2016年8月国立小劇場 

第二回研の会

右近の勘平

 

 尾上右近初役の勘平がいい。

 むろん弱冠二十四歳の初役、完全とはいえないが、七月歌舞伎座の「柳沢騒

動」でおさめの方を当てたばかりの女形が今度は立役の勘平と聞けばだれでも

驚く。ところがこれが意外に上出来である。八月七日、国立小劇場。右近主催

の勉強会「研の会」の第二回目の公演。

 この勘平の良さは、第一におっとりした風情のあること、第二に丁寧に教わ

った型をよく研究していること。そして第三に初役にしては動き、せりふ廻し

に嫌味や違和感のないこと。

 むろん問題もある。順を追って書いていく。

 五段目の鉄砲渡し。浅黄幕が落ちて笠をとったところ、瓜実顔に化粧がうま

く合って、やつれた頬のあたり、いかにも勘平らしい。千崎との出会いに熟れ

た味がないのは初役故仕方がない。なかでは「これはしたり」がすんなりいっ

たことが取り柄である。花道の引込みは、雨音が聞こえて火を見て笠で隠すの

はおかしい。雨音が聞こえたらば火など見ずとも自然に火を消すまいとするの

が生活の知恵、ここらがまだ段取りで世話の味が未消化である。

 廻って二ッ玉は、この勘平一番の出来である。すなわち「猪撃ち止めしと」

の花道の出は七三でもう一発撃って足を割るところは普通であるが、そのあと

火縄をとって丸く廻して輪を描く、その闇に浮かぶ火の輪が実にきれいな円で

印象的だった。六代目菊五郎以来いろいろな勘平を見たがこんな美しい火の輪

を今まで見たことがない。そんなことはどうでもいいと思う人もいるかもしれ

ないが、本人が型の些末なところにまで気を使っている創造している証拠だと

私は思う。

 本舞台へきて黒御簾の前で一度止まってそれとなくきまるのは珍しいが、こ

の形がまたニューときまって意外に風情があっていい。さらに掛け稲の水を切

ってのきまり、定九郎を打った山刀を裾で拭いてのきまり、細引きをさばいて

のきまりの三つのきまりは、とかく同じになるところを仕分けのは大手柄。そ

れぞれに違った柔らかさ、味わいがあって、ここが今度の勘平の白眉である。

 花道七三へ行っての、あの金を千崎にという思い入れは手の動きがぎこちな

い。つづく花道の引込みは、雲の上を踏むがごとき形は出来ているが、惜しい

ことに肝心の気持ちが伴っていない。殺人、窃盗と侍にあるまじき罪を犯した

人間の恐怖が出ていないのである。

 普通はここで舞台が廻って六段目になる。そこが廻り舞台一つで目の前で世

界ががらりと変わる歌舞伎の面白さであるが、どういうわけか今度は幕を引い

てツナギで六段目になる。

 勘平花道の出は、「お駕籠でもあるめぇじゃあねえか」が、この若さで違和

感がないのには一驚した。「ハテ、なんであろうと」のせりふはなんどりした

ところに毅然としたところがあっていい。「その様子聞こうかえ」と前へ出る

ところは口伝通りをそのままやっていますという感じがする。そういい男ぶら

ずともいいのではないか。

 縞の財布を見るところはこの幕前半の山場であるが、ここは一通り。あえて

云えば形にとらわれていて切迫感がうすい。

 「いっそ打ち明けありのまま」は、まだ内心の煩悶、おかるへの哀惜十分で

はない。これからだろう。

 与市兵衛の死骸が運び込まれて、本文でいけば驚かないというのが理屈だが、

それでも勘平にはとうとう来たかという改めての動揺はあったはず。少なくと

もそれがないと芝居の運びが崩れる。理屈は理屈、芝居は芝居である。

 「五体に熱湯の汗を流し」は、大車輪大芝居であるが気持ちが上滑りしてい

る。しかし二人侍が出てからの屏風を立てて後ろへ囲ってのきまりは、この幕

一番の出来。緊迫感はともかくも、柔らかく、ゆったりと色気のある風情が出

た。冒頭で指摘した通り、こういうところの風情が今度の右近の収穫である。

 腹を切っての述懐は、違和感がなく、さらさらと淀みのないところがいい。

しかし問題が二つある。一つは「色に耽ったばっかりに」が恥ずかしいという

気持ちだけなこと。むろん勘平にとって恥には違いない。しかしそこを色気で

見せるのが、この件りの入れ事を考えた人間のミソだろう。

