2016年6月歌舞伎座第二部

幸四郎の権太

 

 幸四郎の権太が、これまでと違ってその円熟した錦絵の顏、その芸の軽み、

その高麗屋伝来の凄味と三拍子揃っていい。周囲の役も揃って芝居全体として

一番堪能したのは三部中第二部が一番である。

 まず木の実から。幸四郎が木の実を出すのは、昭和五十年の帝劇の初役、二

度目の歌舞伎座の宇野信夫の改訂新演出以来三度目。宇野演出は別として初役

以来実に三十九年ぶりである。

 上手揚幕から出て「あゝくたびれた」と床几にかかって「なんだだれも居ね

えのか」といった捨てぜりふがまず軽くていい。ここで軽いというのは、ただ

軽いのではない。芸が軽く、自在な自然さ、しかも芝居が粒立っていてシッカ

リ客席に通ってスキのないことをいう。松尾芭蕉が俳諧についていうところの

「軽み」である。たとえば六代を見て「おきれいなお生まれつきだねぇ」とい

うところの軽くしていてシッカリ印象に残るうまさをいう。

 浄瑠璃の本文に曰く「顔に似合ぬ手すりたいほう」。つまり人相の悪さとは

違って態度が「たいほう」―――度量柔軟性があることをいう。幸四郎の権太

は、その凄味、その悪が強く、しかも本文の性格がよく出ている。表現の輪郭

がハッキリしているのである。

 とかく菊五郎型は愛嬌に傾きがちで、この悪の輪郭が崩れがちだが、幸四郎

にはその強い描線があるのがいい。

 もっとも無精なところもある。木の実を小石で落すところも花道へ行かず、

荷物を持っての引込みも花道を使わず下手へ入る。したがって二度目の出も下

手から。体力のためだろうから是非もないが、物足りないことも事実。小金吾

が刀を抜きかけるのを足で止めるお定まりの見得も少し崩れているが、その後

の「もがり者」の見得は、顔が実に立派で、この場の白眉である。

 小せん、善太との親子水入らずの芝居もうまい。小せんを鬱陶しがる具合、

開き直っての「おめえ忘れやしめえ」、善太の持っている茶こしを取っての

「丁度いいものがあった」といって博奕を教えるところ、いずれも粒立てると

ころは立てて、サラサラ運ぶどころは運ぶ緩急自在、軽くやっていい。

 秀太郎の小せんが傑作。茶店から出たところ一目で遊里の女のなれの果てと

知れるよさ。若葉の内侍一行を迎えての「ようおいでなされました」や「お休

みなされませ、有難うございます」という捨てぜりふがよく効いていて、これ

あるために次に出る権太の芝居が引き立つ。今までほとんど上方型の権太に付

き合ってきた秀太郎が幸四郎の東京型によく芝居を合わせている。

 高麗蔵の若葉の内侍、市蔵の猪熊大之進、松也の小金吾。

 二幕目が小金吾討死。

 松也の小金吾は、その立ち廻りでところどころアスリート風になるが、よく

体が動いて目一杯の出来。義経とは違っていい。

 錦吾の弥左衛門。この場は内侍も六代も五人組も出ずカット版で手早く済む。

 最後が「鮓屋」。

 幸四郎の権太は、最初の出からはいつも通り変わったことはない。金箪笥の

錠前を開けるところも無精できっぱりしないが、のれん口で素敵なよさを見せ

る。ここはだれの権太も形が崩れていて柱に当る動きが鮮明でないが、幸四郎

はのれん口に入る瞬間にもう一度向こうをグッと見込むところがいい。左肩に

半分暖簾がかかってきまった姿が錦絵である。

 二度目の出は平舞台で股を割って後へ手を廻した見得、花道七三へ行って取

って返し、すし桶を持って七三へ行き右に持ち替えてソクになった見得。いず

れも嫌味なところがなく、軽くていい。最近はここぞとばかり大見得をする人

が多いが、グッときまって絵になるイキはこれが本当。あまりそっくり返れば

仁木弾正になる。そうならずグッときまる呼吸、さじ加減はなかなか難しい。

ここらが世話場の権太の味、貴重である。

 三度目の出からは、首実検と「面上げろい」と無事に進む。「わっちゃあレ

コ、お金がよろしゅうございます」がうまい。梶原が引っ込んで弥左衛門に刺

されて手負いになるが、この手負いの物語が白眉である。ここの幸四郎はせり

ふ廻しの技巧やイキのよさで聞かせるのではなく、人間味、情感、情景描写の

うまさで聞かせる。そのために権太一家の悲劇目の当り。調子のいい人だけに

「維盛卿に生き写し」が聞かせるし、善太の「おっかぁと一緒に」のあどけな

さ。今さらながら政治の犠牲になった一家の悲惨が心に滲みる。ここらが幸四

郎の円熟のうまさ、身上である。

 秀太郎の小せんが縄付きになっての出に花道七三で権太を振り返った情がこ

の物語に生きて甦る。

 猿之助のお里は、かつての「矢口渡」のお舟を思い出せる出来。幕開きから

黄八丈のよく似合う娘らしい色気があって、弥助から何気なく桶を取る具合は

当てッ気がなくリアルで鮓屋の娘の姿を見せたのはお手柄。

 弥助との色模様、「兄さん、ビビビー」のあとニコッと笑う愛嬌で観客の心

をつかむ具合から「お月様も寝やんした」まで色気があっていい。しかし本当

にうまいのはクドキ。ことに「夢にも知らせて」の後ろ向きの姿は、故人十四

代目仁左衛門のよさを髣髴させる出来であった。

 対する染五郎の弥助も今月これ一番の本役。柔らかさ、色気、ことさらこの

役の天衣無縫さが出ていい。この二人のコンビは三部中、これが一番。

 右之助の弥左衛門女房おくらが傑作である。

 権太にいわれて笛を吹くと維盛父子が出て「権太郎に一礼を」といいかけて

「ヤヤ、権太郎のこの体は」になる時、下手でジッと座ってお辞儀をしている

おくらの泣いている姿が印象的だった。この人のためにこの悲劇がという思い

が鮮明なので、胸が熱くなった。

 彦三郎の梶原が音吐朗々、足は不自由でもせりふで聞かせる。

 高麗蔵の内侍、錦吾の弥左衛門。

幸四郎を囲んで顔ぶれが揃っている点ですでにふれた通り第二部が一番である。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る