2016年8国立小劇場

「双蝶会」

歌昇の松王丸

 

 歌昇の「寺子屋」の松王丸が吉右衛門のそれをよく学んでいる。歌昇、種之

助兄弟の勉強会「双蝶会」の二回目。演目は「車引」と「寺子屋」。吉右衛門

監修である。

 その歌昇の松王丸は、駕籠の中からの第一声「やぁれお待ちなされ」と一息

にいって「しばらァーくゥ」と沈める調子がまず初役としては十分の出来であ

る。出てきたところも黒に雪持ちの松と鷹の衣裳に、化粧がうまく、意外に顔

が線が太く引き締まって見える。ただ足元が小さくおぼつかないのは、病気と

いう解釈かも知れないが、義太夫狂言四段目の主役、ウソでもドッシリありた

い。

 「助けて帰る」の咳、門口から入っての裏見得は一ト通り。感心したのは

「無礼者め」の大見得が、とかく線の細いこの人としては思いがけない太いタ

ッチで迫力があること。この見得がこの一幕中第一の出来。ファンでなくとも

大いに満足というところであり、収穫でもある。

 この人のせりふは発声が悪いためか、とかく輪郭がぼけ、締りがない。その

ために当人大いにせりふ廻しに苦労して、そのイキを十分考えていているのは

わかるが、源蔵とのつめ開きなどもう一つである。この人今後の課題だろう。

 首実検は「でかした」と首にいって気を変えて「源蔵」と行くところの気の

かわり目が不自然なのは初役ゆえ是非もない。

 後半二度目の出からは、源蔵と刀で抑えた腰の落とし方、大見得になるまで

の大小を投げ出して指さす時の左の膝を浮かす具合、ともにいい形。細部に気

が配られているのがいい。

 述懐から泣き笑い、大落しと大過なく進むが、芸の味が出るのはむろんこれ

からのことである。

 それよりも私は歌昇が正攻法で、嫌なことを一切せずに、一字一点ゆるがせ

にすまいという思いでやっていることを大いに認めたい。芸はうまい下手より

も正確さ。これが芸にとって大事である。

 種之助の源蔵は小顔なのは是非もないが、花道七三で右足をフッと廻して止

まる具合がうまい。つづいて戸浪とのやりとりは、これも吉右衛門の源蔵をよ

く学んでいて、このとかくだれるところをとにもかくにも聞かせたのは偉い。

そうこうしているうちに、向うで「お願い」という百姓の声、フッとそっちを

見た顔が、播磨屋の家系の顔になったのは一驚した。血筋だけが問題ではない

が、この人も初代吉右衛門の実弟三代目時蔵の曽孫になのだ。

 梅枝の千代は、見る前はこの幕はこの人がさらうだろうと思ったが、意外に

も情が薄く、娘役の時のような色気がない。それだけ難しいのだろう。

米吉の戸浪は「研の会」のおかるよりも落ち着いた出来である。ただ口跡が時

々高くなるのがこういう役では耳立つ。せりふ廻しの工夫でおさえるべきだろ

う。「さがない人と思うも」を「さが」で切って「ない」といったりするのは、

やる人もいるが間違い。「さがない」で一つの単語である。

 梅乃の園生の前、蝶十郎の春藤玄番、蝶三郎の涎くり。玄蕃の「助けた咎」

は「匿うた咎」の間違い。こんな有名なせりふが違うのは耳だつ。

 この「寺子屋」の前に「車引」。

 歌昇の松王丸は、この場は締まらず。様式的な役はまだ難しいのか。梅丸の

桜丸はきちんと行儀よくやってはいるが、柔らか味が足りない。

 この幕一番の出来は種之助の梅王丸。飛び六法はまだ勢いが足りないが、二

本隈が顔に合って元禄見得、その他カドカドの見得も目いっぱい、精一杯に腰

を落とした形がいい。幕切れの裏見得は危なかしかったが、その際どいところ

まで体を責めている証拠でもある。

 又之助の時平、蝶八郎の金棒引。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る