2016年3月歌舞伎座

新雀右衛門の雪姫

 

 芝雀改め新雀右衛門が誕生した。

 襲名披露狂言は昼の部が「鎌倉三代記」の時姫、夜の部が「金閣寺」の雪姫。

一度経験があるだけに雪姫の方が時姫よりも上出来である。

 まず最初に上手屋体の文字張りの障子を引くと故人雀右衛門が生き返ったか

と思うほどの美しさ。似たとは愚かそっくりそのまま。観客も思わず輪廻に迷

わざるを得ない。

 つづいて夫直信を助けようか、階上の主人慶寿院を救おうか、そのためには

大膳に身を任せようかと思い悩む「千々に心を砕く」の柱に寄り掛った御約束

のきまりがいい。直信のいるだろう上手の空間、慶寿院のいる階上と左右上下

への思い入れが、お父さんそっくりの鮮明さだからである。観客には解り難い

二つの空間を形にして見せている。

 下手の滝へ行っての大膳のかざす倶利伽羅丸で龍の姿を見るところは、今日

はまだ二日目のせいか、幸四郎の大膳とイキが合わずキッパリしないが、これ

は日が経てば直るだろう。

 いよいよ眼目の爪先鼠になる。お父さんはここが独特であった。すなわち三

段に分かれる。第一段の夫との別れ、第二段の敵が大膳であることを夫に知ら

せたい、第三段の爪先鼠。この三段が整然としていて舞台が盛り上がった。そ

の上縛られている体の上半身と下半身とがねじれる姿が実に美しかった。しか

し新雀右衛門もこれを学んでいい。またまだお父さんほどではないがこれから

だろう。

 「そんならお主を頼んだぞえ」で花道七三へ行き刀に姿を写して、シャンと

刀を収めて紐を締めながら二足、体を振って歩くところだけは、まだ持ち切れ

ないのは是非もない。

 以上まだ十二分とはいかないにしても美しさといい、正確な芝居といいよく

お父さんの仕事を学んで上出来である。

 仁左衛門の此下東吉が、その爽やかな舞台ぶり、絢爛豪華なこの芝居にふさ

わしい芸で傑作である。前回とは見違えるほどの円熟している。私がこの芝居

らしいというのはたとえば滝の水を樋で井戸に引いて碁笥を取るところ。樋を

井戸に向けると樋から作り物の棒が何本も出て水を表す。単純な仕掛けである

が、これがこの芝居の大時代な面白さ。仁左衛門はそういう形容の面白さを随

所で実にうまく芝居にしている。たとえば「井目すえたる東吉が」の裃の襟を

扱いてツケ入りのキマリの面白さ。あるいは二度目の引込みに雪姫を当てずに

両手で袖口を持って階上に思い入れをしながら竹本の三味線について体を振っ

て上手へ入る面白さ。あるいはまた後半久吉の鎧姿になって桜の幹に上るのを

それらしく見せる芸。けれんとはいわないが、芸の虚実を面白く見せるところ

がこの人の東吉のいいところである。

 幸四郎の大膳はすでにふれた通り雪姫とのカラミがイキが合わないし、仕事

もとかく義太夫味に欠ける嫌いもあるが、顔立ちといい、姿といい、スケール

が大きい。

 藤十郎の慶寿院は、たった一言だけだがさすがに仁左衛門の東吉を跪かせる

だけの貫目。梅玉の狩野介直信は、その味わいといい、その上品さといい、今

日の本役。描線のカッチリした歌六の軍平、錦之助の鬼藤太。ほかに歌昇以下

の四天王。それに爪先鼠に葵太夫が出て、これだけの顏が揃って大「金閣寺」

になった。幕が閉っていかにも「金閣寺」らしい一幕を見たという感じがした。

 夜の部はこの前に橋之助菊之助の「角力場」と「口上」、後に鴈治郎松緑勘

九郎の舞踊「関三奴」。

 「角力場」は前半が平凡。菊之助の与五郎が柔らかさ、若さ、色気はあって

