2016年11月歌舞伎座

芝翫襲名二ヶ月目

 

 顔ぶれ、演目を一新しての芝翫襲名二の替りである。

 襲名狂言は昼の部が「連獅子」、夜が「盛綱陣屋」。

 「連獅子」はいつものそれとは違って今井豊茂脚本、藤間勘十郎振付の新版。

前半の清涼山の描写を簡略にして親獅子が三人の子獅子を谷底へ落とす。

親獅子は芝翫、子獅子は新しい橋之助、福之助、歌之助である。これで前半が

終わると、いつもは合狂言の「宗論」になるが、今度は師匠の供で清凉山へ来

た万太郎の長楽坊と右近の万年坊の二人が出て、この山には恐ろしい獅子がい

るという話をする。そこへ花道から仁左衛門の慶雲阿闍梨と梅玉の昌光上人が

出て遥拝すると、正面大ぜりから藤十郎のお姫様姿の文殊菩薩がせり上がって

くる。ほんのちょっと振りがあってこの一まきが全員大ぜりで下がると、正面

の松羽目が飛んで清凉山の石橋になり、せりの白木の橋に乗って芝翫の親獅子、

三人の子獅子がいつもの姿でせり上がって狂いになる。

 大掛かりで贅沢な一幕。「口上」代わりの襲名の御祝儀幕である。長唄は栄

津三郎を真ん中に里長と三右衛門の、これも親子のタテ別れ。まずはめでたい

というところである。

 夜の「盛綱」は新芝翫の盛綱が押し出しが立派。姿といい、顔といいまこと

に見栄えがする。することも万端抜かりがない。ただせりふがとかく高調子に

なるのが耳障り。この人低音も使えるのに残念。優等生の盛綱。味や面白味が

出るのはこれからだろう。

 秀太郎の微妙はすることは十分だが、なにせあの柄であり、手強さ、スケー

ルに欠けるのは是非もない。時蔵の篝火も一通りで、「三悪道」の件がダレる。

微妙、篝火、小四郎の三人の中では一番は左近の小四郎。芝居もしっかりして

いるしせりふも明快。子役はなまじの芝居よりもこの二つの条件が大事である。

 幸四郎の和田兵衛は立派。芝居も大きい。これは幸四郎の罪ではないが、そ

の出に揚幕で「御上使のお入り」と聞こえるのは間違いだろう。和田兵衛は上

使ではなく敵の使者に過ぎない。したがって「御使者のお入り」が正しい。

 彦三郎の時政はせりふが明瞭闊達。染五郎の信楽太郎、鴈治郎の伊吹の藤太、

扇雀の早瀬、弥十郎の竹下孫八、秀調の古郡新左衛門、万太郎以下の四天王と

いう豪華版。だれ一人仕落ちもなく悪いところもないが、さりとてこの人がい

いという面白さもない。二時間近くの一幕が退屈に見えるのはどうしてだろう

か。

 この襲名狂言二本を別にすれば、「元禄忠臣蔵」の仁左衛門の綱豊と「加賀

鳶」の幸四郎の道玄が面白い。

 仁左衛門の綱豊は再三のものだが、見ればやはり引き付けられもするし、洗

練ますます深くなって今回改めてその人間味の深さ、その円熟の芸に堪能させ

られる。

 名調子、せりふのうまさ、芝居の運びのよさ、いまさらいうまでもないが、

ことに今回いいのは、富森助右衛門をあの手この手で問い詰めていくうちにお

のれ自身が深みへはまって行く具合である。むろん綱豊自身が迷っている。だ

からこそ新井勘解由を呼んで助言を聞

く。しかしそれでも本当には納得しない。その揺れ動く心が徐々に核心に迫っ

て行く。表面は皮肉に、柔らかく、笑いながらもそうなって行く綱豊のドラマ

が手に取るがごとく格段の面白さである。改めて一人の人間の人生の葛藤を目

の当たりにする思いがした。

 残念なことに染五郎の富森助右衛門がよくない。もっともそれは染五郎のせい

ではない。染五郎はその芸風からいって綱豊の人であって、富森の頑固で、屈

