2017年1月新橋演舞場

市川一門勢揃

 

 正月の新橋演舞場は、右近改め三代目市川右団次襲名興行である。

 その「口上」で、引き合わせの梅玉を除いて、新右団次、初舞台の二代目右

近を中心に猿之助、海老蔵、中車、門之助、左団次の代理の男女蔵、二代目右

団次の孫右之助と、全員が柿色の裃、鉞髷の市川家の式服で揃う市川一門の盛

儀で壮観であった。

 右団次の襲名狂言は昼に「雙生隅田川」の通しに猿島惣太と軍介の二役、夜

に「錣引」。

 「雙生隅田川」は、猿翁が近松の原作を復活してその猿島惣太の切腹が印象

的だったが、新右団次もそれを学んで各役中これが一番の出来。前半の悪の手

強さ、竹本に合わせてのカドカドのキッパリしたきまり、後半善心に立ち返っ

てから天狗になるまで一幕として十分まとまっている。

 笑也の女房唐糸は、幕開きに傾城の前身を見せるためか、のれん口から出て

棒立ちなのは世話女房らしくない。後半も情愛がうすい。

 海老蔵が地味な実事の執権武国を付き合っている。

 夜の部の「錣引」は河竹黙阿弥作、松岡亮補綴とあるが、時代背景、設定も

よくわからず、結局前半の新右団次の巡礼七兵衛と梅玉の虚無僧治郎蔵の出会

い、後半正体を現しての景清と三保谷の錣引の景色だけに終わった。もう少し

何とかなりそうなもので物足りない。

 二人の他に友右衛門の平重衡、家橘の住職、壽猿の平経盛、米吉の伏屋姫、

九団次の木鼠次段太。

 昼の「隅田川」に戻ると、猿島惣太の住家を二幕目にすえて、前は発端比良

ヶ嶽山中で、広松の天狗が猿弥の吉田家の執権景逸と心を合わせる一場。続い

て序幕第一場が京都吉田家の奥殿で松若丸が天狗にさらわれ、門之助の吉田少

将が殺される。次の吉田家下館で、梅若丸が鯉魚の一軸に目をいれたため、鯉

が生き返って庭の池へ逃亡。その責任を問われた梅若丸が出奔。重なる不幸に

猿之助の斑女御前が物狂いになり、責任を取って男女蔵の奥家老淡路前司が切

腹する。と、こう書けばおわかり頂けるだろうが、近松の原作の序段、二段目

を手際よく一時間にまとめて、三段目の惣太の内につなげてある。石川耕士補

綴。そのためにむろん原作の面白さはうすくなったが、筋だけはハッキリして

わかりやすい。

 猿之助の斑女は、物狂いになるところが脚本上カセの掛かり方が弱いのと、

演出で斑女に絡むのが米吉の色裃の近習一人のために芝居が引き立たない。こ

こらに一工夫あると芝居が盛り上がっただろうに残念である。

 このあともふくめて、初舞台の右近の松若丸と梅若丸の双子の二役が大出来。

まだ幼いのに芝居がしっかりして、イキを十分のみ込んでいて危な気がない。

 中車の大江匡房、男女蔵の淡路前司、猿弥の景逸、弘太郎の藤内。

 二幕目の惣太住家は冒頭に触れたとおり。

 続いて三幕目は近松の斑女道行を見せて隅田川。猿之助の斑女はこの場がよ

く、清元の「隅田川」が見たいと思った。船頭は原作通り唐糸で笑也。この場

の終わりに天狗になった惣太が松若を連れて来て、惣太の天狗、松若丸、斑女

の三人宙乗り。観客大喜びである。

 最後が、この原作にもある鯉魚の一軸から初代右団次以来の高島屋の当り芸

「鯉つかみ」をもって来たのはうまい思い付きでもあり、新右団次大奮闘でも

あるが、何しろ劇場の外は折あしく寒の入りという寒気到来。見た目にも本水

が寒い。

 夜の部は最初が海老蔵二度目の「義賢最期」。この人のニンにある役だが、

兄義朝のしゃれこうべを蹴られずついに自滅を覚悟する義賢の性格がもう一つ

鮮明でない。待宵姫との木戸口での生き別れも深い悲しみが出ず、立ち廻りは

あざやかだが、瀕死の表情がとかく形に流れる。

 右之助の葵御前、笑三郎の小万、市蔵の九郎助、米吉の待宵姫、中車の多田

蔵人。

 「口上」があって「錣引」。

 最後が猿之助の「黒塚」。またかと思ったが、この「黒塚」がいい。芸の上

ではこの興行第一の見ものである。

 初代猿翁、二代目猿翁そしてこの猿之助とつづいた「黒塚」であるが、この

人が前二代よりもいいのは二つの理由による。一つはこの老女の人生が鮮明な

ため。もう一つは例の第二場の月とたわむれる踊りが、けれん味、嫌味がなく

て、すんなりと面白いためである。

 この老女はもと都の生まれ。父が流罪になって東北へ下り、そこで結婚した。

ところが夫は都にあこがれて彼女を置き去りにする。その恨みがつもりつもっ

て老女を鬼にする。そういう女の寂しい女の一生が猿之助だとまことに鮮明な

のである。初代猿翁、二代目猿翁よりも女の哀れさ、孤独の哀しみがよく出て

いる。二代の猿翁は二人ともに立役専門だったからかも知れないが、最初から

どこか薄気味がわるかった。それはそれでもいいのだが、そうなると女の一生

は出にくい。現猿之助にはそこのところがよく出ている。

 その老女がなんとか罪業からのがれて自由になった踊りが第二場である。猿

之助のよさはそういう性根もさることながら、踊りの手ぶりがうまさに流れず、

素直に、すんなりと面白いことである。これでこそ自由になった女の手ぶりで

あろう。

 新右団次が阿闍梨、門之助と中車の山伏。猿弥の強力がまことに軽妙でいい。

長唄は今藤尚之、稀音家祐介。琴は中島靖子、尺八は酒井師山。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る