2016年2月歌舞伎座

充実した「籠釣瓶」

 

 「おいらん、え、そりゃア袖なかろうぜ」

 佐野次郎左衛門のせりふを聞いていて、傷ついた人間の悲痛な叫びを聞く思

いがした。単なる歌舞伎の名ぜりふでも、芸の見せ場でもない。ましてリアル

な心理的な言葉でもない。生きた人間の叫びが劇場中にこだました。こういう

次郎左衛門を見たのは今夜がはじめて。初代吉右衛門にも白鸚にも十七代目勘

三郎にも、いや当代吉右衛門にもこれまでなかった感覚である。これが今度の

吉右衛門の芸の心境である。

 すでに序幕の見染めで、八ッ橋とぶつかったところからその心境が出ている。

当てッ気や喜劇一切から離れて一人の男の運命的な出会いの戦慄を描く。むろ

んその出会いは一組の男女のそれであって、天下国家に関わらない。しかしそ

の運命的であること、二人の人間の人生を狂わせた重みによって、それは天下

国家の大事件に匹敵するスケールをもっている。このスケールの大きさが今度

の吉右衛門の次郎左衛門の心境から出たものである。

 吉右衛門が変化したように、菊之助二度目の八ッ橋も大いに変わった。初役

の時は七越、九重の花魁道中オンパレードのなかへ出たが、今度はいつも通り

九重のあとに正面奥から出る。この人はどこか冷たく見えるが、今度はかすか

に笑みをふくんで美しい。それだけ芸が柔軟になったのだろう。

 花道へ行っても次郎左衛門を見返って軽く会釈をする。その小腰をかがめた

体が次には大きく反って下手向きになり、小さく口を開けて笑う。初役の時は

目ばかりの笑いだったが今度は顔全体にひろがってはなやかであり、かつ歌右

衛門、雀右衛門、玉三郎、福助とはまた違う独自のものになった。ついでにい

えば最初の会釈を形にして見せるのはこの人だけである。

 立花屋店先、廻し部屋は前回通りだが、愛想づかしは最初の出が沈んだハラ

があってよく、次郎左衛門との掛け合いにも手強さだけでなくどこか人のよさ、

温かみがあってこれには深いわけがあるという八ッ橋の状況がよくわかる。

「どれ他の座敷へ」といって立つところに涙が浮かぶようであった。引込みの

「つくづくイヤになりんした」で下手の廊下に目を落すところも、この女の絶

望の暗さがよく出ている。大進歩である。

 この二人に対して菊五郎の繁山栄之丞がさすがに老練。浪宅で手拭をぶら下

げての出は昔の玉のような二枚目ぶりがないのは当然だが、芝居はまことに見

事である。権八の話を聞いても最初はそんなバカなと思っていて、徐々に不安

になり、ついには嫉妬から自分の方から別れてやるというまで。貢いでもらっ

て生活している身の上でありながら、それが負け惜しみにきこえないプライド

がうまい。サラサラなんのこともなく芝居をしていて、そこまで深くこの人間

を描いているのは、この人の円熟した芸である。

 吉右衛門、菊之助、菊五郎の三人をめぐって廻りも充実している。

 まず歌六の立花屋長兵衛がしっかりとそれらしく、魁春の女房おきつも手馴

れて、この夫婦がいい。続いて又五郎の治六のうまさ、弥十郎の釣鐘権八の手

強さ、さらに歌女之丞の遣り手、橘三郎の丹兵衛、吉之助の丈助、京蔵の立花

屋の女中お咲と揃うなかにも、京蔵が目立たずに芝居をしっかり運んでうまい。

 若手では、梅枝の九重がさすがに八ッ橋の姉女郎とは見えないが古風でよく、

新悟の七越、米吉の初菊と兵庫屋は美人揃いである。

 これだけの手揃いで、しかも八ッ橋の思いもかけぬ愛想づかしに一座がどよ

めき、あるいは総立ちになるチームワークのよさで舞台が盛り上がる。

今度の「籠釣瓶」は見応え十分である。

 夜の部はこの前に「源太勘当」、後に舞踊「浜松風」。

 「源太勘当」は、梅玉の梶原源太が花道へ出た紫繻子の大紋姿といい、持ち

味といい、品といい、今日での源太である。孝太郎初役の千鳥はよく研究して

いるが、芝居に色気が薄い。秀太郎の延壽は年配といい、ニンといい文句なし

であるが、手紙を読む間の芝居がいささか手持無沙汰なのと、平次にいうと見

せて実は源太に異見するところが芝居のアクセントが弱い。錦之助の平次は本

当はこの人は源太の人なのに大いに型を学んで頑張っている。憎っぷりと子供

のような入れ事が違和感なく見えるのはこの人の努力の結果である。市蔵の横

須賀軍内はこれもピタリときまっている。橘太郎の珍斎。

 とこう書いてくると、みなそれぞれのニンにもあり、努力もしているから面

白そうだが、もう一つ舞台が盛り上がらない。なぜだろうか。

 その理由は二つあると私は思う。一つは各人の芝居のからみ合いがうすいこ

と。たとえば先陣問答で源太が中啓を落す、すかさず千鳥がそれを拾って渡す。

ここで大事なのは、源太と平次は源太が佐々木に負けたことを知っているのに

千鳥は知らないことである。知らないから千鳥は源太に中啓を渡して源太の気

を引き立てようとする。二人に気持ちが通じたのを見た平次が割り込んでくる。

その一瞬のイキと間とからみ合いの面白さがうすい。

