2016年4月歌舞伎座

仁左衛門の「毛谷村」

 

 昼夜五本の演目のうち、夜の部の仁左衛門東京初役の「毛谷村」がいい。そ

のよさを要約すると二つある。一つは、義太夫狂言らしい細緻な地芸と様式的

な型の面白さ、もう一つは他の人の六助とは違う独自の工夫が随所にあること。

 順を追って書いていこう。

 最初の杉坂墓所は高二重、杉木立、藪畳に莚掛けの卒塔婆を立派に見せる道

具の誂えが少し手がわりかつ丁寧である。三人の樵のほこりしづめに、六助が

花を摘みに行っていることを聞かせて、花道から手桶に花を入れて出る。大抵

は舞台上手二重から出るから、この花道の出が時代物らしい面白さである。七

三で「母者人のお好きであったこの花、生きておいでなら、さぞお喜びであろ

うのに、ほんにほいのう」のせりふがあって本舞台へ来る。

 樵三人が入ると続いて微塵弾正の出。弾正の頼みを聞いて「承知しました、

負けましょう」もザックリとしていい。その後、谷川へ水を取りに行った間に、

佐五平と弥三松が山賊に襲われる。そのなかへ入っての立ち廻り。上手向き立

身で下手をふり返って足を入れ込み、のばした左手に右手を添えてキッとなっ

た見得がいい。このせりふ、この形が六助らしくて上出来である。

 つづいて毛谷村の六助の内になる。

 微塵弾正との試合、額に傷をつけられても弾正を見送るところはサラサラ運

んで、故人富十郎のコッテリと延若風の上方とは、同じ上方でも違ってごくリ

アルに軽く運んで、あざやかである。

 お幸の入り込みがあって、お幸との詰め開きがキッとして締まっているのは

いうまでもないが、仁左衛門独自なのはお幸が上手障子屋体へ入ってから。ま

ず盆にのせた茶を障子屋体に出す。そこへ鶯の声になり、その声を聞いて上手

から下がって来て階段に右足を落し、左手の盆をタテに縁につき、それに右手

をそえて中腰できまる。この形が他の人のしないいい形。仁左衛門独自の工夫

である。

 つづいていいのは、泣く弥三松を抱いての、「一重積んでは父をしたい」の

向こうへの思い入れ、「二重積んでは母親を」ともう一度思い入れをする情の

厚いこと。こういう細微な芸がこの人の六助の特色である。これで亡母を八万

地獄まで「訪ねて行きたいわいの」という慕情が効いてくる。

 お園を咎める、「なんとでごんす、梵論字どの」は大してかわらず普通であ

る。

 お園が切りかけるのを受けて煙管で受けての、右足を踏み出してのきまりも

キッパリしていていい。地芸と様式のこのからみ合いが自然でいいのである。

お園との二重と平舞台の上下の見得は二重から飛ばずに慎重に階段を下りて屏

風をついて絵になる。

 それから弥三松をなだめる太鼓を叩いての長ぜりふは、名調子でもあり、竹

本の三味線にのった「ノリ地」がうまいので大いに聞かせる。

 お園の釜の空焚きに気付いて釜を上手の手水鉢へ入れるのはいつも通りでは

あるが、仁左衛門はここも変わっている。手水鉢へ置くと両耳に指を当てて一

足下がってトン、もう一足下がってトンと正面できまる。いかにも人形浄瑠璃

らしい芝居になる。お園の物語を聞くところも、オモテ、ウラ、オモテと体を

変えて十分に動く。その動きがキッパリしている。

 お園との祝言はさしたることもなく、斧右衛門の出になる。だまされたと知

って庭の石をふみ込む「おのれこのまま置くべきか」のきまりも変わっている。

普通は向こうを見込んできまるだけだが、向こうを見込んで最初は左手を出し

てきまり、次にもう一度体を変えて今度は右手で向うをさしてツケ入り二度の

キマリになる。濃厚で面白い。

 「ひらりと庭一足飛び」は右足出してのきまり。「義の一字」は合引にかか

ったまま、右手の挙を胴にあててツケ入りの大見得。ここらはお定まりである。

続くノリ地のせりふがうまい。「眼力違わぬ」では立って上手の弥三松を扇で

あやす中腰できまる、ツケ入りの見得も変わった形で、愛嬌溢れる面白さ。

 幕切れの「本そう小倉の領内」はふつうのきまりだが、手に持った白玉椿の

枝を一度チョンと柝が入ったあと、もう一度廻してきまるのが仁左衛門らしい。

形をきちんと押していて、そこに濃厚な味を出すのである。

 孝太郎のお園は、前回の三越劇場とはさすがに違って歌舞伎座の大舞台にふ

