2016年11月国立劇場

「忠臣蔵」第二部

 

 二ヶ月目の「忠臣蔵」は、最初に「落人」があって五、六段目、最後に七段

目という三幕である。

 当然のことながら菊五郎の勘平と吉右衛門の由良助がいい。

 菊五郎の勘平は、鉄砲渡しで笠をとって空を見上げた顔が前回よりさらに若

返って客席がどよめくほどの若さ、輝きである。

 千崎に会っての「これはしたり」も「忝じけなし」も自然でサラサラ運んで

いて、それでいながらピッタリと型にはまって、しかも情がこもっている。自

然と型、型と情、この兼ね合いの絶妙さが今度の勘平の円熟味である。花道の

引っ込みも雨が降って来たなと空を見て笠で火縄を囲うのが普通だが、空も見

ない。無精なのではなく、雨が降って来たのは空を見なくとも体が知っている

からという気持ち、そういう自然さを出すためである。今度の勘平は前半すべ

てこの調子である。

 二つ玉になる。八月に右近が実にキレイな火縄の輪を見せたが、さすがに師

匠は違ったもの。何気なくやってきれいな輪に見える上に黒ミスの前で止まっ

て向きを変えるところも、止まって止まらず、止まらずに止まる自然さ。続い

て三回のきまりもそれぞれの動きにリアルな運びがあってそれぞれ違ってくる

のが鮮明。自在にしていてそれが自然にわかる面白さである。

 六段目の出も「お駕籠でもあるめえじゃあねえか」が、気障ッ気、嫌味がな

くごく自然にで柔らかい。「その様子聞こうかえ」からの財布を見るところも

自然に運ぶうちの色気、芝居の面白さがいい。ことに財布の件は与市兵衛の帰

った時間を聞いての思い入れが効いていてお才を見る目、フッと縞の財布に気

づいて煙管をホロリと落とし、捨てぜりふでそれをかりて懐中の財布に思わず

手が掛かって「おかる、茶を一つくりやれ」にまで。手に入って流れる如く、

リアリティだけで運んでいながら味わい深い。後半にやや芝居の運びのスピー

ドが落ちるが、「身のあやまりに」前後から腹を切るまでいい勘平である。

 吉右衛門の由良助もいい。

 最初の平右衛門とのやりとりは前回よりもゆったりと場内隅々までせりふの

面白さ、意味が通って本文が生きている。

 力弥とのやり取り、蛸肴の「おのれ末社とも」の変化もますます洗練されて

いる。しかしこの由良助がさらによくなるのは二度目の出。釣灯篭から手紙の

端が切れているのに気付いてブッと吹くところから「ようまぁ、吹かれていや

がったのう」の大きさまで。あるいはおかるとのじゃらつきから「あの嬉しそ

うな顔わいの」でサッと扇をひらげて隠した顔の、殺気と憂いの思い入れの、

なんともいえぬ深さが頂点である。むろん三度目の「獅子身中の虫」が一流の

名調子であることはいうまでもない。

 以上、菊五郎の勘平と吉右衛門の由良助を別格とすれば今度の収穫は全幕を

通して又五郎の平右衛門と雀右衛門のおかるである。

 平右衛門は、前半由良助との芝居の間は平凡だし、ことに送り三重での引っ

込みに二足三足武張って入るところが憂いもなにも吹飛んで単純すぎるが、お

かるとの出会い、二人での芝居で見違えるように面白くなった。

 元来この件は本文の簡潔さに比べて、歌舞伎は入れ事沢山で、どんな名優が

やっても長くてダレる。私が初めて見た「七段目」では、勘平のことを聞くお

かるが口籠って「カ、カ、かどの豆腐屋さん」とまでいったのである。一番短

かったのは富十郎と藤十郎の本文通りの充実であった。入れ事はいらない、こ

れでいいと私は思っていた。

 ところが驚いたことに今度はここの入れ事が面白い。又五郎と雀右衛門には

いい意味での通俗性があって、芝居を楽しく見せるという精神が生きているか

らである。これ以上誇張されても困るがギリギリのところで面白く見せている。

