2017年10月国立劇場

「霊験亀山鉾」

 

 もう十五年前になるそうであるが、仁左衛門がかつて演じた「亀山の仇討」

の再演である。私の感想はその折書いた(「期待外れのお妻八郎兵衛」拙著

「批評という鏡」所収)が、十五年たった今も全く変わっていない。その時挙

げた四つの欠点は今度もなんら変わっていない。変わったのは二幕目弥勒町丹

波屋の軒先につるされた祭り提灯たった一つ。それも小さくはあるが千鳥と蝶

(この二つの模様はこの曽我祭りの曽我兄弟のシンボルマークである)が描いて

あるのがいいが、欲をいえば嘘でも「御祭礼」の文字が大きく欲しいところで

あった。それ以外の私が挙げた四つの欠点はどれも南北の原作をよく読めばわ

かることばかりであって、直そうと思えばすぐにも直ることばかり。それが直

らないのは、スタッフ、キャストに原作をよりよく生かそうという気持ちがな

いからだろう。

 順に書いて行こう。

 序幕は石和宿棒鼻、石和河原返り討ち、明石機屋の三場。

 まず棒鼻は、前回と違って仁左衛門が藤田水右衛門、古手屋八郎兵衛、藤田

ト庵の三役のうち、今回はト庵をやらないので、この場は松之助のト庵。三役

早替りという趣向を考えなければ、松之助はそれらしい出来である。

 次の返り討ちで仁左衛門の水右衛門が初めて登場する。石井兵助に毒を飲ま

せて「毒殺じゃねえ」という辺りスケールが大きく、立派な大敵ぶり。色気も

あっていい水右衛門である。対する石井兵助は前回と違って今度は又五郎で、

これに弥十郎の掛塚官兵衛、歌昇の轟金六も含めてこの場は引き締まったいい

出来である。

 次の明石機屋は、前回染五郎でどうにもぎこちなかった石井源之亟が今回は

錦之助にかわって上出来。現代では性根がつかみにくい江戸和事の役であるが、

錦之助はニンにピッタリでこの場は短くしてはあるが生き返った。孝太郎のお

松は大きく成長してこれもよくなったが、時々車輪になりすぎる。歌昇の金六、

梅花の乳母おなみ。

 二幕目は、丹波屋、安倍川返り討、中島村入口、焼き場の四場。

 仁左衛門の八郎兵衛は、前回よりは官兵衛と芸者おつまをめぐっての達引が

面白く、立体的になったものの、隠亡という身分をかくしている暗さ、滑稽さ

が薄く、愛想づかしをされて門口へ出るまで本性を明かさないのは苦しいし、

役の陰翳にもなっていない。観客にもここは隠亡とはわからぬところであるが、

もっと暗さと可笑し味があれば芝居が面白くなったろう。要するに役者が立派

すぎるのだ。

 それでもここは前回に比べて錦之助の源之亟、弥十郎の官兵衛と、この三人

の駆け引きは、三人ともに引き立っていい。

 雀右衛門のおつまは前回もそうであったが、この場の芝居が平面的である。

仁左衛門の水右衛門の似顔の団扇で、さてはこの八郎兵衛が水右衛門かと気が

付くところがハッキリ立体的になっていないのは、演出のせいもある。そこで

急に八郎兵衛にほれたふりになるが、さらに鏡で二階の水右衛門に気が付いて、

急に八郎兵衛に愛想づかしをする。そこらの心の往くたてが立体的ではないの

で芝居が盛り上がらない。

 錦之助と弥十郎がいいのはふれたが、吉弥のおりきは色っぽいところがいい

が、すでに十五年前にもふれた演出の問題で、この役も手持無沙汰になるとこ

ろがある。

 次の安倍川の返り討ちは、十五年前と同じ。落し穴が二重上手でよくわから

ぬのも同様。世話だんまりが芝居の流れを止めるのも全く同じ。

 次が中島村入口は二幕目四場中で一番キズがない。もっとも狼が出て、二つ

の棺桶が入れ替わって焼場へ行くだけの幕だからである。

 四場目焼場の大道具は前回通り。

 ここになると仁左衛門の八郎兵衛と水右衛門の二役早変わりがいい。ようや

く本道へ出た気がする。おつまとの本雨の立ち廻りも、雀右衛門のおつまと共

に、この芝居一番の出来。

 二役水右衛門で棺桶を割って出たところ前回よりも立派で、指で返り討ちに

した人数を数える幕切れまで。いい出来である。

 大道具がよくないのは、前回指摘した通り。

 三幕目は明石の機屋。

 ここではさすがに秀太郎の貞林尼が場を締めていい。又五郎の袖介がしっか

りした出来で、孝太郎のお松のほか、弥十郎の仏作介、松之助の才兵衛、延郎

の西念まで落ちこぼれがなくまとまっている。

 (原作では五幕目の)馬淵縄手は仁左衛門が藤田ト庵をやらないのでカット。

次の大詰亀山城下仇討ちの場に飛ぶ。

 仁左衛門の水右衛門ははかりごとにはまったかと無念の横目が露がたれるよ

うで、無念の形相が美しい。ここらがこの水右衛門の値打ちである。

 又五郎の袖介がしっかりとしてよく、歌六の大岸頼母がさばき役として舞台

を締める。

 最後は仁左衛門の切り口上。まず本日はこれぎり。

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る