2016年5月歌舞伎座

若手中心の「団菊祭」

 

 今年の「団菊祭」は、菊五郎、吉右衛門、梅玉を上置きに、松緑、海老蔵、

菊之助中心。世代交代の「団菊祭」である。

 昼の部は、九代目団十郎の活歴「鵺退治」で開く。今井豊茂補綴、藤間勘十

郎演出。今度は御所の大屋根で頼政主従が鵺と大立ち回りを見せる。鵺は化け

物だから、目の前で縫ぐるみの鵺が立ち廻りをしたり、トラツグミ(鵺の正確

な学名)だのといわれると興ざめである。もっともこれは原作が原作だから仕

方がない。

 梅玉の頼政、又五郎の猪の早太、魁春の菖蒲の前、錦之助の関白九条基実。

 つづいて「寺子屋」は、海老蔵の松王丸が初役の時の大出来にもかかわらず、

今回はどういうわけか精彩を欠く。まず第一声は調子を効かせていいが、出て

来たところは病気を強調するためか姿がだらしなく、本当に熱でもありそうに

見える。どうせ仮病なのだし、義太夫狂言の主役だし、嘘にも姿が締まってい

るべきではないか。寺子改めの咳も春藤玄蕃に構わずに咳き込むために咳の意

味が解らず、ますます重症に見えてよくない。門口を入ってからは源蔵とのツ

ケ廻しの裏見得の刀のトンも強すぎ、戸浪の言い訳に「ナニナニを馬鹿な」の

トンも床を何回も強く叩きすぎる。あれでは床に穴が開く。

 この松王丸がやっと本街道に出るのは、「無礼者め」の大見得の目の光り、

つづいて首実検の刀を抜く一瞬である。もっとも首実検には問題がある。松王

丸がなかなか首桶の蓋を取らないのに、憂いの表情になるのは底割りがよくな

い。しかし苛立った玄蕃に首を差し付けられて思わず刀を抜くところの顏の動

き、表情は、独特の大目玉が効いて怒涛の如き迫力でいい。そこはいいのだが

肝腎の刀がはじめから源蔵の方に向いているのはおかしい。玄蕃に身替りを見

破られたかと思って刀を抜く、そこへ首を差し付けられるからそうではなかっ

たかと知って刀を返して源蔵に向けるところがこの型のミソであって、この刀

を返す動作が抜けている。抜けているから松緑の源蔵が体を引く動きも不鮮明

になる。玄蕃、松王丸、源蔵三人のイキがあっていないとこの型の面白さは生

きない。是非正確にやってもらいたい。

 後半は前回同様でいい。ただ「桜丸」を口先だけで連発するのは耳障り。こ

このハラが薄いためである。

 この幕第一の出来は松緑の源蔵。源蔵戻りは七三の思い入れだけでツカツカ

と本舞台へ来る気組みがいい。寺子たちを見ての「いずれを見ても」は平凡だ

が、それからの戸浪との芝居は、義太夫味は薄いものの、せりふの癖が治って

リアルで真直ぐで迫力があって、思わず聞き入ってしまった。「すまじき物は

宮仕え」の思い入れ、体の動き、表情の変わり方が造型的で面白い。芝居らし

い描線の強さが出ている。ただ一点、「目をすり」で泣くのは説明的。「打て

ば響けの内には夫婦」の戸浪を追って出て二重から片足を落しての御約束の動

きもキッパリと全身で動いていい。

 首実検、後半も含めて、前回よりも新鮮でハッキリして輪郭の締まったいい

源蔵である。

 梅枝の戸浪も隙なく動いてこの源蔵によくついて行く。市蔵の玄蕃が本役。

広松の涎くり、家橘の百姓、右之助の園生の前。

 さて菊之助の東京初役の千代は、祖父梅幸の面影もあり、母性もあっていい

が、花道の小走りの出が足取りのせいか下半身が男になっている。源蔵が木戸

を開けるとよろめいてそのまま内へ入って後ろ手で戸を閉めてしまうのも乱暴

すぎる。ここはもっとハラの探り合いがあるべきだろう。立役と女形を兼ねる

にはよほどの用意が要る。クドキも情が薄く一通り。

 次が菊之助初役の清心で「十六夜清心」。

 菊之助の清心は前半は真面目すぎて、とても廓通いの女犯の罪で追放になっ

た色男には見えにくい。ここがうまくスタートできなかったために、廻って川

下になっての死に切れない皮肉さ、喜劇味から、求女を殺しての「しかし待て

よ」の悪への変化が鮮明にならなかった。芸質と芝居の運びの計算違いである。

 時蔵の十六夜は、淡泊で色気が薄い。左団次の白蓮、亀三郎の船頭三次。松

也の求女は大々として哀れ気に欠ける。清元は延壽太夫、菊輔。

 昼の部の最後は菊五郎吉右衛門の「山門」。

 吉右衛門の五右衛門は、前回までは化粧のせいか目が小さく見えたが、今度

はまことに堂々たる錦絵の顏。額に入れて取って置きたい立派さである。「春

の眺めは値千両」と聞こえたが「千金」でこそ「春宵一刻値千金」の詩に繋が

る。白斑の鷹が来て、血染めの遺書を読む芝居の大きさ、面白さ。今日第一の

五右衛門である。ただいよいよせり上げになって柱へ歌を書きつけている久吉

を見ている間が手持無沙汰に見える。

