2017年1月国立劇場

「しらぬい譚」

 

 歌舞伎の埋もれた狂言でいいものはまだいっぱいあるのに、なぜ前回国立劇

場で上演された時にもあまり好評でなかった河竹黙阿弥の「しらぬい譚」が正

月に選ばれたのか疑問に思ったが、原作の柳下亭種員からの新脚本らしく看板

からは黙阿弥の名前も削られている。しかし大体長編小説の劇化はあまりうま

くいったためしがない。

 今度も物語の筋を通すのに急で、役者の仕どころ、観客の見どころが少ない。

結局菊之助の美少年ぶりと二度の宙乗りだけの芝居になってしまった。

 発端はいきなり九州沖の海中に沈められた鐘に菊之助の若菜姫が天井から宙

乗りで降りてくるところから始まる。それが居所がわりで今度は山奥の彦三郎

の土蜘蛛の精の術ゆづりになる。見た目も新しく彦三郎のせりふが明晰なので

発端としてはまず新鮮で目新しい。

 つなぎで序幕第一場博多柳町の廓になる。

 亀三郎の菊池貞行が、亀蔵の奸臣大友刑部のすすめで、右近の傾城にほれて

遊興にふけっている。そこへ菊之助の前髪の若衆に化けた若菜姫が仕官を願っ

て鳥山秋作と勝負になる。いずれもニンにはまっているが、仕どころがないか

ら歯ごたえがなく、サラサラと済む。

 次が二幕目博多の菊地館。ここへ菊五郎の鳥山豊後之助が、生締風の髪、の

し目の長裃で登場。貞行に諫言するのは「黒田騒動」の栗山大膳の当て込みで

あるが、ここも芝居として組まれていないため、それほどのこともない。黙阿

弥の「黒田騒動」の方がよっぽどよく出来ている。若菜姫はその美少年ぶりか

ら貞行に気に入られて七草四郎になり家老にまでなっている。前髪の家老とい

うのは珍しいが、無理だろう。

 つづく第二場奥庭で七草四郎が正体を現し、秋作に毒気をふきかけ、幕外で

宙乗りになる。ここで菊之助の客席を縦横に飛ぶ宙乗りを見せる。これもいつ

ぞや松緑が見せた宙乗りのままである。

 三幕目は、病気の秋作の乳母秋篠が命を捨てて秋作を回復させるところであ

る。黙阿弥の「しらぬい譚」ではもっとも有名なところ。これまで私は二代目

鴈治郎と七代目梅幸の秋篠で見たが、今度は時蔵の秋篠で台本・演出ともに全

く新しくなっている。それはいいのだが、秋篠が秋作にほれているという「合

邦」の玉手御前の丸どり、型からセリフまでそっくりなのは面白いというより

も呆然とした。時蔵の秋篠を見ていてこれなら本当の玉手を見たいと思ったが、

「合邦」を知っている人間にはこれでは物足りないし、知らぬ人には違和感が

つきまとうだろう。一つは合邦のかわりに秋篠を刺す亀寿の息子小文治の状況

がよく書かれていないし、芝居にもなっていないからである。

 俊徳丸のかわりが松緑の秋作、浅香姫のかわりが梅枝の秋作の許嫁照葉。い

ずれもなにかいうほどの役ではない。

 一番のもうけ役は、最後に出て秋篠の本心を見通す菊五郎の鳥山豊後之助。

さすがに菊五郎のこの捌き役が立派である。

 四幕目は世話物になって京都錦天満宮鳥居前。ここに音曲の師匠お春に化け

ている菊之助の若菜姫をさぐるため、そば屋を出している団蔵の菊地家の家臣、

梅枝の照葉、万太郎の鷲津六郎らがいる。この場では幕開きそば屋の店先に腰

かけた参詣人が秀逸。菊十郎、松太郎に扇緑と梅之助、一挙に芝居の味が濃く

なる。亀蔵の謎の参詣人がピコ太郎のマネをするのはご愛嬌たが、もっと似て

いないと受けにくい。

 第二場が室町御所で、急に狛姫に化けた右近の山猫の精が出て来て万次郎の

老女をいたぶる。この場だけ見れば面白いが、これも「岡崎の猫」のもじりで

ある。

 さて大詰めは島原の塞。権十郎の海賊を味方に菊之助の若菜姫が宙乗りの活

躍を見せるが、豊後之助秋作父子のもつ鏡で正体をあばかれての詰め寄りにな

り、後日の再会を約して一座総出のめでたしめでたしの大団円。

 すでにふれた通り、筋は通っているが超特急のため芝居として堪能するとこ

ろも、感動するところも、現代性もない。いくら正月でもこれでいいのだろう

か。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る