2016年6月歌舞伎座第一部

猿之助三役の大出来

 

 猿之助の三役――第一部の典侍局、第二部のお里、第三部の忠信が予想に反

して大出来である。

 予想に反してというのは、すっかり立役になっている猿之助が忠信はともか

くも真女形でもむずかしい典待局や今さら娘のお里が大丈夫かと思ったからで

あるが、三役とも意外の上出来である。

 まず典待局。渡海屋の銀平女房でのれん口を出たところは、ほっそりと若々

しいのはいいとしてもさしたることもない。日和見も仕出かしたとはいいがた

い。やはり女形の地芸が足りないという気がした。ところがいよいよ知盛の出

になって安徳天皇を座らせたところから俄然よくなる。熊の皮を敷いて天皇を

座らせ太刀を置いてからの足取りは、四代目雀右衛門が研究したところ。猿之

助は、簡単ではあるがそれ写してよく、さらに神棚へ銚子を取りに行く足取り

がヒタヒタと畳ざわりにも研究のあとがある。歩き方一つで渡海屋の女房が典

待局になった。それに驚いているうちに、次の奥座敷になって十二一重、下げ

髪になってからが大出来である。傑作だった雀右衛門生き写しといってよく、

いつもはダレるこの場が見応えがあって面白い。ドラマの骨格がハッキリして

いるからである。まず相模五郎の注進を受けている間の芝居で、どんどん危機

感が出る。そこで後の襖を開けると沖の舟の灯が消える。それを見ての驚き

(もっとも三艘の舟が沈没するのはよくない。舟が沈んでは知盛も義経も次の

場の芝居ができないからである)、絶望、決心がはっきりわかるだけ緊迫感が

あふれている。つづいて平舞台へおりて安徳天皇とのやりとりは、海の底に極

楽があるはずがないのをそういわなければならない哀しみがよく出ている。こ

とに感心したのは天皇の辞世を聞いて、これを聞いたらば父帝はじめ高倉天皇、

わけて建礼門院がどれほど喜んだろうかという歎きである。ここがよく活きて

いて堪能させるできである。

 いよいよ天皇を抱いて舞台真中にスックと立って一度きまるのも立派だが、

さらに岩組へ上っての「いかに八大竜王」のせりふはともかく、ねじった体を

で裳裾が開いて美しい形になるあざやかさ、幕切れ四天王に両手を取られても

裳裾がきれいに段にかかるのが印象的である。渡海屋から大物の浦までの三場

中この場が一番面白いのは、猿之助の典待局がいいからである。

 廻って大物浦は上手揚幕から出たところ、髪の乱れ具合、シオシオとした歩

きつきが典侍局その人になっている上に、いつもはただの段取りに見える自害

の件も充実して、この女官の悲劇的な人生を短いうちに描いている。

 なお奥座敷の道具で珍しいのは、座敷の下手にバルコニーめいた台がありそ

こに小さな碇があること。しかしなんのためかよくわからなかった。

 猿之助の典侍局につづいていいのは右近の相模五郎。渡海屋での安手な突込

み、滑稽、濃厚なところもよく、奥座敷になっての動きもいい。これがこの幕

二番目の出来である。

 亀鶴の入江丹蔵は、出て来たところはなぜか生彩がないが、後半しているこ

とは十分。御注進になってからは深手を負っていることを強調するためか芝居

もせりふも調子が低い。

 猿弥の弁慶が立派。松也の義経はニンはいいが芝居はまだ生硬。歌昇が四天

王に出ているが、この人の実力からいえば義経だろう。

 初御目見得の右近の息子武田タケルの天皇がしっかりしている。

 さて問題は染五郎初役の知盛。この人のニンでないことは知れた話だが、同

じニンにない役でも熊谷や弁慶のようには行かなかったのは、型の仕どころに

研究が足りないためである。まず銀平の間は顔の小ささ、線の細さ、いかんと

もしがたい。ようやく白装束の出になって、いくらか立派になった。二重障子

屋体を出て平舞台を下手へ行くところ、天皇に頭を下げて歩き出す思い入れが

滅法うまいのと「今月今宵」のせりふの情感がいいほかは、きまりどころをい

ずれもはずしている。線が細く見えるのは大きく見せるカドカドのきまりがハ

ッキリしないためと、キマリが少ないためである。

 大物浦になってからも同じことが言える。花道から本舞台へ来ての長刀を担

いでの見得、「勝負勝負」の力弱さ、「天命天命」のせりふの浅さ、弁慶との

上下の見得、裏向きに義経に迫るキマリといずれも力の表現が弱い。足元のお

ぼつかなさ、大口の下半身に締まりがないためである。ことに「三悪道」はな

んのためにこの物語があるのか全く分からなかった。本人が意味を理解してい

ないのが客席からわかるからである。

かくて第一部は、染五郎、猿之助という異色の顔合わせにもかかわらず、片肺

飛行に終わった。

 このあと、松岡亮補綴、長唄の「時鳥花有里」という得体のしれぬ舞踊一幕。

私ははじめて見たし、復活狂言というがプログラムを読んでもなにが原典なの

かわからず、三段返し大仕掛けの装置もただキレイというだけ。

 梅玉の義経、東蔵の鷲尾三郎、魁春の龍田の神女、笑三郎、春猿の神女、染

五郎の龍田明神が三つ面風の趣向で踊るが、これも見た目だけである。長唄は

鳥羽屋里長、杵屋五七郎。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る