2016年7月歌舞伎座

海老蔵と猿之助、そして中車

 

 三人の顔合わせが新鮮である。昼の部の冒頭から夜の部の最後まで海老蔵、

猿之助の二人がほとんど出ずっぱりの奮闘劇。対照的なニン、芸風の二人のか

らむ場面が面白い。二人ともに新しい歌舞伎座の初座頭。それももはや「若手」

でも「花形」でもなく「大歌舞伎」の看板。新しい時代の到来を実感する。

 昼は、宇野信夫の「柳影澤蛍火」の通しに踊りの「流星」。夜が「荒川の佐

吉」に歌舞伎十八番二つ「鎌髭」と「景清」。

 「柳影」は、将軍綱吉に取り入って、自分の妻おさめの方を献上した柳沢吉

保を描く。東京では四十六年ぶりの再演。海老蔵の柳沢吉保、猿之助の護持院

隆光、中車の綱吉がはまり役で、これに右近のおさめの方を加えて四人ともに

初演の延若、猿之助(猿翁)、彦三郎、芝翫に比べて年相応でもあり、芸風に

もあっていて、自然なところがいい。

 柳沢吉保は、浪々のなかで生類憐みの令にふれて役人に父を殺され、出世を

願う。そしてそのために将軍の生母桂昌院に取り入った果てに、許嫁であった

おさめを将軍に献上する羽目になる。そこまでの海老蔵がいい。序幕第一場の

本所菊川町の貧しい浪宅での清貧、つづいて二幕目の桂昌院居間の、隆光との

対決の鋭さ、猿之助との顔合わせの面白さである。その後三幕目の神田橋の柳

沢家書院、玄関先と、ここまでは快調である。ことに玄関先で、おさめの大奥

へ向かう駕籠を見送った吉保が、思わず片足を式台に落して向うを見る思い入

れは、広い歌舞伎座の舞台にピタリとはまって座頭の貫録十分のスケールであ

る。ここが海老蔵第一の出来。

 織田紘二の補綴・演出は、このあとおさめの方、お伝の方、将軍綱吉三人の

劇中劇「松風村雨」の踊りをカットして、すぐ四幕目の柳沢家控えの間から、

吹上御苑茶室のお伝の方の成敗になる。後半は柳沢吉保がおさめに産ませた吉

松君を将軍の御世継にしようという陰謀から破滅まで。いわゆる柳沢騒動であ

る。しかしここになると脚本上矛盾がおきる。原作のせいで仕方がない。矛盾

というのは吉保の行動―――出世欲と悪の矛盾である。だれでも出世したい。

それはいい。そのために多少の手立てを弄するのも当然である。しかしそれが

不必要な悪の行為になって行く具合は説得力がない。たとえば四幕目で一人舞

台になった吉保が、将軍寵愛の犬を扇子の一打ちで殺す。なぜ犬を殺さなけれ

ばならないのか。あるいは桂昌院絞殺。いくら自分の陰謀を推察された(桂昌

院はあくまで推測を云ったのに過ぎないのであって吉保はいくらでも弁明でき

る)からといって、もはや瀕死の病床にある桂昌院を絞め殺すのは、そこまで

用意周到に出世街道を進んできた吉保の行動としては唐突かつ無理がある。絞

殺するにはそれだけの心理的な芝居が要る。悪のための悪という感じを否めな

い。いずれの部分も海老蔵の凄味がいいだけにこの矛盾は後味がわるい。まし

て大詰の隆光殺しの立ち廻りは、海老蔵と猿之助の顔合わせが面白いだけに残

念である。しかしこれらは原作の戯曲の問題というほかない。

 東蔵の桂昌院はさすがに吉保以下に対して品もあり、威もあり、色気もあっ

て立派。尾上右近のおさめがこの大役をよくこなしている。ことに四幕目、久

し振りで吉保と二人ッきりになってのくどきは、夫に裏切られた女の寂しさ、

将軍家側室の位どりがよく出ている。

 中車の綱吉は、時々阿呆に見えるのは戯曲の故もあるが、あまり強調しない

方がいい。市川右近の千阿弥、猿弥の曽根権太夫、家橘の吉保の父、市蔵、男

女蔵の犬役人、笑三郎のお伝の方、九団次の篠原数馬、亀三郎、弘太郎の成瀬

兄弟、笑也の松江。

 昼の最後は猿之助の「流星」。

 一面の雲海の装置に、天井から已之助の牽牛と尾上右近の織姫が別々に下り

てくるという大掛り。巳之助の牽牛が体もよく使って踊りがうまい。そこへ猿

之助が出て、三津五郎とは違って面を使って雷一家の騒動を物語る。わかりや

すく、猿之助もうまいから大拍手であるが、面を使うとわかりやすい反面、踊

りの想像力が制約される欠点もある。