折していて、しかも忠義一徹な性格は素直で真直ぐな染五郎には向いていない。

真山青果は近代的な劇作家ではあるが、歌舞伎様式で歌舞伎役者のために書い

ているのであって、歌舞伎の表現システムの根幹をなしているニン―――芸風

、身体の条件が問題になる。綱豊との対照からいってもかつての八代目三津五

郎、八代目中車、翫右衛門といった手強くて、屈折した、一癖も二癖もあるニ

ンが必要なのである。染五郎も化粧はじめいろいろ工夫しているが、それだけ

ではこの「御敷居は越え」られない。

 時蔵の江島、竹三郎の浦尾、梅枝のお喜世、左団次の新井勘解由、松之助の

小谷甚内。

 もう一つの見ものの幸四郎の道玄。

 質見世で道玄がお朝の偽手紙を振り回してあわや五十両を騙り取ろうとすると

ころへ加賀鳶の頭日陰町の松蔵が入ってくる。松蔵はお朝の手習い草紙を取り

寄せる。今でいう筆跡鑑定である。今までうつむいていた道玄がそれを聞いた

途端にパッと顔を上げる。このイキが鋭い。そうしておいて狼狽した挙句しよ

うがなくって煙管に火をつける。この間の芝居がステキなうまさである。むろ

んここは多くの人が受けるようにやるだが、この間の芝居がこれほどシャープ

で面白い人は滅多にいない。この人天性のうまさである。このイキで全編が通

せればいい道玄なのに残念なことにはこのあとがよくない。ついに道玄が偽手

紙を認めるところは、今日の台本が黙阿弥の原作とは違っていて問題があるが、

それにしても道玄がもう仕様がないと居直る芝居がなければおかしい。それが

ない上に、せりふを唄わないから盛り上がらない。

 総じてこの道玄は上ッ面でリアリティがない。あのステキな一瞬を思えば幸

四郎がこの悪党をそれらしく見せるのは十分できるはずだから残念至極である。

 二役梅吉は一通り。

 梅玉の松蔵。秀太郎のお兼はさすがに微妙とは大違いでそれらしい生活感が

横溢している。最後に捕り手につかまって「痛い痛い」というところをこの人

は素で「わたしゃなんにも知らない」というところが無類のおかしさである。

 染五郎以下の鳶の者。左団次の雷五郎次、延郎の太次右衛門、児太郎のお朝、

梅花のおせつ、錦吾の伊勢屋の主人、歌女之丞のおつめ、高麗五郎の番頭、梅

蔵の大家。

 昼の部は、この「道玄」の前に最初が梅玉の翁、扇雀の千歳、鴈治郎の三番

で清元の「四季三葉草」と染五郎の「毛抜」。

 九月下旬の藤間会で藤十郎の翁を見たが、その堂々たる風格とは違って、梅

玉の翁が洗練された清元の翁の格を見せる。

 染五郎の「毛抜」は幸四郎そっくりであるが、実はこの役はこの人にはむか

ないのかも知

れない。ニンだけのことでいえば一月の浅草公会堂の巳之助の方がニンである。

染五郎は熊谷や弁慶でニンにない役に成功したが、この粂寺弾正はもっとくだ

けているから、そうはいかなかったのだろう。していることは正しくとも、も

う一つつかまえどころがないのが現代の俳優にはむずかしいのだろう。

 若手総出。出てくる順に、広太郎の数馬、松也の秀太郎、梅枝の巻絹、万太

郎の春風、児太郎の錦の前。なかでいいのは児太郎の錦の前、児太郎は女形と

してやっと初日が出た。その若手連に対して弥十郎の八剣玄番がこの幕一番の

出来。民部は高麗蔵、春道は門之助、万兵衛は亀鶴。

 夜の部は「元禄忠臣蔵」のあとに「口上」、「盛綱陣屋」に続いて新橋之助

の「芝翫奴」。  

 橋之助の芝翫奴は目一杯の力演。愛嬌があるのがいい。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る