2016年12月国立劇場

「忠臣蔵」第三部

 

 三ヶ月連続の「忠臣蔵」の通しもいよいよ最終回。今月は八段目、九段目、

十段目、十一段目の四幕である。 

八段目はまず木立の書割りで竹本の置浄瑠璃があってこれを上下に引くと、立

身の魁春の戸無瀬、下手へ児太郎の小浪が現れる。それから富士山、琵琶湖と

書割がかわって、奴も何も出ずに二人っきりの踊り。それは簡潔でいいのだが、

なにしろご承知の通りの、踊りの見せ場も仕どころもない道行。人形ならばと

もかくも役者が踊るにしてはただ景色ばかりだけでつまらぬ。 

魁春の戸無瀬はさすがにそれらしい風格であるが、それだけのことである。児

太郎の小浪は可愛らしい色気、はなやかさがないのは、それらしい振りと心持

ちがまだ十分ではないからだろう。竹本は東太夫寿治郎ほか。 

九段目山科閑居。 

今度は珍しく雪こかしがある。 

梅玉の由良助は、柔らかみのあるこの人に由良助はどうかと思いの外、祇園帰

りの色気、七段目からつづく由良助になっている。歌女之丞の一力の女房。下

女のりんは梅乃であるが、近頃この役はリアルになって、昔のように立役のお

かしみがないのが、この一幕のなかでの色どりとしてはよくない。笑也のお石

はせりふが活歴調というのもおかしいが、義太夫狂言らしくなく冷たく、堅い。

錦之助の力弥はさすがに前髪の大振袖の本役。周囲が大看板揃いならば立派で

映えるだろうが、何分ともに無人の一座、きちんとしようとすればするほど全

体から浮くのは錦之助の不運というほかはない。 

雪こかしが終わって戸無瀬の出になる。 

魁春の戸無瀬は静かに花道を出てくる間の位取り、シンとした気分、ともに十

分の出来である。いい戸無瀬。むろん雪道の歩きにくさなどほんのちょっと見

せてあとは余計なことをしないで真直ぐに歩いてくる。これがこの大曲の主役

の位取りである。 

「大星由良助どの、お住まいはこれかな」辺りまではよく出来たが、いよいよ

お石とのつめ開きになると、足取り、緩急が平凡な上に、お石の笑也がまるで

粘らないので盛り上がらない。 

お石が母娘を振り切って奥へ入る。ここからの死を決意するまでは、義理の娘

ゆえに小浪一人を死なせることが出来ないという思いの苦しさはよく出ている

が、ここもやはり芝居の緩急がゆったりしすぎていてテンポが出ない。テンポ

が出ないと緊迫感も出ない。大雪に身を切る冬の寒気、そのなかでの母娘二人

の死の覚悟。そこに裂帛の気勢が出なければならないところであるが、その気

勢がこのテンポでは出ない。丁寧にやることと息をつめて短く芝居を運ぶ緊張

とは違うように思う。 

クライマックスの「鳥類でさえ」は、刀の扱いが軽すぎる。太刀の重さはすな

わち命の重さ。命の重さは悲劇の重さであると同時に戸無瀬の体の動きの重さ、

迫力である。その中心になる大刀が軽くては仕方がない。 

児太郎の小浪は道行からここまでのうち、ようやくくどきで可憐さが出た。 

幸四郎の本蔵は、編笠をとったところのニンはこれも立派だが、悪態を止める

戸無瀬をふりはらって「力弥めの大たわけ」で小浪が止めるのに気づいて愛情

を見せるところは、こういう芝居がうまい人だけに客席がどよめいたが、その

あとの三方をふみ割ってワザワザ左の人差し指でそれを指さし、「オッ、三方

が割れた、割れ三方のふちはなれ」という芝居はこれでわかりますかといわぬ

ばかりで説明的すぎる。客席には大受けであるが、それで義太夫狂言のドラマ

の輪郭は崩れる。 

手負いになっての述懐の長ぜりふが意味明瞭なのは調子のいいこの人にしては

当たり前。それよりも人の心を打つ起伏がほしい。 

以上、平凡な「九段目」である。 

それに引き換え面白いのは十段目。 

猿翁以来、いつ見ても面白いと思ったことがない十段目だが、今度は面白かっ

た。歌六の天川屋義平がニンに合っていいからである。 

「天川屋義平は男でござる」の動き、芝居ともにキッパリしてよく、ことにそ

のあと由良助が出ての、町人ゆえにお供に立てぬ口惜しさのせりふが感情こも

っていい。階級社会の厳しさと人間の志の相克の悲劇があざやかに出ている。

ここがよく通ったためにこの役が生き、この一段が生きた。台本がよくまとま

って、いつもは感じるあざとさ、違和感を感じさせないのもいい。 

高麗蔵の女房おそのは、無理だろうと思いのほかよく、「お園は一人小提灯」

の出はともかくも本舞台へ来てからの芝居に情があるのがいい。門口での芝居

に型らしい動きがつけば、もう一際よくなっただろうに惜しいことである。 

梅玉の由良助も九段目より落ちついていい。 

そのほか錦吾の太田了竹、松江以下の義士、宗之助の伊吾。 

最後が十一段目の討入り。 

いつもの台本とは多少違って、錦之助の寺岡平右衛門が表門の門破り、勘平の

名代の焼香、引上げの花道の引っ込みとクローズ・アップされているのはいい

が、他はいつもの明治出来の新国劇ばりの台本はあいかわらず。ここらで洗い

直しをすればいいのにと思ったが、役者の配役の都合でそうもいかないのか。

なかでは松緑の小林平八郎が立派。亀寿の竹森喜多八、隼人の矢間重太郎、米

吉の力弥。 

それに梅玉の由良助、左団次の桃井若狭助、団蔵の原郷右衛門とベテランを含

めて一座総出演である。 

 


 
Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る