 もう一つは、ここに限ったことではないが、この人のせりふが時々口の中に

籠ること。そのためにせりふの音が濁って聞こえる。これはせりふ廻しの工夫

で治す努力が必要だろう。

 以上右近の勘平には、独特の風情のあること、型をよく研究していることが

その特徴である。

 ほかの役を登場順にいうと、まず種之助の千崎がきっぱりしていい。蝶十郎

の与市兵衛は義太夫味が薄い。染五郎の定九郎は、線を太くというつもりだろ

うが意外にすっきりせずもっさりしている。

 六段目になって、上村吉弥の一文字屋お才はすべて京都弁を使う型。この人

にしてはこのくらいの出来は当然だろう。橘太郎の判人源六は、軽くていいが、

舞台のテンポを弾ませようとして、無暗に江戸ッ子がるのが目立ちすぎる。い

くら江戸風にしても「忠臣蔵」は義太夫狂言、そこらの兼ね合いが難しいのだ

ろう。

 米吉のおかるは、最初にお才と源六に茶を出すところが無造作すぎる。今日

身を売る女の哀しさがない。この心持が入っていれば二人の視線に自然と顔を

盆で隠すしぐさが出るはずだが、ハラが出来ていないためにただの段取りにな

っている。そのあとは普通であるが、門口の源六に煙草盆を渡してからの見せ

場もとかく段取りになりがちである。

 菊三呂のおかやが勘平を除いてこの六段目中第一の当たり。配役を知ったと

きはどうかと思ったが、義太夫のせりふ廻しといい(もつとも多賀之丞のうま

かった「わっぱさっばのその中へ」はサラサラやっていて味がないが)、芝居

の手強さ、呼吸の緩急、まことにいいおかやである。ことに勘平と二人っきり

になっての芝居はいい。いつもはダレルこのところを右近が何とか乗り切れた

のは、この人のおかげである。この人が勘平の窮状、切迫感を作ったからであ

る。大殊勲賞。

 染五郎の不破は、本来勘平役者のこの人には気の毒な役回りであるが、調子

を抑えて舞台を締めている。

 このあとは「船弁慶」。

 勘平の大当たりに引き換えてこちらは面白くない。

 右近の前シテ静御前は、下手揚幕から出たところこれが本役という美しさ。

しかし都名所の踊りそのものは面白くない。見ていて余情がないのは、見てい

るこっちにも勘平のイメージが残っているからだろう。いうまでもないが歌舞

伎には役柄によるニンがあって、その本役が大事である。役者は本役の役柄に

よって身体を改造しなければならない。女形ならば女形の身体が出来ていなけ

ればならない。それを女形と立役と両方を同時にやるというのは、九代目団十

郎や六代目菊五郎のような天分と力量があって初めて可能である。そう簡単な

ことではない。現に右近も後姿は男になっている。それでは自分の本役はなに

か、そこを見極めるのがこの人の今後の課題だろう。

 二役知盛は、隈取の顔が実にきれいだ。引込みになって花道で客席を振り向

いて真ッ赤な舌を出したところは絵のようであった。しかしこれは生きている

人間の顔であり、ただの絵としての顔であって芸の作る美しさでも、亡霊の凄

みの顔でもない。この役は亡霊の上に波の上に現われるところが難しいのであ

る。

 染五郎の弁慶、種之助の舟長、橘太郎、吉弥の舟子。

 鷹之資の義経が場内にビンビン響く美声、名調子でお父さんそっくり。その

上これまでこの人の丸顔がお父さんに似ているとは一度も思わなかったが、今

度の義経の幕切れに決まった瞬間の横顔がお父さん生き写しの面影を見て思わ

ず胸が熱くなった。

 長唄は巳津也巳太郎。

 ところで最後に一言。知盛で引込んですぐに知盛の扮装のまま花道を戻って

きて舞台で挨拶をするのはよくない。自分の主催公演、精一杯の努力の結果、

一言いいたい気持ちはわかるし贔屓も期待しているだろう。彼の曽祖父六代目

もよくこの幕外をやったのを見た。しかしそれには工夫がいる。歌舞伎の芸は

一瞬の幻、折角作り上げた知盛の亡霊のイメージを一瞬にして壊すからである。

せめて鬘をとって素顔になって幕を引いて切り口上をするくらいの工夫をすべ

きである。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る