さわしいスケールになったのは大進歩。花道の出は男に見せる工夫がもう一つ

だが、「その返答して聞けん」を花道七三でいう辺りから徐々に大きくなって

「うっかり眺め」で手甲を両手に持って口に当て臼の前できるところからくど

きにかけて舞台にピッタリはまるようになった。クドキにカラミを使うの技巧

が面白くなって来た。しかし一度上手へ入って「エイッ」とカラミを殺すのは

余計である。追い込めばそれでいい。

 東蔵のお幸がスッカリ持ち役になって舞台を締める。歌六の微塵弾正が立派

な立敵。弥十郎の斧右衛門はあわれ気が薄い。

 竹本は「毛谷村」の後半が葵太夫、淳一郎で、舞台を盛り上げている。

 夜の部は、この「毛谷村」のあとに夢枕獏原作、戸部和久脚本、斉藤雅文演

出「幻想神空海」。

 中国留学中の空海(染五郎)が、幻術によって何百年も生きていた楊貴妃(雀

右衛門)に会って、その秘密を知る物語。それに幻術師同士の戦いがからんで

奇々怪々、複雑を極める物語。筋書を読んでもよくわからぬ舞台である。一幕

とあるが全十一場幕なし二時間二十分の大作である。スペクタクルとしての趣

向、見た目は派手な舞台だが、肝腎の空海はじめ登場人物の人間が描かれてい

ないために感動が薄い。

 染五郎の空海、松也の橘逸勢のコンビに歌昇の白楽天、米吉の伎生玉蓮、梅

丸の優蘭ら、若手がこういう作品になると溌溂としてくる。

 雀右衛門の楊貴妃が一際大きく、美しく、児太郎の春琴が意外に妖気を漂わ

せている。芝居の本筋は弥十郎の楊貴妃の父黄鶴、歌六の貴妃の恋人丹翁、又

五郎の仇敵白龍にあって大詰の芝居がやっと芝居らしくなる。

 最後に一場だけ出る幸四郎の憲宗皇帝がさすがに大歌舞伎。

 昼の部は染五郎松也の「操り三番」。幸四郎の「不知火検校」、仁左衛門左

団次の「身替座禅」。

 染五郎の三番叟は、前回よりも体が軽やかに見えるのは進歩した証拠だが、

それが踊りにつながらないのは前回同様の難点。どこかマリオネットのピエロ

のような匂いがする。

 松也の後見は糸が切れたのを繕う時に丁寧にやるのはいいが、丁寧であると

同時に手早くやるのが芸だろう。結城座の糸操りをみればわかるように手早く

やって観客を待たせないのが大事なのである。長唄は鳥羽屋三右衛門と杵屋五

七郎。

 「不知火検校」は再演。幸四郎の富の市は、リアルな芝居がうまい人だけに

打って付けではあるが、第一幕の検校殺しまでは、そのうまさが散発的で断片

に止まっている。徐々に悪人になっていく怖さが持続して一つの人間像になら

ない。しかし第二幕の検校になってからは、ゆったりと貫目を見せて大詰の世

間への罵倒――悪の賛歌とでもいうものを鮮明にしている。一々細緻な描写を

せずにハラで運ぶ行き方が、世話物らしい面白さには欠けるものの、ハラ芸の

面白さがそれを補っている。

 その他の役を登場順にいうと、錦吾の魚売りは、台本の都合で人を殺して盗

んだ二十五両の行方もわからず、罪悪感を出すところもないため大分損をして

いる。京妙の女房おしんがよく、高麗五郎、幸雀、芝喜松の長屋の連中もいい。

 浜町河岸の若旦那は広太郎、娘は児太郎。

 次の旗本屋敷では友右衛門の、いかにも善人らしい岩瀬藤十郎がいいが、魁

春の奥方浪江は富の市にだまされて犯される口惜しさが出ていない。

 熊谷堤で、染五郎の生首の次郎がはじめて登場するがさしたることもない。

ここは鴉のつくりものがうまくできている。

 鳥羽屋の座敷から横山町の検校の家まででは、弥十郎の鳥羽屋丹治、松也の

玉太郎兄弟、桂三の検校、秀調の女房が印象に残る。

 第二幕になってからは、孝太郎の湯島のおはん、秀太郎の母親の母娘がいい。

左団次の寺社奉行石坂甚内、錦之助の指物師辰五郎。

 「身替座禅」は、仁左衛門の山蔭右京が上品で、色気もあり、花道の二度目

の出など、鳥羽屋里長の唄と共に味わい十分であるが、左団次の玉ノ井ととも

に意外におかし味がひろがらないのは、芝居のおかしさがそのまま踊りのおか

しさにならないからである。この幕中第一の当りは又五郎の太郎冠者。愛嬌が

あっておかし味があって松羽目物らしいほどのよさで秀逸。米吉児太郎の腰元、

常磐津は一佐太夫一寿郎、長唄は里長栄津三郎。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る