2016年5月国立劇場

前進座の「四谷怪談」

 

 劇団創立八十五周年、梅之助追悼の「四谷怪談」の通しである。

 序幕が浅草額堂、地獄宿、裏田圃、二幕目が浪宅と伊藤喜兵衛の内、三幕目

が隠亡掘、大詰が三角屋敷、蛍狩りから蛇山庵室まで。小野文隆の台本がのち

にふれる一点を除けば手際よくまとまっている。中橋耕史演出進行。

 なかでは矢之輔の直助権兵衛と菊之丞の佐藤与茂七の対立を描く地獄宿と三

角屋敷が、松竹の歌舞伎とは一味違う、いかにも前進座らしいところがあって

すぐれている。

 矢之輔の直助は、額堂で「藤八五文、奇妙」といいながら花道へ出たところ、

そのイキのよさでいい出来であるが、地獄宿にも工夫がある。すなわち与茂七

と出逢って上手障子屋体の柱に左手を掛け右手を懐中して、菊之丞の与茂七が

下手で座って両手を膝に置いて腰を浮かして見合った上下ツケ入りの見得がい

い。コクかあって絵になっていて、しかも硬軟二つの役の対照が出て、いかに

も南北の芝居らしい濃厚さである。

 菊之丞の与茂七は、額堂ではカットのために出番がないが、地獄宿でおいろ

に連れられて花道へ出たところの柔らか味、軽口を言い合うイキがいい。なん

でもないようでいてこういう細部が南北調を出すのである。柔らかさの内に侍

の雰囲気を出しているのもうまい。

 この直助といい与茂七といい、久し振りで南北ものを得意にしてきた前進座

のイキのいい芝居である。工夫さえすれば歌舞伎はもっと面白くなるのだと痛

感した。二人の対決は台本に多少カットがあるのが残念だが、幕切れになって

のお袖を連れた与茂七の「うらやましいか」のせりふ廻しのよさ、二人が引っ

込んだ後、提灯を目当てに追っかける直助のイキのよさ。ともにいい。

 つづいて田圃の殺しでは、普通では本舞台のお岩お袖姉妹を気遣いながら、

伊右衛門と直助が二人連れだって花道へ行くのだが、今度は原作通り上手に伊

右衛門、下手に直助と別れて様子を窺う。その景色がシンメトリーで面白く、

南北の意図が鮮明になる。

 三角屋敷でも矢之輔と菊之丞の二人の芝居が生きていて、普段は長丁場に閉

口する幕が面白い。今度の「四谷怪談」中の白眉である。

 前半は矢之輔の直助が、粋な江戸前にしかしおかし味を含んで芝居をうまく

運ぶ。お岩の形見の櫛が不思議と仏壇へ収まって行く具合が説明ではなくよく

客席にわかるのは、矢之輔の芝居のよさ、うまさのためである。お袖と上手の

屋体で共寝をしているところを与茂七に起こされるおかし味、門口を開けて与

茂七を見てびっくりして幽霊かと思う具合、悪を効かせながらの滑稽さ。矢之

輔一代の当たり芸である。

 与茂七が出ると地獄宿とは逆に与茂七が上手立身、直助が下手に座っての対

決になる。このカドカドでのキマリも時代でいい。剛と柔のウラオモテ、時代

と世話の変化と二人の対照が絵面になっている。一度暗転になって、花道へ行

った直助、上手から与茂七というシンメトリーもよく効いている。

 ただ惜しいのは、田圃で殺したのは主人の息子奥田庄三郎、お袖は実の妹と

知れるところは衝撃の重さ、悲劇の感覚が薄い。それは最初にふれた小野文隆

の台本のただ一点の欠陥のためである。なんでそうなったかはわからないが、

田圃の殺しでお袖が四谷左門は自分の育ての親―――つまりお岩とは姉妹では

ないということをいってしまうからである。したがって三角屋敷の、このサプ

ライズが効かない。この一点だけは改悪である。

 これでお袖がよければ文句はないが、忠村臣弥ではまだ矢之輔と菊之丞の二

人のベテランの間に入って見劣りするのは是非もない。それでも地獄宿はとも

かく三角屋敷で持ち直したのは精一杯の努力の結果である。

 さて問題は、国太郎のお岩、芳三郎の伊右衛門である。お岩は祖父五代目国

太郎の当たり芸。それをどこまで継承出来るか、期待して行ったが、一応祖父

の型をなぞったというに止まる。一体にこのお岩はキレイすぎる。田圃で花道

を出たところはこれならば夜鷹に出ても売り上げナンバー・ワンだろうという

綺麗さ。貧乏にやつれた影がない。髪梳きは、祖父国太郎が出て来ただけでい

かにも貧乏御家人(伊右衛門は浪人とはいえ立派な塩冶の御家来、御家人では

ないがモデルでは御家人である)の世話女房の、産後のやつれというところを

見せて傑作だったが、当代国太郎にはその地味な生活感が乏しい。「常から邪

慳な伊右衛門どの」はじめせりふにも哀れ気が薄く、髪梳きになると段取りに

追われている。もっともこの場が盛り上がらないのは、この人のせいばかりで

はない。柳生啓介の宅悦が歌舞伎のツボを外して、ただの時代劇になっている

からである。

 夢の場はまことにキレイでいいが、その分幽霊になっては凄味がない。もっ

ともお祖父さんも幽霊になると凄味が薄かったが。

 二役小平、三役茶屋女おもん、四役小平女房お花はいい。

 芳三郎の伊右衛門は、本来この人のニンではない。芝居でいくらうまく悪人

を見せようとしても、ニンにないとなかなかそうはいかないのが歌舞伎の難し

さである。

 総じて今度の「四谷怪談」は、山崎辰三郎の後家お弓や姉川新之輔を除いて、

周囲の役がほとんど時代劇調なのが気になる。ここらが前進座の歌舞伎の今後

の課題だろう。

 それにどういう事情か知らないが、創立八十五年、梅之助追悼をうたいなが

ら、梅雀や圭史の顏がないのも寂しい。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る