2016年12月歌舞伎座第二部

勘九郎初役の松王丸

 

 
 勘九郎の「寺子屋」の松王丸がいい。 

初役ではあり、欠点もあるが、義太夫狂言の大役かつは前半敵役というキッカ

リした描線のタッチの太さ、スケールの大きさからいえば、お父さん以上であ

る。 

まず駕籠から出たところ。目張りが少し薄いと思うほかは、長身、頬骨の高さ、

面魂、打ってつけの松王丸である。 

寺子改めのせりふ廻しは勘三郎そっくりだが、悪い癖も伝染している。たとえ

ば「百姓めら」。あるいは「面改めて戻してくりよーお」と怒鳴ったりする。

この語尾がその一例である。折角全体はいいのだから、義太夫の本筋へ戻って

ほしい。 

源蔵とのつけ廻しは身体の扱いがまだであるが、これは年期が入らなければ出

来ぬことゆえ仕方がない。源蔵との詰め開きは「がきめら」(めはいらない)

といった細かい問題はあるにしても概ねきちんとしている。まずはいい出来で

ある。 

「無礼者め」の大見得は「無礼」で切って「者め」になるのがよくないのと、

口を開けすぎるのが散漫である。初役だから仕方がないといえばそれまでだが、

もっと締めてかかればよくなること請け合い。 

首実検は「出かした」がないのが独特。それは中村屋の解釈だからいいが、こ

こでも「よく討った」で手を上げた見得で口を開けすぎる。緊張感を出すため

にイキをつめるのと怒鳴るのとは違うことである。しかしいろいろいうものの

前半規格のハッリした時代物らしいところは、初役にしては大出来である。こ

の人はお父さんとはニンが違う。そこを考えてこういう道を歩むべきだとつく

づく思った。この松王丸を見れば誰でもわかるように、お父さんがやれなかっ

た弁慶も熊谷も由良助も将来この人のものなのである。 

後半は、まず「源蔵どの先刻は」の大見得がさすがに口が閉まってキッチリし

ている。つづいて述懐の長ぜりふがこの松王丸第一の出来である。お父さん松

王丸の孤独で、運命を甘受し、小太郎を抱きしめるような愛情の哀しさはまだ

ないものの、子を失った喪失感、辛さは十分に出ているし、ここでも芝居が楷

書で、余計な、嫌味な技巧がないのがなにより。この心がけを忘れてほしくな

い。泣き笑い、大落しはこれからだろう。 

松也の源蔵は、時代劇の青年武士といった趣きで、まだ「菅原」の世界の人で

も「寺子屋」の人でもない。感情だけでは表現できない格というものがあるの

だろう。違和感だけが先に立つのは若さ故是非もない。 

今度は寺入りがあって七之助の千代が、門口へ出て思わず小太郎を見ている横

顔にいいようのない寂しさが漂う。扇を忘れたというところで、それとなく扇

をかくす科がないが、それはそれで一つの解釈。 

二度目の出になって本舞台を見込んでくる横顔、姿にも必死の母の思いがあっ

ていい。くどきの紫の袱紗を頬づりするところとともにいい千代である。 

梅枝の戸浪は安定しているが、「天道さま仏神さま」を裏向きのままやるのは

よくない。理屈をいえばおかしいかも知れないが、そんなことを言っていては

「寺子屋」などやっていられない。第一ここは浄瑠璃本文と歌舞伎台本の違い

があってリアル一方にはいかないので、カメラがここで戸浪をクローズ・アッ

プしていると思えばいい。この戸浪の表向きの芝居があってこそ、松王丸の首

実検が引き立つので、昔の人はそこまで考えてこの型をつくっている。それを

壊さない方がいい。 

猿弥の玄蕃が「とく斬れ」中啓で刀を叩いたりするのは少し臭いが、全体に手

強くていい玄蕃である。弘太郎の涎くりがリアルでうまく、「寺子屋」幕開き

の芝居のトーンをつくった。リアルでいて芝居のツボにはまっている。大手柄。

寿猿の三助も老練。新悟の園生の前。勘之丞以下の百姓が手揃い。 

今月三部制のなかで、芝居らしい手応えがある一幕である。 

「寺子屋」の前に、宇野信夫の「吹雪峠」。 

兄貴分の直吉の女房おえんと駆け落ちした助蔵の二人が吹雪の中で命拾いをし

て小屋にたどり着く。そこへ直吉が来る。三人の葛藤を描いた心理劇である。

今度は玉三郎と石川耕士の演出。中車の直吉、松也の助蔵、七之助のおえん。 

中車の直吉は、二人が互いに助かろうとして裏切るのをジッと無言で立ってい

る間がうまい。なにもいわないのに、この男の思いと自分を抑えている姿が見

える。しかし自分から山小屋を出ていく直吉の心情は鮮明ではなかった。 

松也の助蔵と七之助のおえんは二人ともニンはピッタリの役であるがなぜか、

命が惜しくて相手を裏切っていく心理が鮮明でない。わずか三十五分の一幕劇

でよく上演されるが、これは結構むずかしい芝居なのかも知れない。 

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る