もなんといっても「吾妻吾妻」と寄って行くような放蕩息子、理性のかけらも

ない男には見えないからである。高麗蔵の吾妻。松江の平岡郷左衛門、亀寿の

三原有右衛門は敵役とは見えず、橘三郎の茶屋の亭主も平凡。

 その角力場が面白くなるのは後半。菊之助二役の放駒長吉二度目の出からで

ある。濡髪に床几に座れといわれて「そうでごんすかそうでごんすか」と繰り

返しながら座るところで自然に喜びが込み上げてくるところがうまい。この米

屋の息子の初心、喜び、遠慮が出る。この後も長吉は同じ言葉を繰り返すこと

が多いが菊之助はその癖でこの男の性格をうまく掴まえている。

 橋之助の濡髪長五郎も立派。この二人の対照で喧嘩が面白くなって思わず芝

居に引き込まれた。

 次の「口上」はいろいろ感慨深いものがあった。新雀右衛門引き合わせは藤

十郎。さすがに貫目は十分であるが懐中から紙を取り出して読み上げたのか印

象に残る。菊五郎病気欠席といい、我当の姿といい、時代が変わって行くのが

目の当りである。なかでは東蔵が新雀右衛門にもっと自己主張の気持ちを持っ

てほしいといったのは、幕内もそうだろうが客席にも同感の思いがある。女形

として相手を尊重するつつましさは芸の上の話、それと役者としての自己表現

の貪欲さは同じではない。東蔵はそこが歯がゆいと思ったのだろう。当たり障

りのないことしか言わぬ人の多い口上の席での親身の忠告。この忠告を新雀右

衛門に是非とも肝に銘じてほしいと思うのは、京屋の御ひいきばかりではない

だろう。歌舞伎界全体のためでもある。

 最後の「関三奴」はどうせ追い出しの一幕と思いきや意外の面白さで時代物

の大曲の後の清涼飲料剤の一服。松緑の奴は顏も手足も茶色がかっているのが

よくないが、踊りのキッチリしていることは胸がすく面白さ。勘九郎の奴はこ

れと対照的に大まかな手振り、その二人の間に入った鴈治郎の鷹揚さ。三人三

様の取り合わせの面白さ。それそれの踊りの流派の違い、芸風の違いが鮮明で

面白い。今月は昼の「女戻駕」「俄獅子」とこれと踊り地の手踊りが三つもあ

るが、これが一番面白くてワクワクした。同じ振りでの三人の踊り競べが面白

いからである。ただ後へくつろぐときに切株を使うのは目に立つ。背景が富士

山、江戸城、江戸の町並みに不釣合い。古風に合引きの方がよくはないか。

 さて夜の部の粒揃い、各狂言各幕の面白さに比較すると昼の部は大分出来不

出来がある。

 最初が若手総出の「対面」。橋之助東京初役の工藤に期待して行ったが、障

子の内の「園の梅」の第一声からして声が割れて味がなく面白くない。勘九郎

の十郎も「必ず粗相」などのせりふ廻しが拙く、松緑の五郎は気張り過ぎて丸

味を欠いている上に、この二人のイキが合わず、五郎の勢いが空転、止める十

郎のイキも届かない。これが「関三奴」の二人とはとても思えぬ出来である。

扇雀の大磯の虎、梅枝の少将、児太郎の亀鶴、鴈治郎の朝比奈といずれもはま

り役であるにもかかわらず仕出かさず。現代の青年俳優にはこういうドラマの

ない祝祭劇はむずかしいのかもしれない。

 鬼王は友右衛門。広太郎の近江、広松の八幡。

 結局この一幕での見ものは、錦吾と橘太郎の梶原親子と、吉三郎以下近頃手

揃いの大名たちになったのは情けない。

 次は舞踊の上下二景。上の珍しい「女戻駕」が面白い。時蔵の吾妻屋おとき

が「地廻り節」で花道へ行っての手拭いを吹き流しにしてのくどきがよく、本

舞台へ戻って錦之助の奴万平、菊之助の浪花屋おきくと三人の廓話が古風な面