 菊五郎の久吉は、前の幕の息子の清心よりもはるかに若々しいのは、芸の豊

かさ、余裕のためである。又五郎と錦之助が捕り手に出て、鳥羽屋里長、栄津

三郎の大薩摩という大舞台である。

 夜の部第一は、菊之助の長男今年二歳になる寺嶋和史初御目見えの「勢獅

子」。祖父菊五郎、外祖父吉右衛門二人の口上に一座総出演の花やかさ。観客

大喜びである。

 いつもは鳶頭二人で踊り抜く曽我物語、ぼうふら踊り、獅子を三つに分けて

曽我物語を菊五郎、吉右衛門、ぼうふら踊りを松緑、海老蔵、獅子を巳之助、

松也。そのほか魁春、時蔵、雀右衛門、梅枝の芸者たち。菊十郎の差配人がこ

れで音羽屋四代に仕えて感慨深かげである。

 次が「三人吉三」の大川端。

 菊之助のお嬢吉三は、花道へ出たところ逆七三でジッと七三のおとせを窺っ

ている具合はいいが、連れ立ってから後ろを振り向いて闇を透かして見る芝居

はあった方がいい。「月も朧に白魚の」のせりふは、リアルで心理的で、それ

でいて詩を聞くようなところがあるのがいいが、本当はもつと歌わなければ観

客は陶酔しないだろう。ここらが黙阿弥の難しいところで、他人事のように朗

々と歌っていて、それでいてその向こうに心持が浮かぶのが正道だろう。

 海老蔵のお坊吉三にも松緑の和尚吉三にも同じ傾向があって、陶酔感が薄い

のは現代ではやむを得ないのだろうか。右近のおとせはもう一刷毛不幸な翳と

哀れ気がほしい。

 次が松緑二度目の「馬盥」の光秀。本能寺と愛宕山の二場である。

 初役の時はあの小さな顔でとても天下を狙う謀叛人とは見えなかったが、今

度はせりふの癖も直り、引き締まって来て、本舞台へ来る辺りから徐々に顏の

小ささが気にならなくなったのは芸が進歩した証拠である。昼の源蔵といい、

この光秀といい、まだ問題はあるものの、今月この人大当たりである。

 花道の「鳥の塒を離れ」は、その抑えた調子はいいが、まだ聞かせるほどで

はない。しかし本舞台へ来てからの春永とのやり取り、春永が次々に出す難題

への思い入れ、ジッと目をつぶって耐えるハラ、素直でストレートに客席へ通

る芸になった。その結果が春永と光秀の考え方の違いが明らかになる。春永は

領地は自分の所有物だと思い、光秀は国土は天下のものであり領主はそれを一

時預かっているに過ぎないと思う。この考え方の違いこそ政治上の大問題であ

り、二人の対立の本質である。なにも春永は光秀をただ苛めているのではない。

 いよいよ春永が光秀の妻皐月の切り髪を光秀に与える。「この黒髪は過ぎし

頃」。光秀が箱の蓋を開けて考え、向こうを見てアッと気が付いて、箱を蓋で

叩いて下へ突き両手を乗せてきまる。ここの松緑は、向うへの思い入れの力感

から最後の見得まで、体全体を使った線の太さでいい。ただ気が付いた時に唸

り声が大袈裟すぎてよくないがそれ以外は前回とは違って格段の力強さである。

 幕切れ。桔梗を先へやっての一人舞台。はじめの轡をジャラジャラさせて無

念の思い入れから袂へ入れるところは、音を留めるために袂へ入れたように見

えて段取りじみる。花道へ行っての箱を叩いての見得は、ここで謀叛の決心を

見せる人とそれをあえて隠して無念一本やりの人といろいろあるが、松緑はど

ちらかわからず、ことに二足三足大きく踏み出すのがあまり力み過ぎている。

 愛宕山は前半は一通りだが、「今ぞ成就の」から三方を踏み割っての大見得、

幕切れの大笑い(幕が閉りきってもなお笑い声が劇場に響く豪快さ)まで大い

にいい。もっともここでも「グォーッ」という唸り声がオーバー過ぎるが、三

方を踏み割って刀を担ぐ体の動きはよく効いて、この型のもっ力強さ、刀を担

ぐ瞬間の顏が豪快を極めていて面白い。力演である。

 団蔵の春永がこれも立派なニンの上に、ただの敵役でなく深いハラを持って

知的なのがいい。時蔵の皐月、梅枝の桔梗、万太郎の森蘭丸、巳之助の力丸、

亀寿の四王天、笑也の園生の局、松江の安田作兵衛、橘太郎の丈巴。

 次が菊之助、海老蔵の「男女道成寺」。

 紅白の段幕が上がって二人が並んでいるところはいずれ劣らぬ美しさ。昼の

部からようやく夜の最後になって二人の新鮮さ、今を盛りの「時分の花」が咲

いた。仁左衛門、玉三郎に比べて色気が淡泊な違いはあっても、この世代の代

表的な絵である。ある意味ではこれが今月一番の見もの。ことに菊之助は昼夜

を通してこの花子が、余裕もあり、豊かで、艶やかで、踊りとしても面白く一

番の出来である。

 海老蔵は「早乙女早乙女」の後の鐘を見込んだ一瞬の目のきらめきが蛇体の

本体を暗示して鋭い。長唄は日吉小間蔵、勝松、常磐津が初勢太夫、菊寿郎。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る