 又五郎の平右衛門は第一に奴らしい気配があふれていて、おかるをほめる

「出かしたなぁ」の階段に右足を下して手をあげた形、花道に逃げたおかるに

背を向けて「悲嘆の涙」の後ろ向き泣き上げた形、ともにキッパリとしていい。

それになにより誠実なのがいい。「読めたッ」のあと膝をまくってのところで

私は不思議な体験をした。そのあまりの誠実さ、その余りの異様な忠義一図さ

が舞台に広がったからである。これは底辺の人間がふくらませた一種の幻想で

あり、それが塩冶家のような大名、あるいは祇園で遊ぶ客のいわばハイソサエ

ティから遠くへだたった社会の底辺から出て来て、この場違いな遊里の一廓で

巨大に膨れ上がるが見えたような気がしたのである。史実の四十七士は大抵身

分の低い者が多いというが、忠義忠義というのもいわばそういう底辺の力なの

かもしれない。革命は常に無名の底辺から起こる。それを目の当たりにしたの

ははじめてである。

 雀右衛門のおかるも前半よりもこの後半がいい。平右衛門にその姿を見せる

ところの、無心な女の、いい意味での気障ッ気とプライド、形の良さ辺りから

盛り上がって、勘平の死を聞いての正面にふり向けた呆うけたような顔の美し

さは、ほかの人にはないよさである。この顔、この美しさがこの女の絶望をあ

らわしていて、これならばみずから死ぬほかはないのがよくわかる。絶望しか

ない顔だからである。

 かくしてこの二人で七段目後半は大いに盛り上がった。竹本の葵太夫宏太郎

がこの二人の力演をどれだけ引き立てたことか。ことにおかるのくどきは陶然

とさせた。菊吉二人を別にすれば今月この座一番の見ものである。

 さて周囲の役。六段目は魁春のお才がよく、団蔵の源六はまるっきり生世話

で、これはこれで一つの行き方である。歌六の原郷右衛門はいささか地味。

「見れば取り込みのある様子」で帰ろうとするのは多くの人がやるがハラ違い

だろう。二人侍は勘平に金を返しことと次第によっては詰め腹を切らせようと

さえ思っているのである。ここで帰っては由良助になんと報告するつもりか。

権十郎の千崎。東蔵のおかやは何度目かで義太夫味がついてきた。

 菊之助のおかるは気持ち、色気ともにいいおかるであるが、せりふ、芝居と

もにゆったりしすぎていて間が開く。その間を心持でうめきれないために哀れ

さがうすい。

 松緑の定九郎は、最初に与市兵衛を殺すときに顔をうつむいているのが凄味

になってきたのは偉い。「五十両」の一言のまえに財布のなかで手がうごいて

いるのがいい工夫。鉄砲で撃たれての落入りは右腰に血をたらすためにさがり

が脇へ行って形が悪い。菊市郎の与市兵衛。

 「七段目」は、今度は珍しく最初に九太夫、伴内の入り込みを本文通りに見

せる。橘三郎の九太夫は義太夫狂言らしい味がほしく、吉之亟の伴内は謹んで

しているが、歌舞伎の三枚目らしい面白さはこれからだろう。一力の亭主は吉

三郎。

 亀三郎、亀寿、隼人の三人侍では、さすがに亀三郎がしっかりした芝居で、

これで平右衛門の芝居が引き立つ。

 種之助の力弥。

 以上二幕の前、すなわち十一時の開演と同時に「落人」が開く。昼前に清元

を聞くのは何となく違和感があるが是非もないか。錦之助の勘平はまさにズバ

リの本役であり、持ち味もあっていいが、ただ踊りが堅い。

 菊之助のおかるは、踊りの間がゆったりし過ぎていて、清元とのあいだに違

和感があるし、振りの意味もよく観客に通じない。

 亀三郎の伴内も体が堅く、この三人の「落人」はさぞよかろうと思いのほか

の期待外れ。

 清元は延寿太夫美治郎。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る