白さで吉原情緒を描く。前回見た時は「戻駕」を女に仕立て直しただけのつま

らぬ踊りだと思って見たが、今度見るといかにも文化時代らしい古風でユニー

クな匂いがあって楽しい。三人ともにいい出来である。常磐津は兼太夫文字兵

衛。

 これが終わると暗転になって「俄獅子」。折角古風な一番を見た後が暗転と

いうのは曲がない。居所替わりが工夫できたらばいいと思う。梅玉の鳶頭、魁

春孝太郎の芸者で、こちらは平凡。長唄は鳥羽屋里長、栄津三郎。

 舞踊上下が終わると、いよいよ雀右衛門襲名披露の「鎌倉三代記」。

 初日から体調を崩した菊五郎休演で、三浦助は菊之助代役。「若宮口の戦場

より」で花道七三で振り返って笠を翳したところまことに凛々しい若武者ぶり

だし、仕ていることにも間違いはないが、何しろ手心のない初役の上に急場の

代役。この大一座の中では一人現代的な感覚で水っぽく見えるのは是非もない。

 さて新雀右衛門初役の時姫は、のれん口から出たところオドオドしているの

がよくない。時姫は鎌倉の総大将北条時政の、史実でいえば徳川家康の娘、し

かもその父親の反対を押し切って敵方の三浦助の女房になろうという気の強い

女、もっと堂々としているべきだろう。ここらが「口上」で東蔵が云った自己

主張が足りないというところ。気絶した三浦助のために薬湯に気付くところも、

初日が開いて二日目の上に相手が代役という不運、察するに余りあるが舞台が

熟していないのも事実である。

 「短い夏のひと夜さに」で木戸を閉めるところも、空も見ず、上手障子屋体

への思い入れもなく、物足りない。くどきの最後の横ずわりもただ座っただけ

で、諸事手さぐりで手順に追われている。「行きつ戻りつ」も情が出るところ

まで行っていない。日が経てばよくなるだろうが、今日のところは課題が残っ

た。

 もっとも二度目の出の「かくて白歯を染かねる」からはグッと見直して、

「北条時政討ってみしょう」の前後は合格している。

 しかしなんといってもこの一幕の後半が面白いのは、久し振りの吉右衛門の

佐々木が傑作だからである。前半安達藤三郎でのれん口から顔だけ出すと見物

がワッといって舞台の空気が変わる。「尻付き子馬」の時姫の袖から顔を出し

たところ、お定まりの横になって頬杖をついたところ、いずれもサラサラと自

然にやっていておかし味、滋味あふれている。

 後半井戸から片足出してのツケ入りの大見得、つづいて富田六郎に止めを刺

しての本釣りを入れてのツケ入りの見得、それから上手へ六法を振る大きさと

味わい。今日の佐々木で義太夫狂言の味わいを堪能させる。

 物語になっての「地獄の上の一足飛び」は、パッと舌を出して古怪さを見せ

て一瞬のイキで右手の拳を胸に当てて大見得に変わる呼吸のうまさから、葵太

夫との掛け合いでの、「その嬉しさ」の一字づつの笑いの豪快さ、最後の「坂

本の総大将」でぶっ返って紺地に永楽通宝を散らした衣裳になり、槍に片足掛

けた大見得まで。いずれもスケールが大きく、義太夫狂言らしい面白さを見せ

る傑作である。

 秀太郎の母が「母の城郭」あたり手強くてよく、東蔵のおくるはわずかの芝

居に性根が効いてこの女の哀れさを感じさせる。又五郎の富田六郎は敵役らし

い幅があってよく、佐々木に加えてこの三人でこの一幕が大歌舞伎になった。

讃岐の局、阿波の局は先代の高弟京妙、京蔵。京屋の忠臣二人である。

 この後に仁左衛門、孝太郎親子の舞踊「団子売」。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る