2016年4月明治座

勘九郎の「末広がり」

 

 菊之助、勘九郎、七之助らの若手花形歌舞伎である。昼夜五本を通して一番

の出来は大沼信之作の狂言舞踊「末広がり」。亡父勘三郎が勘九郎の会で初演

したままになっていたのを勘九郎が今度初めて本興行で取り上げた。これが意

外の面白さである。

 勘九郎の太郎冠者が主人の娘が結婚するについて、都へ行って末広がり――

―つまり婚礼に使う扇子を買って来いと命令される。ところが末広がりが扇子

とは知らぬ太郎冠者は、都で悪徳商人に騙されて唐傘を買ってきてしまう。原

作の狂言「末広」では、扇子は正月の祝儀用であるが、大沼信之はその扇子を

結婚の祝儀として、太郎冠者が遊び相手をして育てた主人の娘にひそかに恋を

しているという設定にした。うまい脚色である。ここが故人勘三郎もうまかっ

たが、今度の勘九郎もほのかなペーソスがあっていい主人から結婚の話を聞い

ての驚き、落胆から後半の娘との連れ舞まで、身分違いの叶わぬ恋の哀愁がそ

れといわずによく出ている。幼かった娘との思い出を「今は昔となりにけり」

のところなどうまいものである。

 それにこの人の踊りの素直で透明なうまさがよく出ている。商人との問答の

イキのよさ。その気合いは勘三郎以上である。ただ一つ残念なのは、勘三郎を

写そうとするあまり、勘三郎のバレエ風の体の扱いの悪癖まで伝染してしまっ

た。とかく人を真似すると、その人の悪い癖だけが出るというが、勘九郎にも

それが出ている。これのみ欠点。

 悪徳商人の国生がシッカリ踊って勘九郎に喰らい付いているのは殊勲賞。主

人が亀蔵、娘は鶴松。長唄は直吉、巳太郎。

 昼の部はこの前に七之助、梅枝の「葛の葉子別れ」、後に菊之助、七之助の

「女殺油地獄」。

 「葛の葉」は、七之助の女房葛の葉が機屋から出たところ、姿といい、形と

いい、いい女房ぶりであるが、芝居にかかるととかく心理的になって造型が弱

い。心理よりも空間に感情を造形して行くようにならなければ、義太夫狂言の

情愛は深くならない。その上この役は後半になって狐の本性を表すからなおの

こと造形力が必要になる。二役葛の葉姫は早替わりはあざやかだが、こちらも

赤姫の色気、恋の情が足りない。

 梅枝の保名。近頃珍しい古風な持ち味のこの人が最近立役をやるのは色消し

であり、かつは勿体ない。大事に育てないと歌舞伎の損失になる。

 亀蔵、歌女之丞の庄司夫婦。

 「油地獄」は思った通り菊之助の油屋与兵衛が無理である。序幕の徳庵堤で

上方和事のジャラジャラした味がないのは、先月の「相撲場」の与五郎と同じ。

二幕目の河内屋でも真面目に見えて不良青年らしさがなく、家庭内暴力の、さ

まざまに変化する複雑な感情がそれらしくない。唯一親に甘やかされて育った

ボンボン気質が見えるのが取り柄。三幕目の豊島屋で「不義になって貸して下

され」という切羽詰まった色気がいい。東京育ちの役者には努力だけでは出来

にくい役なのだろう。

 七之助のお吉は、葛の葉と違って世話物だけにリアルで今月の三役では一番

いい。橘三郎の徳兵衛は地味だが堅実。吉弥のおさわはしていることに間違い

はないが薄味。この老夫婦が哀れさを強く訴えないとドラマ全体が沈む。

 権十郎の山本森右衛門、万太郎の小栗八弥、梅枝の天王寺屋小菊。

 勘九郎の豊島屋七左衛門は、徳庵堤で与兵衛への感情をむき出しにし過ぎる。

これでは与兵衛を二つ三つ殴りそうである。七左衛門にとって与兵衛は近隣の

同業者でありかつは顔馴染、その行状も知っているから手出しも出来ないとい

うハラがほしい。故人富十郎の七左衛門と比較するのは気の毒だが、ここらの

芝居はうまいものであった。

 徳庵堤では菊十郎と菊三呂の茶店の夫婦がいい。菊十郎は幕切れにちょっと

出るだけだが舞台が締まる。菊市郎の会津の客。

 河内屋では、亀寿の太兵衛がキッチリしているのはいいが、与兵衛がぐれた

状況は年長の兄である太兵衛にもあった筈で、それを乗り越えて支店を出した

苦労の影がほしく、それがないと弟与兵衛との対照が出ない。新悟のおかち、

橘太郎の白稲荷法印。

