの思い入れ。ともに無言のうちに顔の表

情を消して全身で心持を観客に伝える歌舞伎本来の思い入れの芸である。今日

とかく心理描写や説明的になりがちな判官が多い中で近頃珍しく古格を守った

芸である。

 幸四郎の由良助は、駆け付けて来たところ、その風采、その姿、さすがに立

派であるが、義太夫狂言というよりも多少史劇染みるのはこの人の芸風だろう。

しかしそのために梅玉の判官と肌が合わず、判官のそばへ寄っての耳打ちから

「委細」といって平伏するあたりは水と油とまではいわないがしっくりしない。

 しかし御台所から切り髪を受け取っての双方見合ってのところは十分イトに

付いた大芝居。全編このくらいで行きたかった。

 評定になって白鸚がうまかった「算盤秤の目をせせり」辺りはこの人もうま

い。しかしこの人一番の出来は諸士を呼び返すところ。声がよく名調子である。

 秀太郎の顔世は花道の引っ込みの風格、さすがに辺りを払っている。左団次

の石堂。彦三郎の薬師寺は、年を取っても腕には年を取らせぬ力強さ。諸士も

秀調以下で揃っている。

 廻って城明け渡しは、幸四郎の由良助が力弥を叱るところはただ突き飛ばす

だけでぞんざいである。「引こう引こう引こうてや」は大音声で場内に凛々と

響き渡る。「はったと睨んで」のツケ入りの見得も立派。しかし後半は意外に

も情が薄くあっさりしている。友右衛門の原、隼人の力弥、秀調以下の諸士。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る