2016年12月歌舞伎座第三部

華麗な「五人道成寺」

 

 第三部は舞踊二本立て。 


 最初が勘九郎、玉三郎の「二人椀久」。二代目勘祖の振付。松の巨木一本で

桜も何もない前田剛の美術が簡潔でいい。 


 勘九郎の椀久は、まだ二日目で雰囲気が堅く、なんどりさと体から湧き出る

リズム感がないが日がたてばよくなるだろう。 


 玉三郎の松山。白地に菱田模様の入った着付け。高髷が似合って、あどけな

いほどの若さ。少し肥り気味なのが気になるがいかにもそれらしい松山である。

踊りよりも芝居で見せる面白さで、「織部の薄盃」あたりに濃厚な色気が出る。

出は舞台奥のセリ、引っ込みはスッポン。長唄は勝四郎、勝国。 


 つづいてこの第三部のみならず本興行第一の見もの、玉三郎を囲んで勘九郎、

七之助、梅枝、国立から掛け持ちの児太郎の若手四人の「五人道成寺」。踊り

としての面白みはうすいが、豪華絢爛、入れ代わり立ち代わりあらわれる五人

の姿の美しさ競ベが壮観かつ贅沢な饗宴である。 


 順を追って書いていこう。 


 まず道行は七之助一人が出る。七之助が「娘道成寺」を踊るのは二度目だが、

道行は初役。ことには歌舞伎座の大舞台、やや小粒なのはまだ是非もないが、

「花の御山」で東の上を見るあたりで莟の花が咲き初める。うまいのは「思え

ば憎や」で前かがみに下を見るところ。華やかさ、色気の陰に暗い陰翳が出る。

そこへスッポンから勘九郎が出て二人の踊り。勘九郎は横顔が祖父先代芝翫そ

っくりである。このあと勘九郎がスッポンへ消えて七之助は本舞台へきて一人

で問答になる。 


 烏帽子をもって、七之助が入ると紅白の段幕が上がって玉三郎の花子。さす

がに貫禄十分な上に、この四人の若手を相手にしてその若さ、その美しさ負け

ず劣らず。どうかすると四人よりも若く見えるのは偉いものである。 


 いつもの通りというものの、決して同じではない。「初夜の鐘」のあと「諸

行無常と響くなり」で下手遠く上を見た視線の先に鐘の響きが聞こえる。いつ

もの「聞いて驚く」の両手を廻しての振りを上手の鐘に向かってやるところも

今回独特である。 


 「いわず語らぬ」は玉三郎一人。引き抜いたところで上下から梅枝、児太郎、

花道のスッポンから勘九郎、七之助と初めて五人が揃う壮観。途中で梅枝、児

太郎が消えて残った三人の踊り。終始玉三郎が一人突出するのではなく四人に

とけ込んでいるのに驚く。 


 わきて節の花笠は児太郎一人。 


 坊主の返しがあって、亀三郎と万太郎の二人の「可愛らしさの花娘」。亀三

郎が終始笑みをふくんでの愛嬌がいい。 


 くどきは玉三郎一人。これもいつも通りと見えて工夫がある。たとえば「ふ

っつり悋気」で男に取り付いても取り付いてもふりはなされ、また取り付く、

その引っ張り合いの情の濃厚さ、「情なや」の後舞台に倒れる絶望、踊りの動

きよりも芝居で見せる面白さは今回初めて見る深さで印象的であった。 


 山づくしは勘九郎と七之助の二人。むろん七之助が本役で味わいではまさっ

ている。勘九郎は加役で踊りの技で見せる。早間な動きになると立役の本領が

出て弟に優ってくる。この兄弟の芸風の対照がまことに面白かった。「道成寺」

は初代三津五郎が立役で踊って以来、立役派と女形派と両方あるが、その対照

が舞台に出たのは、こういう試みなればこそである。 


 「只頼め」の手踊りは梅枝一人。「園に色よく」で上下から四人が出て、さ

ながら円卓会議のように膝突き合わせての「早乙女、早乙女」は、秋元松代が

「七人みさき」で描いた橋のたもとで亡き友を偲ぶ、四国の女たちの習慣を思

わせる面白さ。彼女たちは白拍子花子を偲んでいるかのごとくである。 


 鐘入りは鐘の上に上手に玉三郎、下手に勘九郎、平舞台の台に七之助、梅枝、

児太郎。 


 この梅枝、児太郎がいつかは「娘道成寺」を当たり芸にするのだろう。その

意味でもこの「五人道成寺」は歴史の一瞬を切り取る面白さである。竹本は愛

太夫、潤一郎、長唄は勝四郎、勝国。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る