 豊島屋では、松之助の綿屋小兵衛が、仁左衛門の与兵衛でもつとめた持ち役

で秀逸。ここにだけ大坂の風が吹いている。

 夜の部の「浮かれ心中」は、かつて勘三郎が再三演じて大当りを取ったもの

であるが、今度は顔ぶれが一新して、伊勢屋の若旦那栄次郎が勘九郎、太助の

ちの式亭三馬が亀三郎、栄次郎の女房おすずが菊之助、帚木が梅枝という新時

代の舞台である。大場正昭演出。

 序幕が真間屋、吉原仲ノ町、もとの真間屋の三場。

 第一場の真間屋は、真間屋がなに商売か、なんのために栄次郎がこの家の娘

おすずと結婚するのかが、売りが足りないためによくわからない。これはなか

なか戯作者として売れない栄次郎が絵草子屋の真間屋の婿になって自由に絵草

子を出そうという目論見だから、現代でいえばいわば出版社買収である。そこ

が解り難い。第二場の新吉原仲ノ町は「籠釣瓶」の当て込みがうまく効かず、

栄次郎が「佐野次郎」といっただけではいくら二月歌舞伎座でやっていても今

の観客にはわからないだろう。もっと本式にやるべきだろうが、そこらがリア

ルな芝居との折り合いがついていない。やっと第三場のもとの真間屋になって

芝居が客席へ滲みわたった。

 二幕目は深川帚木の家、亀戸梅屋敷、もとの真間屋、向島の四場。

 この二幕目になってからは快調。栄次郎と多助の、なにがなんでも有名にな

って世間を驚かせたいというのが、現代への諷刺であることが鮮明になって、

原作者井上ひさし、脚色の小幡欣治のテーマが鮮明になった。

 勘九郎の栄次郎は、以上の事情もあって第一場がよくない。「末広がり」で

もふれた亡父そのままのバレエ風の動きでリァリティを失っている。たしかに

勘三郎もそうやってはいたが、そうしてもリァリティを失わぬ用意が勘三郎に

はあった。しかし勘九郎は勘三郎と芸質も同じではない。この場の栄次郎は無

理に出版社買収の政略結婚でおすずの顏も知らない。それでなんとか綿帽子に

隠れている顔が見たい。そこらのおかし味はいわゆるシチュエーション喜劇で

あって、本当は真面目にリァルにやればやるほどおかしいはずである。勘九郎

はそういう戯曲の原点に返って亡父とは別な工夫をするべきではないだろうか。

そうしないと栄次郎の性根が浮くばかりでなく、芝居全体が浮いてしまう。親

離れ。一人の俳優として戯曲の人物を新しく掘り下げるべきである。

 亀三郎の多助は、三津五郎や橋之助とはまた違った質実さがあるのはいいが、

この役はもう一歩も二歩も栄次郎の芝居を受ける努力が要る。

 菊之助のおすずが今月一番の大出来。タンカなど切りそうにもない貞淑な女

房が狂言とはいえ急に男の声でタンカを切るところは、歌舞伎初演の沢村藤十

郎がうまかったが、菊之助もそ藤十郎とは違うリァリティがあって面白い。

 梅枝の帚木は、仲ノ町の花道のニッコリ微笑むところがうまく、早く八ッ橋

が見たいと思わせる。二幕目の家の場、大詰心中といずれもいい。

 新悟の栄次郎の妹お琴、万太郎の帚木の情夫清蔵。

 彦三郎の栄次郎の父伊勢屋太右衛門がさすがに貫禄があって、大店の旦那に

見えていい。橘太郎の番頭吾平、山左衛門の荘兵衛が笑わせるが、なかでも大

笑いなのは亀蔵の役人佐野準之助。この芝居第一の大当たり。大蔵の引手茶屋

の番頭がそれらしい。

 最後の「二人椀久」は、菊之助の椀久に七之助の松山。振りは初代菊之丞の

それで、富十郎雀右衛門が大当たりをとったものである。すでに故富十郎の椀

久で松山を踊った菊之助が今度は椀久に挑戦したが、恋の狂熱が薄い。七之助

の松山と二人ともキレイではあるが踊りは試運転中の若葉マーク。これからで

ある。

 「按摩研引き」の早間の踊りは、富十郎雀右衛門だと熱狂的な速さだったが、

同じ振りでも緩慢に見える。富十郎雀右衛門のあの熱狂には、早く見せる芸と

体の底から湧き上がって来て劇場全体に広がるスケール、リズム感が観客を陶

酔させたのだということがよくわかる。真似て真似られない芸なのかもしれな

い。長唄は杵屋勝四郎と巳太郎。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る