 もう一つは、みんな一生懸命にやってはいるが舞台に熱がこもってこない。

この芝居の特徴である型の面白さの突っ込みが足りないからである。たとえば

平次が源太を葛桶から刀で突き落としての立身の刀をついたお定まりの見得は

錦之助も十分にやってはいるが、首の振り込み方、体の動き、形が一応形どお

りにとどまっていて、観客の心をわしづかみにする迫力が足りない。

 以上二つの理由がこの一幕をつまらなくしている原因ではないだろうか。

 「源太勘当」ばかりでなくこれからの歌舞伎の大きな問題だろう。

 葵太夫がこの幕で復帰したのは目出度い。さすがに寿治郎ともに舞台を締め

ている。

 「浜松風」は、前半が黒に地に浜辺を描いた書割、下手に竹本の山台があっ

て新舞踊めいている。三代目瀬川菊之丞と三代目歌右衛門の当てた踊り、もっ

と明るく古風で賑やかでありたい。

 後半踊り地になって、この書割が飛んで、鳥羽屋里長以下の明るい長唄にな

るが、最初の暗さを払拭できなかった。

 時蔵の小ふじ、松緑の此兵衛ともに冴えず、踊りも面白くない。ついでにい

うと「浜松風恋歌」の「恋歌」を「こいのうたびと」と読ませるのはムリ。

「こいのことのは」ではないのか。

 夜の部の古典揃いに対して昼の部は吉川英治原作、今井豊茂脚本・演出の

「新書太閤記」の通し。全六幕十六場の大長編。肩の凝らない大衆的な娯楽編

になっている。 

序幕が長短槍試合。木下藤吉郎(菊五郎)が足軽を使って長い槍で、織田家槍

術指南の上島主水(松緑)の短い槍で稽古を重ねた足軽組に勝つという話であ

る。その結果を恨んだ主水が城外で藤吉郎を闇討ちにしようとするがかえって

説得される。この説得が芝居のツボだが、こういうところが脚本演出ともに立

体的に組まれていない。それにあゝこれから面白くなりそうだと思うところで

チョンとなって幕間になってしまう。話が面白いのに、芝居にコクがなく、絵

巻物風の見た目だけになってしまうのは、なにも時間の故ばかりでなく、芝居

のツボが浅く、演出が細部に工夫が足りないためである。

 菊五郎はいきなり序幕から出て大詰までの奮闘公演、大サービスである。

 梅玉の信長はニンにない荒気の大将を芝居でうまく見せる。松緑の上島主水

はすでにふれた通り転心が鮮明でない。今一工夫必要。亀鶴の林佐渡守がしっ

かりしていい。

 二幕目が藤吉郎の結婚。浅野又右衛門(団蔵)と女房(万次郎)が前田利家

(歌六)に娘寧子(時蔵)を結婚させたいが彼女がウンといわない。そこで藤

吉郎に相談すると、かねがね寧子に思いをよせていた藤吉郎が一計を案じて結

婚に成功する。菊五郎は終始明るく、ユーモラスでよく、歌六また若返って菊

五郎との釣り合いがいい。彦三郎の名古屋因幡守と京蔵の奥方。

 三幕目がこの作品一番の見どころ。台風で壊れた清州城の城壁を藤吉郎が三

日で修復する芝居である。信長に三日と約束した藤吉郎が人足たちを集めての

菊五郎の大演説が長ぜりふをうまくいいまわして、芝居らしく堪能させる。そ

れを聞いた棟梁(権十郎)が実は今川義元と内通する山淵右近(亀蔵)に金を

もらって工事を遅らせていたことを告白。大芝居なはずなのにアッサリすんで

しまうのは残念。ここらの浅さが脚本の問題であり、役者の工夫がたりないと

ころ。それでも演出に凝ればもっと見応えがあった筈である。

 四幕目は、隠棲する軍師竹中半兵衛(左団次)を藤吉郎が死を賭して味方に

付ける一幕。雪中の閑居と景色がかわるのはいいが、芝居はつまらず。菊五郎

の藤吉郎は前の幕の上出来に対して、ここはいささかくたびれたか、死のうと

する件りは本気なのか計略なのかわからぬ。

 左団次の半兵衛はそれらしく、菊之助がこの幕の最後岐阜城大書院に濃姫で

登場する。梅枝の半兵衛妹。

 五幕目が叡山焼討ちで、この場にだけ吉右衛門の光秀が出る。さしたること

もないが、信長に叱責された末に引込む思入れに、無言のうちに謀叛を見せる

のはさすがである。

 つづいて本能寺夜討、四国高松城になる。

 藤吉郎が本能寺の凶変を知っての悲しみがもう一つ共感を呼ばないのは、そ

れまでの信長への思いが描かれていないのと、凶変を知ってから大泣きになる

までの段取りがうまくないからである。団蔵二役の安国寺恵瓊がそれらしい。

 大詰、清州会議で織田家の跡目は藤吉郎の力で三法師と決る。「大徳寺焼香」

で有名なドラマであるが、これも絵巻物風で芝居としては突っ込みが足りない。

 菊五郎が三法師にかわって盃をのむところが面白いが、もっと老獪さと一か

八かの大勝負が見たかった。

 柴田修理が又五郎、東蔵の丹羽長秀、錦之助の三七信孝。

 三幕目までは快調だったのに、後半はただ歴史に添っただけである。もう一

工夫も二工夫もすれば面白くなったろうに惜しい。整理して再演すれば勘三郎

版とは違う、菊五郎版が出来るだろう。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る