2017年1月歌舞伎座夜の部

「井伊大老」ほか

 

 夜の部は、北条秀司作演出の「井伊大老」で開く。

 序幕が井伊家上屋敷奥書院、桜田門に近い堀端、もとの奥書院の三場。二幕

目が四か月後の千駄ヶ谷の下屋敷である。

 幸四郎の井伊直弼は第二場の堀端がいい。歴史の転回点に一人立つ英雄の姿、

大老という公職の立場を背負う政治家の風貌はこの人によく合っている。旧友

水無瀬六臣への真情もいいが、第三場の奥書院での長野主膳に安政の大獄に連

座した未来ある若者たちを助けられぬかというところは前回ほどではない。と

いうのは相手の長野主膳が染五郎で若すぎるためにバランスを欠くからである。

ここの芝居が盛り上がらないために、そのあとの鶴姫死去の報せに暗然たる面

持ちの幕切れが前回ほど効いていない。

 二幕目は玉三郎のお静の方とは初めての顔合わせ。前回四代目雀右衛門とは

勝手が違うようでどうも波長が合っていない。しかし今日はまだ初日が開いて

三日目、日ならずしてよくなるだろう。仙英禅師の言葉を聞いて自分の運命を

知る鋭さだけが印象に残った。

 玉三郎のお静の方は四十二年ぶりの再演。さすがに窈窕たるいいお静の方。

井伊直弼の胸元に寄り添うあたりの美しさは見もので、あたりに馥郁たる香気

が漂うが、すでにふれたとおり幸四郎と波長が合わず、どこかよそよそしく見

えて二人の心の通じ合いが客席に届かなかった。これも日がたてば芝居が熟し

てよくなるだろう。

 歌六の仙英禅師が落ち着いた出来。

 染五郎の長野主膳は無理。愛之助の水無瀬六臣は病的な陰翳のほしいところ

である。雀右衛門が昌子の方、高麗蔵の中泉右京、吉弥の老女雲の井、錦吾の

宇津木六之丞。

 このあとが舞踊二題。上の巻が富十郎七回忌追善の、鷹之資の「越後獅子」。

 もう七回忌かと思うと感慨にたえないが、これが夜の部の見ものである。ま

だ二十歳にもならぬ鷹之資が、まことにキッチリと楷書の踊りで、素直にやわ

らかくよく踊っている。これからもこの心掛けを忘れてほしくない。その横顔

に故人の面影がほの見えるだけに、泉下の天王寺屋がどれほど喜ぶかと思わず

にはいられなかった。

 下の巻は玉三郎の「傾城」。ショウ的な要素が強く、せっかくの玉三郎がも

ったいない。

 長唄は勝四郎、勝国。

 最後が染五郎初役の「松浦の太鼓」。

 染五郎の松浦鎮信は吉右衛門そのままであるが、吉右衛門にならば愛嬌にな

る「バカバカ」というようなところが、まだ若い染五郎では違和感がある。

 この一幕の傑作は、老熟した味わいを自然に見せて舞台を締める左団次の宝

井其角。嫌味なところが少しもなくすんなりその人になっている。愛之助の大

高源吾は今月この役が一番ぴったりしている。壱太郎のお縫は平凡。煎茶手前

なのは間違いだろう。こうする人もいるが、松浦鎮信は石州流で一派をなした

著名な茶人だからである。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る