 最後に宙乗り。先月の狐の宙乗りと違って軽く、嫌味なく、アッサリと爽や

か。役にもよるが、宙乗りは瞬間の驚きが命、これが本当の面白さである。

 夜の部は猿之助初役の「荒川の佐吉」。

 今日では仁左衛門の佐吉が、目の不自由な子供の卯之吉に教えられて人間の

自由を悟り、今までの自分自身に勝つ人間成長ドラマとして傑作であるが、猿

之助の佐吉は、三代目猿之助(現二代目猿翁)の沢潟屋一流の佐吉。同じテキ

ストながらこれでいくと佐吉の口惜しさ、復讐心が中心になる。したがって見

せ場は三幕目の大工辰五郎の内ではなく、大詰相模屋政五郎と丸総のお新との

対決になる。ここの猿之助のタンカ、泣き笑いが一種独特で、先代を学んでう

まい。前半もうまいがなんといってもこの場で堪能した。隅田堤の引込みもう

まい。猿之助先月に続く大当り。

 中車の相模屋政五郎は、風格はともかくも佐吉を説得するせりふがうまく、

思いがけない上出来で、猿之助の佐吉によく対抗している。巳之助の大工辰五

郎が情に流れず巧みに舞台を締めて好演。

 海老蔵の成川郷右衛門は、序幕は二千石の侍に見える人品のよさで、この男

がヤクザの生き方に共鳴するとは思えなかったが、二幕目で凄味が出て、清五

郎を一刀のもとに殺して、悠々と謡ながらの花道の引込みは立派な出来である。

 猿弥の鍾馗の仁兵衛は序幕の郷右衛門への当てこすりが客席によく届かず、

二幕目は立派過ぎて落魄無残の焦燥感がうすい。

 お新の笑也はいいが、米吉のお八重は子供っぽい。門之助の清五郎はちょっ

と出るだけだが、この芝居の人になっている。

 全四幕ほとんどつなぎや暗転で休憩なしの二時間余り。そのせいでもないだ

ろうが、舞台に真山青果らしい芝居の濃密さ、重厚さがうすい。

 このあと「鎌髭」と「景清」。

 何年か前に新橋演舞場で見た「寿三升景清」は、歌舞伎十八番のうちの四つ

の「景清」を組み合わせて通しにしたところが、脚本の川崎哲男、松岡亮のウ

デの見せ所だったが、今度はそのなかの二つを独立させた。松岡亮の脚本、藤

間勘十郎演出・振付。一幕物として見ると他愛なくつまらず、かといって同じ

ような祝祭劇、せめてどちらか一本でよかった。

 「鎌髭」は全て「暫」仕立てで見栄えがしない。なんで鎌をとぐのか、景清

が縄にかかるのかもよくわからず、ドラマの構成がしっかりしていないのが目

立つばかり。海老蔵が白塗りから二本隈にかわった顔の立派さを見ればそれで

すむ。

 左団次の三保谷以下、万次郎の女鯰はじめ、亀三郎、九団次、巳之助、鷹之

資、尾上右近、米吉、市蔵と一座総出だが、なかでは市川右近の猪熊入道だけ

が面白く、客席に笑いと愛嬌を振りまいている。

 つづく「景清」は、前半猿弥の岩永を意休に見立て、笑三郎の阿古屋を揚巻

にしての「助六」もどきは智恵がなさすぎる。聞いたようなせりふばかりの切

り貼りで退屈した。復活というととかく有名狂言の応用をするのは考え物であ

る。初心者にはなんのことかわからず、芝居好きにはまたかという既視感が強

いからで、どちらにも通用する現代的なオリジナリティがほしい。猿弥の岩永

は立派だが、笑三郎の阿古屋は気張りすぎ。右之助の女郎屋の女主人がいい。

 後半、猿之助の畠山重忠が出て、景清との「男と男の取引」になる平和談議

が、今日の世界情勢のなかでいえば時代遅れの議論でよくわからず、大いにダ

レる。ここも早く海老蔵がにらんでくれないかと思うばかり。しかしやっと牢

破り(これも畠山が錠前を切ったのだから景清の牢破りとはいえず、なんでそ

うするのかもよくわからない)になって大立ち廻りになると今度は海老蔵が目

ばかりむく大安売り。

 歌舞伎十八番は「助六」や「勧進帳」などごく一部しか台本が残っていない

から、なにをやってもいいようなものだが、折角の復活上演、市川宗家を守る

海老蔵は後世に残るような決定版をつくってもらいたい。それにはもっとも大

事なのは「ショウ」ではなく「中味」であり、「格」である。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る