2016年9月歌舞伎座夜の部 

名品「山の段」 

 

 十四年ぶりの吉右衛門、玉三郎の「山の段」に感動した。


 十四年前も優れた舞台だったが、今度はさらに磨きがかかって戦後に上演さ

れた「山の段」のなかで、のちにふれるように画期的、かつは今日の歌舞伎の

水準を示す古典劇になった。


 吉右衛門の大判事は花道の出がまず線が太い。花を襟に差しての出。定高に

声をかけられ戻るのはいつもの通り。「川向いの喧嘩とやら」の笑いが余裕が

あってよく、「まじりくしやつく」のきまりは左袖口を返し右手で裃の襟をし

ごく。この「国境は」のきまりは桜の枝を逆手にもって空間に線を引き、左袖

口を返す。「天地から見るときは」のはるか天井を見上げてスケールを示すの

も、悠々迫らず大きい宇宙を描いている。


 ついで二度目の出。珍しく刀を左手に立てて中合引にかかっている。せりふ

も「今朝入鹿大臣(いるかだいじん)」を「入鹿のおとど」という。ここのせり

ふもうまいが、ことに「武士の表」は聞かせる。この人の大判事はいつも「倅

が首切る刀とは」がうまいが、取り分けて今度は前回とも全く違う深いニュア

ンスを持っている。そこに大判事の人生が深く出ているからである。大判事の

年齢は知らず、おそらくは六十歳前後だろう。とすれば「五十年来」とはその

人生の大半である。成人した時にこの刀を持った。そして結婚し、息子を持ち、

妻を失い、今また息子を斬らなければならない。刀を持った時にはそんなこと

は夢にも考えなかった。しかしその運命は刀を持った時にすでに定まっていた

のかも知れない。それを今知った。それが人生の運命というものだろう。その

ことを痛切に思わせたのは、吉右衛門にして今回がはじめて。今までとは違う

深さで思わず胸が熱くなった。感動的だという理由である。


 三度目の出は、裏向きで経を読んでいる。久我助が切腹しての「一生の名残

り女が面」は前回通り。しかしやていることは同じでもせりふの深さが格段に

違うのは「不和な仲ほど義理深し、命を捨つるは天下の為」で、これはあとで

ふれる大判事と定高二人の行動にかかわる今度の「山の段」の新しい様相にか

かわる。「いえど心の乱れ咲き」の泣き上げはこの場第一の大芝居である「刀

からりと落ちたる障子」の仕方噺は、前回ふれたように自然に説明的にならず

にすむ。


 雛渡しがすんで雛鳥の首が脊山に来る。水盃の三々九度が今度は無類のうま

さであった。すなわち「千秋万歳の」というせりふが痛切をきわめているから

である。そのあとの大判事の「(雛鳥が)なんで入鹿に従おう」という毅然と

した論理と「未来で早う添わせたさ」の情がからみ合う芝居があって「過分に

存ずるコレコレコレ」というところで玉三郎の定高との気持ちの通じ合いが、

まことに確執が「溶けて流れて」見えるのみならず精神の一致が観客によく見

えるからである。ここの芝居で再び胸が熱くなる。のちにふれるがここに今度

の「山の段」の新しい発見がある。


 「倅清舟うけたまわれ」のせりふも豪快でうまい。


 対する玉三郎の定高は、十四年前の初役の時にすでに「せめて一人は助けた

さ」という定高の性根を発見して画期的であったが、今回はさらにこの性根の

つくるドラマの本質に迫る上出来である。


 花道の出はせりふがうまい。「心は別々」などはすでにその心根を底割にな

らずに聞かせるうまさである。


 圧巻は妹背山の館へ入ってから。まず坐る前の思い入れが深くてうまい。こ

こはせりふばかりのむずかしいところであるが、玉三郎はそのせりふ廻しに性

根をにじませてうまい。たとえば雛鳥の結婚相手は、「だれあろう」といって

間があって「入鹿大臣様じゃわいのぅ」という。この間が実にうまい。この間

はむろん単なる空白でなくて、定高の千万無量の、複雑な思いがこもっている。

あえていえば雛鳥への死の宣告なのである。


 もう一つ。もし雛鳥が拒否すれば「久我助は腹」で切って間がある。「切ら

ねばならぬぞや」につながる。この間もうまい。ここにはのちの「せめて一人

は助けたさ」という性根が、そのために娘を殺さなければならないという苦悩

がかくされているからである。


 せりふばかりでなく、かすかに半身に体を動かす動き、たとえば桜の一枝を

雛鳥にさしつけて半身に体を開く具合もうまい。二重のハラをもって雛鳥を説

得しようとする定高の行為、心のうちが鮮明に観客に伝わる。


 二度目の出。前回通り「せめて一人は助けたさ」が痛切をきわめていること

はいうまでもない。久我助切腹と知って「せめて一人は」という思いも届かず、

二人の親は絶望に沈むと同時に初めて「同志」としての和解が成立する。吉野

川の激流をこえての和解は、この玉三郎と吉右衛門が渾身の力で、目に見えぬ

心の応酬をするからである。ここに今度の「山の段」の大きな特徴、新しさが

ある。


 二人は子を殺し、家を捨て、国を捨てて一体なにかを守ろうとしたのか。


直接には天皇であり、天皇の寵姫采女である。それだけを考えれば二人の行動

は忠君愛国のためともいえる。だからこそ戦争中には大政翼賛会が「山の段」

を推薦作品にしたのだろう。しかしそれは表面的なものにすぎない。というこ

とを今度の「山の段」は示している。そこに今度の舞台の画期的な意味がある。

すなわち二人が守ったものは、天皇でも義理でもなく天下でもなくモラルでも

なく、実は人間としての自由なのである。子供二人の恋は単に入鹿の横恋慕

(雛鳥に対してあるいは采女に対して)ではなく、そのことによって両家が共

謀するという嫌疑がかわっていて両家にはこのままでいけば滅亡しかない。そ

のことは単に滅亡だけではなく人間の権利の滅亡を意味した。たとえ生き残っ

たとしてもそこには人間としての自由がない。二人はそのことを知って暴君入

鹿に抵抗することを決め、滅亡覚悟での反抗を考えた。そこですべてを捨てて

二人は「同志」になった。その魂の響き合いが吉右衛門の「千秋万歳の」から

の芝居になり、玉三郎の芝居になった。その感動は今まで私が見たどの「山の

段」にもなかったものであり、今度初めて達成されたものである。この達成あ

ってこそ今度の「山の段」は現代に生きる古典劇になった。画期的といわざる

を得ない。 


ただ残念なことは、染五郎の久我助、菊之助の雛鳥に色気と情がうすく、前半

がもたれること。


 吉右衛門,玉三郎二人の名演技を支えたのは脊山の竹本葵太夫慎治である。

「古の神代の昔」からはじまって、「心の険阻刀して」の力演、吉右衛門の大

判事が観客を泣かせる所は、この人の力もこもっていて、妹山の愛太夫淳一郎

を引き立ての力演ぶりは殊勲甲である。


 梅枝の桔梗はもったいない。この人は雛鳥が十分できる人である。万太郎の

小菊は三枚目の化粧をしていないために、かえって三枚目の芝居に違和感があ

る。ここは古風に三枚目の化粧で笑いを取るべきだ。


 このあと染五郎と松緑の、あまりおかしくない「らくだ」と、ショウ然とし

た長唄の舞踊「元禄花見踊」。玉三郎を芯に若手総出である。

 

 Copyright 2016 Tamotu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る