2017年1月浅草公会堂

巳之助の「吃又」

 

 去年一月の「毛抜」のヒットにつづいて、巳之助の「吃又」が力演である。

 「吃又」は七代目三津五郎以来、大和屋の当り芸。ことに巳之助の亡父十代

目三津五郎が独特の又平をつくった。その独特さは二点ある。一点はごく普通

の好もしい青年がただ言葉が不自由なばかりに出世出来ない悲劇。このごく平

凡な、普通の好青年というところが十代目の特徴であった。巳之助もそれをよ

く学んで、たとえば花道を出て二度振り替えるあたり、弟弟子に先を越された

話を聞いての、絶望の度合はまだ薄いものの、人柄の良さがうかがえる。

 もう一つは、言葉が不自由なことを体全体で表現すること。これは他の人に

はない十代目の特徴であった。最初の「お願い」から喉をかきむしり、身もだ

えするところまで全身で不自由さを表現する。巳之助はまだせりふの研究が足

りず、力みすぎるところがあって、せりふが鮮明でないところもあるが、父の

独特さは確実に伝わっている。

 以上二点が巳之助の特徴。それに踊りがうまい巳之助らしく「さりとはつれ

ないお師匠さま」で将藍を指さすところの形がいい。形に心がこもっている点

では、「名は石魂に止まれと」で右手の筆を手前に立てての見得も迫力があっ

ていい。台頭の舞は、踊りのうまい人だけに他にない面白さ。幕切れの繪面の

見得まで力演のあまり怒鳴りすぎるところを抑えればいい又平である。

 壱太郎のおとくは巳之助につれてこれも車輪で「手も二本」あたりは怒鳴り

合いになるのと、この前後の捨てぜりふが大きすぎる。普通のせりふと捨てぜ

りふとは違うべきである。

 土佐将藍は大谷桂三、北の方は歌女之丞。

 隼人の雅楽助はキリッとしていいが、引込みに又平を飛び越えるときに奇声

を発するのはよくない。梅丸の修理助は丁度ころ合いの歳ばいである。山左衛

門の百姓が幕開きのトーンをきめていい。

 大道具は上手障子屋体の前に石段をつけるのは、足が悪かった十三代目仁左

衛門の時から慣例になってしまったが、本当はないほうがいい。こうすると将

藍が中央へ戻れなくなって又平の芝居が上手へよりすぎるからである。

 これに続いて昼の部は踊りの「吉野山」。

 壱太郎の静御前がこの人近頃の大当たりである。花道へシトシトと七三へ歩

いていく風格、品格のよさに思わずアッと思ったが、「弓手も馬手も」の野道

の描写、「雉子のぱっと立つ」の大きなあでやかさ、「我は恋路に」の深い恋

の想いといずれもリアルさがあって心の伝わるよさである。本舞台へ来てから

の「谷の鶯」はまだ莟の花であるが、「雌雛男雛」のあとの「宵に寝よ」とは

十分色っぽく、花道の出の「我は恋路に」の想いにつながっている。引っ込み

もまことにたっぷりといい。新鮮で品格の大きい静であった。

 松也の忠信は、花道にスッポンがないため一度暗転になるのは仕方がないが、

狐手で本性を効かせるところが妙に女性っぽく、その反動で忠信を武張ろうと

するのか、違和感が目立つ。ひたすら振りに忠実に踊ろうとする壱太郎と違っ

て、芝居を観客に説明しようとするためか。

 巳之助の早見藤太がいい形を見せて一服の清涼剤。清元が延寿太夫菊輔、竹

本が泉太夫松也。

 夜の部は「角力場」、「鈴ヶ森」、「棒しばり」の三本立。

 「角力場」は、錦之助の濡髪にさすがに一日の長があって立派に見えるが、

化粧のせいか目が小さく見え、与五郎のために一身をささげる覚悟と、そうい

っても角力を振った後暗さ、立て引きをする周囲への心配りが足りない。松也

の放駒は今月この人の三役中では一番安定している。

 隼人の与五郎、梅丸の吾妻、国矢の茶屋の亭主。勘之丞の平岡郷左衛門、大

蔵の三原有右衛門が舞台を締める。

 次の「鈴ヶ森」は、錦之助の長兵衛がもともと二枚目役者のこの人にどうか

と思ったが濡髪とは打ってかわっていい。性根が通っていること、カドカドの

芝居、せりふ廻しともよく研究されて嫌味なところのないいい長兵衛である。

 隼人の権八は眼光が鋭い。大勢の雲助を斬る若者、腕の立つのは知れている

から凄味が悪いとはいわぬが、それでも権八は前髪の若衆役、和事の柔らかさ

がなければならない。それには体が堅いのと眼が鋭いのが邪魔になる。性根を

抑え、体を整えればおのづから目も柔らかになるはずである。それには柔らか

さを研究する必要がある。

 例えば最初の花道七三での刀を流してのキマリ。ここは大抵の人がツケを打

たせるが、ツケを打たない型もあるので、体の柔らかみのない隼人の体ではツ

ケを入れない方がいいのだろう。そういう工夫があるべきである。国矢の飛脚、

勘之丞、山左衛門以下の雲助。

 最後が「棒しばり」。

 比較するのは無理だが、勘三郎と三津五郎の「棒しばり」の面白さ、勘三郎

を失った三津五郎が次郎冠者に回っての神韻渺々たる舞の面白さを思わず思い

出してしまった。同じ作品、同じ振り付けなのにこうも違うのかと思ったから

である。この違いはうまい下手にあるのではない。名人上手あるいはベテラン

と若手の差にあるのでもない。志の違いにある。

 松也の次郎冠者、巳之助の太郎冠者ともに、観客に受けようとだけ思ってい

る。むろん歌舞伎は受けてなんぼのものである。勘三郎、三津五郎が全く受け

ようと思っていなかったわけでもない。しかし勘三郎と三津五郎にとってはそ

れよりも一筋、客がいよがいまいがひたすら踊りの振りに忠実であろうとする

志があった。それが二人の芸が私たちを感動させた大きな理由である。彼らは

受けなくともいい、ただきちんと行儀よく踊ることだけを心掛けていた。それ

を私は志という。むろん志があっても客が入らなければ仕方がない。今はそう

いう時代である。まして若手の彼らにすれば、入らなければ来年ここで芝居が

できるかどうかわからない。そういう瀬戸際だろう。それは十分わかっていて

も、だから志を捨てていいとはいえない。志を捨てれば「棒しばり」は踊りで

はなくたちまちただの笑劇になるからである。

 隼人の曽根松兵衛、長唄は巳津也、要二郎。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る