2017年1月歌舞伎座昼の部

傑出した「沼津」

 

 まるで秋の夜長に、しとしととつづく名人の人情噺を聞くような深い感動を

味わった。昼の部三番目の「沼津」である。もともと近松半二の戯曲そのもの

が傑作だからであるが、それ以上に吉右衛門の十兵衛、歌六の平作、雀右衛門

のお米、又五郎の池添、吉之亟の安兵衛、京妙の茶屋娘、竹本の葵太夫、壽治

郎に至るまでアンサンブルがあるからであり、個々の芸が今や円熟の域に達し

ているからである。

 吉右衛門の十兵衛は、まず第一場の小揚げで安兵衛を供に花道へ出たところ、

スケールが大きく、軽くて艶があっていい。七三の、「サ、来い来い来い」の

面白味から上出来である。平作が「荷を持たせてくれ」というのをうるさそう

に断っていながら、フッとその気になるところも、のちの悲劇の運命を感じさ

せる。

 客席へ下りてからは、今回はことさら明るい雰囲気が漂う。お米を見てから

の色気は思わず目を止めるあたりから色気があって、この場の引っ込みまで面

白い。

 ニセ病から安兵衛を先へやって泊まることになり、お米が布団を敷く間、縁

先へ出て柱へ寄りかかっているあたりが、この人の持ち味である。前回と違っ

て今度は明るく、色気があるのは、芸が円熟して艶が出たからである。

 後半はこの人の独壇場。

 お米のくどきをじっと聞いている間の芝居といい、平作の話を聞いてのキセ

ルをポロリと落としてさてはわが父かとジッと見つめる情愛といい、引込みの

「人間万事芭蕉葉の」のセリフの、ことに最後の一節の張り具合の名調子とい

い、前半から一転しての悲劇の翳が濃い。

 千本松原は、今回はひとしお闇が深い。平作を説得する芝居から「落ち行く

先は九州相良」の名調子、幕切れに平作に縋りつく情、ともに父子の悲劇が鮮

明になる。

 対する歌六の平作が、前回初役の時と違って大進歩。今回この幕第一の当た

りで、吉右衛門に十分対抗した。ことにセリフがいい。前半小揚げの世話の味、

しかもこれまで稀薄であった義太夫味を加えての十兵衛とのやりとりがいい。

七三で怪我をして道に張り出した松の根をののしるところは、観客が「アア、

 痛みがとれたのだな」とそれとなくわからせるうまさである。

 この場最大の難所――「しんどが利になる蒟蒻の」は、前後二回杖を背へ廻

しての動きを丁寧にやってイトにのっている。住家になってからは万端行き届

いて、お米の盗みに木槌に蹴躓いて「アッ」と気づき、さては志津馬のために

と気づいて「アッ」となる、二回の「アッ」という思い入れが流れるように一

つになってうまい。

 千本松原は、暗闇に我が子を抱きたいという立身で十兵衛の上手からの思い

入れがうまいが、欲をいえば吉右衛門がこれだけ暗闇を深く描いているのだか

ら、そうは思っても暗闇に十兵衛の姿を透かして見る芝居があればなおいい。

なにしろこの闇は父子の人生の闇、封建制度の義理の闇であって、それが池添

の刀(封建制の象徴)で皮肉にも一瞬の光りに照らし出されるところにこの芝

居一編のミソがあるからである。

 雀右衛門のお米は、くどきの思いが深くなって一つ一つの動きがただ形だけ

でなく、心で動いているのがよくわかる。ことに「わが身の瀬川」で下手向き、

懐ろ手中腰でジッとふりかえりながら、深い渕を覗き込むようにするポーズが、

かつては吉原で全盛を唄われた傾城の位を見せると同時に今の現実の絶望を表

現して印象的であった。

 又五郎の池添が幕切れを締めている。

 葵太夫と寿治郎の竹本は、文楽とは語り方も違えば役割も違うから比較には

ならないが、今の文楽にもこれだけの芸が珍しいと思うほどの出来である。

 「沼津」の前に、染五郎、愛之助の「将軍江戸を去る」と愛之助の「大津絵

道成寺」。

「将軍江戸を去る」。

 染五郎の徳川慶喜は、前回明治座の時は新鮮でよかったにもかかわらず、今

度はどういうわけか精彩がない。ことに前半高橋伊勢守とのやりとりがよくな

い。気持ちが上滑りしている。大詰千住大橋もやっていることはさして違いが

ないのに、明治座の時よりも見劣りするのは、歌舞伎座の大舞台のせいか。

 愛之助の山岡鉄太郎は言語明晰、声涙ともに下る出来。又五郎の高橋伊勢守

は陰にこもっている。

歌昇の天野八郎。あいかわらずホトトギスの声が違っている。

 「大津絵道成寺」は、洒落たもじりから段々まじめに本行の「娘道成寺」に

近づいて、二重写しの面白さは出るものの、パロディとしての面白さは薄くな

った。どっちにしてもこの洒落は現代の観客には通じにくいのだろうか。

 藤娘、座頭、船頭、鷹匠、鬼の五役を愛之助が踊り抜くが、この人にピッタ

リで、見て面白いのは結局船頭である。

 染五郎が若々しくはなやか押戻し。歌昇が弁慶。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る