2016年6月歌舞伎座第三部

研究熱心な猿之助

 

 第三部は「道行」と「四の切」。

 道行の忠信は前半が機嫌わるく見えて楽しくないのがよくないが、後半の軍

物語はキッパリして、踊り込んでいて、まことに堪能した。

 染五郎の静御前はキレイではあるがなんとなく落ち着かないのは、本来立役

のニンだから仕方がない。

 「恋と忠義」の置き浄瑠璃があって浅黄幕が落ちると立身の静。「宇賀の御

霊やみかの原」の一くさりがあるとすぐ「谷の鶯」になるカットは、立役の染

五郎としては当然だろう。そのかわり沢潟屋型だから「万歳」がある。二人の

手踊りが楽しいはずであるが、忠信が不機嫌なためにそれほどのことなく終わ

る。軍物語の「オオ聞きおよぶ」も、二日目のせいか忠信とイキが合わなかっ

た。もっとも日ならずしてよくなるだろう。但し誰の好みか知らないが、初音

の鼓を桜の枝に引掛けるのはよくない。義経が天皇からの下賜品、静にとって

は大切なはずである。コートをハンガーに掛けるようには扱えないはずである。

 この一幕、第一の傑作は猿弥の逸見藤太。

 いつもの形どおりの芝居を肉づけしてリアルに仕生して万場爆笑。

 幕切れは沢潟屋流に、引き抜いて差し金の蝶に絡む引込みをみせる。

 清元は延壽太夫美治郎。義太夫は幹太夫泰二郎。

 つづいて「四の切」は猿之助の襲名狂言。悪かろうはずはないが、今度は前

回とはうってかわってよく研究されていい。熱心なのには頭が下がる。

 まず本物の忠信、静の出の前から向うへ気を配って、さらにもう一人の忠信

があらわれたと聞いての不審、義経の不興に憮然とする具合、引込みまで終始

気を配っている具合が途切れずに続いてピンと糸を張ったように舞台に緊張感

がある。典侍局同様ドラマの骨格が鮮明である。

 二役狐忠信は、毛衣の狐姿に引き抜いてからの物語が充実していて見もので

ある。狐詞もよく研究していて、床の葵太夫の義太夫にピッタリ合っている。

この物語がいいのは一つは葵太夫の功績もある。「頼みの綱も切れ」の絶望の

思い入れ、「力なく」の喪失感、ともに心に滲みる。

但しいくつかの問題も残った。

 一つは初音の鼓の扱い。初音の鼓は親であり、かつは天皇が義経に与えたも

のである。それを抱きしめるのはいいとしても玩具のようにいじりすぎる。あ

るいは薬でも呑んだみたいに茫然としすぎる。あまりリアルにするとこの初音

の鼓の神話性が崩れる。

 一つは、狐手がうるさいこと。全身で「霊狐」になるのはいいとしても、あ

まりに狐のマネをするのはよくない。見ていると嘘っぽくその上に狐だか猫だ

か犬だかわからなくなる。

 一つは宙乗りがあばれすぎて、看板に「狐六法」とかいてあるのにショウの

ようになること。

 以上いずれも過剰なためである。過ぎたるは及ばざるが如し。折角ここまで

できた研究の成果が、この過剰さで減速するのは残念である。観客大拍手であ

るが、それよりも人の心に染み入る人間的な感動のドラマでありたい。

 門之助の義経が傑作。脇息を前にして「静は如何いたせしぞ」の件は、今度

初めて色気と柔らかさといい十分の出来になった。七代目三津五郎を髣髴させ

る。ここは会社の部下に愛人を預けた照れがなければならない。

 笑也の静御前が、何度も務めた役なのに義太夫狂言らしさがなく全体から浮

いている。寿猿の河連法眼、吉弥の女房飛鳥、松也の駿河次郎、巳之助の亀井

六郎。

 以上三部。幸四郎、猿之助の意外な大出来の顛末である。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る