2016年12月歌舞伎座第一部

「あらしのよるに」

 


 
十二月の歌舞伎座の第一部は新作歌舞伎と銘打ってきむらゆういちの絵本

「あらしのよるに」の一本立て。今井豊茂脚本・藤間勘十郎演出・振付。 

嵐の夜。雷嫌いの狼がぶ(獅童)が同じ雷大嫌いの山羊のめい(松也)と山小

屋へ避難する。暗闇の中で一夜を共にした二匹は、「あらしのよるに」を合言

葉に再会して初めて相手が狼であり、山羊であることを知る。弱肉強食の自然

では、山羊は狼の餌である。しかしがぶは狼の頭領の息子でありながら体が弱

く、やさしさのために一族の中からつまはじきにされた一匹狼。そういう境遇

から二匹の間に友情が生まれる。 

一方狼一族の間には頭領の座をねらうぎろが頭領を殺してその座を奪うという

内紛が起き、山羊の群れを襲う。 

私はこの原作を知らないから、どこまでが原作通りかわからないが、動物の社

会を描きながら現代社会の人間そのものに通じる普遍性を持つ題材で、いい企

画だと思う。しかも歌舞伎にはメルヘンティックな側面があり、動物を人間が

やるという伝統が「狐忠信」や「葛の葉子別れ」のようにある。その点でも好

企画だと思う。 

しかし舞台化された結果には、いくつかの点で問題がある。 

第一に各役の肖像が深くない。たとえば老頭領を殺して自分が王座についたが

ろが、どうしてがぶやめいを必死に追い詰めるのか。その動機がよくわからな

い。これはぎろの肖像がよく描けていないからである。主役のがぶとめいは一

応描けている。しかしがぶがめいを食べたいという本能的な欲望と、いやこの

友人は殺せないという葛藤がもう一つ芝居として立体的に組まれていない。こ

れがもっと芝居として深く描かれていればもっと面白くなったに違いない。 

第二に狼と山羊以外の動物たちの関係がよくわからない。こういう話だからあ

まり理屈をいっても仕方がないが、それでも芝居として最小限度の背景は描か

れる必要があるだろう。 

第三に、危機的なクライマックスがうまく作られていない。たとえばめいを連

れて逃げようとしたがぶの前に仲間の狼たちが襲いかかる。さあ、ここでがぶ

がどうするかによって芝居が変わってくるし、面白くなるだろうと思った瞬間

に、わけのわからないだんまりになる。だんまりを見せて歌舞伎仕立てにした

いという意図はわかるが、これでドラマの方が犠牲になってしまった。折角の

盛り上がりのツボが外れる。 

第四に長すぎる。これだけの物語で三十五分の休憩をはさんで三時間十分はい

かにも長い。書き込めば半分になれば、もっと緊密で迫力のあるいい一幕物が

出来たに違いないのに惜しいことである。 

以上問題はあるものの、がぶとめいの二匹きりのいくつかの場面、たとえば最

初の嵐の夜、次の再会、月夜の逢引き、牢屋の危難から大詰などいくつかの美

しい場面がある。こういうエッセンスをうまくまとめるともっと深いドラマに

なっただろう。私はかつて菊五郎劇団

が得意にしていた木下順二の民話劇の面白さを思い出した。 

獅童のがぶがやさしい、屈折した心情を、笑いに包んで好演。大いに受けてい

る。がぶの部分だけでいえば大成功だろう。松也のみいもいい。 

この二人を中心に、中車のがろ、梅枝のみい姫、万次郎のおばば、権十郎のが

い、猿弥のばりい。 

藤間勘十郎の演出はテンポがある上に、下座の唄をうまく使って、このメルヘ

ンを楽しく見せている。おばばの魔術の一幕など秀逸である。 

以上、もっと簡潔に、緊密にしての再演を望みたい。がぶとめいの友情が弱肉

強食を乗り越える論理を発見する感動的な芝居にしてほしい。その可能性は十

分ある。 

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る