2016年7月国立劇場

魁春の傑作「柳」

 

 十三年前、魁春の「柳」は、私がこれまで愚劇と思ってきた先入観を一挙に

粉砕した傑作であった。その詳細は拙著「批評という鏡」に収めてあって、今

度も基本的にはその感動に変わりがない。山田庄一補綴。

 しかしあれから十三年、魁春の芸は円熟してその光彩昔日の比ではない。

 序幕紀州熊野山中の茶屋も、前回は通り一遍であったが、今度は娘姿のお柳

の若さの色気が芝居になって豊かな味が出ている。

 しかしなんといっても眼目は二幕目の平太郎内の場の世話女房姿である。黒

襟、お納戸色の石持ちの着付け、手拭をかぶった魁春の姿が、その味わい光り

輝いている。その立居振舞は見ているだけで歌舞伎そのもの。この味わいが分

らぬ人は所詮縁なき衆生というほかない。

 前回もそうであったが、一人舞台になっての「我こそ」と向うをジッと見て

二重から片足を落すキマリ、あるいは「柳の姿と変じ」と座ったまま自分の体

を見るところの姿が味わい深い。

 しかし今度さらに目についたのは、下手の壁へ消え込むところと、上手仏壇

の下に仕掛けで消えるところの二ヶ所である。二ヶ所ともに後へ下がって行く

のだが、その前に一度二重の縁端近くまで出てくる。この前出てくるところが

二回ともに無類の迫力であった。前回よりも風格が格段に増した結果である。

 この柳の精は、葛の葉の狐と対比されることが多い。現に芝居のなかでも柳

の精が葛の葉を引用する。しかし柳の精と葛の葉の狐は全く違う論理に生きて

いる。葛の葉が動物、柳の精が植物という以上に二つの役は違う。その違いは、

葛の葉の狐と保名の報恩関係という人間らしい関係であるのに対して、柳の方

はそういう人間的な夫婦、親子といった関係よりも、自然の柳が天皇のために

切り倒されるという大きなテーマによる。ここでは「死」が問題であり、自然

と人間社会、それも天皇制という王制の問題が大きい。その運命的な宇宙的な

関係は葛の葉の個人的な関係をはるかに超えている。したがって柳の引き抜き、

宙乗り、そのほかのけれんの技法が大切になってくる。魁春の古風な持ち味が

それらの技法の古風さによく似合っている。

 ただ今度の舞台で残念だったのは弥十郎の平太郎というミスキャストである。

平太郎は白塗りの和実の役、弥十郎に無理だった。前回の錦之助―――当時は

信二郎の平太郎が傑作だっただけに余計残念。弥十郎本人も迷惑だろうが、観

客も迷惑。折角の魁春の「柳」が興味半減になってしまった。一座のなかには

秀調がいて、その進の蔵人をやっていてほどのいい出来であるが、この人こそ

平太郎のニンである。この人が平太郎で、弥十郎が蔵人に廻るのが本役である。

 母は歌女之丞。前回の歌江に比べて情が薄い。松江の季仲、橘太郎の運内。

 高麗五郎、松太郎、大蔵三人の杣が手揃い。

 前回同様寿治郎の三味線が木遣りでいい音を聞かせる。

 この前に新悟の「解説」がある。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る