2016年8歌舞伎座

惜しい「弥次喜多」

 

 七月歌舞伎座で海老蔵と組んだ猿之助が今度は染五郎と組む。この顔合わせ

が新鮮で面白い。演目は新しい「弥次喜多」。染五郎の弥次郎兵衛のとぼけた

味、猿之助の喜多八の器用さうまさが対照的だからである。大詰の二人の宙乗

りなど染五郎がオズオズしながら何度も宙乗りをして冷や冷やさせながら、猿

之助が悠然とあわてず騒がず宙を飛ぶ。芸風の違いがよく出ている。

 しかし残念なことに芝居(杉原邦生構成・戸部和久脚本、猿之助脚本・演出)

が面白くない。故郷を逃れて伊勢へ行こうとする若殿と家来が、金太郎と団子

というのは御趣向だが、最初の歌舞伎座の劇中劇「吉野山」に弥次喜多が黒衣

の後見で絡んで大失敗になるのは、かつての「雲の上団五郎一座」、つづく追

っかけは野田秀樹の「研辰」、お化け屋敷から絶壁の上の小屋はこれもかって

の喜劇の焼き直しで、むろん焼き直しでも面白ければいいのだが、その焼き直

し方がもとの面白さを十分に理解していない。たとえば団五郎一座は後見がは

じめから素人の弥次喜多だとわかっていなければ滑稽さが効かず失敗も生きな

い。あるいはお化け屋敷はちっともこわくないし、崖の上の小屋は一度傾くだ

けの上に、二人の動きがその傾斜につれておかしくない。これは何度も小屋が

二人の動きで傾けたり戻ったりするから面白いのだろう。二人の芸で笑わせる

見せ場がないのだ。

 唯一面白いのはラスベガスで、鯨に吹き上げられた二人がラスベガスに着い

ていきなり代役で「獅子王」を踊るところとカジノでバクチをするところが面

白いが、ここでも二人がやむなく舞台へ出るというプロセスが今一つ。これな

らば南北の「独道中五十三駅」のいつもはカットされる沼津村芝居の方がずっ

と面白い。

 折角二人の顔合わせ、もっと大爆笑できる芝居での第二作がほしい。

 市川右近以下、その他の出演者の中では、「吉野山」の猿弥の忠信、春猿の静、弘太郎の読売屋文春が目につく。

 第二部は、このほかに橋之助が四代目芝翫ゆかりの「紅かん」を踊る。常磐

津兼太夫、文字兵衛。橋之助の紅かんももう一つ面白さに欠ける。扇雀の虫売

り、勘九郎の朝顔売り、七之助の団扇売、巳の助の蝶蝶売、児太郎の町娘、弥

十郎の庄屋、いずれも顔を並べたというまででさしたることなし。

 これに対して舞台として充実しているのは第三部の橋之助の「土蜘」。幕開

きに田中伝十郎の笛、杵屋栄津三郎の三味線、鳥羽屋三右衛門の唄で、舞台に

初秋の涼風が吹き抜ける。

 橋之助の土蜘の精は前半凄味がある上に、「樹下石上」の件の踊りが分厚く

て堪能させるよさである。頼光のスキをうかがってキッとなるあたりも自然に

していてしかも凄味がある。後ジテも堂々たる立派さ。今月これ一番という見

ものである。

 獅童の保昌もシッカリとして引き締まった出来。扇雀の胡蝶は、艶と余裕が

あって面白く、この人昼夜五役のうち一番の出来。

 猿之助、勘九郎、巳之助三人の番卒が軽く、児太郎の巫女とともに舞台の空

気が変わる。

 頼光は七之助だが、女形だからこの顔触れの中では見伊達がない。国生以下

の四天王。

 この後に落語ネタの「山名屋浦里」。くまざわあかね原作、小佐田定雄脚本、

今井豊茂演出。

 各藩の江戸留守居役の寄り合いで、ある藩の真面目な留守居役がいじめられ、

悔しかったら情婦の一人も連れてこいといわれて、その経緯に同情した山名屋

浦里を連れて行ってアッといわせるだけの話。寄席の人情噺には向いているだ

ろうが、芝居としての立体感は不十分。たとえば浦里が心情を吐露するところ

で急に故郷の方言になるのは噺としては面白いかもしれないが、舞台になると

いかにも無理があってウソっぽく見える。ここらが寄席と芝居の違いだろう。

 勘九郎の真面目な留守居役酒井宗十郎は、ちょっと見には面白いが、人物に

深みがない。七之助の浦里は総体に気張りすぎ。内輪にやってこそ女の陰影が

出る。扇雀の上方下りの女郎屋の亭主山名屋平兵衛が変わった味で面白い。駿

河太郎の手代友蔵は芝居のイキではなく寄席の芸である。

 弥十郎以下周囲の役は手揃い。

 順が逆になったが第一部は扇雀の「 山姥」と「権三と助十」。

 「 山姥」は東京型と違って武智鉄二補綴の鴈治郎型。こうするとわかりや

すいが、幕開きに新悟の沢瀉姫と扇之丞の腰元との件、沢瀉姫と頼光との経緯

が何をやっているのか皆目わからず。これは動き思い入れの型が出来ていない

からである。橋之助の源七が座敷へ上がって三味線を弾くところで堀外になり、いつもの八重桐の出になる。

 扇雀の八重桐は、遊女上がりのやつしの風情がいいが、しゃべりはリアルす

ぎるのか面白味に欠ける。どうせ誇大な嘘八百。それらしく面白く見せる工夫

がいる。後になっては顔に隈を取ったところが妙に怖く見えるのも残念。石の

手水鉢を使わないのも損だろう。

 橋之助の源七は、柔らかさが足りず。それにこの人に限らず、源七が八重桐

の顔を見てすぐ下手に入ってしまうのは源七役者がテレからだろうが、源七が

いて、一方に姫の御前という設定でこそ八重桐の芝居が生きるし、ドラマも盛

り上がる。二人目の腰元は、一人は三枚目の方が芝居としては面白い。巳之助

の太田太郎。

 その次の「権三と助十」は大場正昭演出で、獅童の権三、染五郎の助十、巳

之助の助八、七之助の権三女房おかん。第二部の猿之助、染五郎の顔合わせと

ともに獅童と染五郎の顔合わせも新鮮で面白い。新世代の「権三と助十」。江

戸の空気は薄くなったが現代調で面白く、なかでは七之助のおかんが世話物ら

しい味があって、今月の五役中一番の出来。

 弥十郎の大家がさすがにそれらしい出来。亀蔵の勘太郎、秀調の石子伴作、

壱太郎の小間物屋彦三郎。宗之助の猿廻しは生活感がない。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る