2017年11月歌舞伎座

名優揃いの顔見世

 

 十一月の歌舞伎座は、大看板の藤十郎、菊五郎、幸四郎、吉右衛門、仁左衛

門の五人の当たり芸を揃えた顔見世である。いずれも現代の歌舞伎の芸の水準

を示す舞台であり、歌舞伎ファンならずとも必見の舞台。もはや現在をおいて

は見られぬ至芸揃いである。

 まず昼の部では序幕の「鯉つかみ」を除いて、吉右衛門の「袖萩祭文」、菊

五郎の「直侍」。夜の部は仁左衛門の「忠臣蔵五、六段目」、藤十郎の「新口

村」、幸四郎の「大石最後の一日」、いずれも優劣のない当り芸であるが、ま

ず昼の部からふれよう。

 「袖萩祭文」。

 例によって「只さえ曇る」の袖萩の出からである。前半雀右衛門初役の袖萩

は、花道七三でとまって「オオうれしや、だれも見咎めはせんだか」とお君に

聞くところが気持ちが出ていていい出来である。つづいて有名な「この垣一つ

が黒金の」は、下手向き立身で手拭いをくわえてのきまりがいい。

 歌六初役の直方が、東蔵二度目の浜夕とともにいい出来である。この二人に

竹本の葵太夫、慎治が加わって、この御殿一幕前半が緊密で濃厚な出来になっ

た。ことに東蔵の「定めない世といいながら」から「憎い犬め」「今思い知り

おったか」と言外に情を含ませるところがうまく、対する歌六も、孫のお君の

せりふを無言でジッと聞く、身を斬られる辛さのハラが胸に響く。

 いよいよ袖萩の祭文になるが、ここはまだ初日が開いて二日目、三味線が十

分とはいえず、手に気を取られて心持が今一つ出ないのは残念である。日なら

ずしてよくなるだろう。

 つづいて「身は濡れ鷺」のキマリは糸立てを使わずに立身でお君を抱く。

「受けしこの身は」で左袖を見て中腰のキマリも十分の出来。この雀右衛門の

いいところである。今度の雀右衛門の袖萩のいいのは、さらにこのあとの「親

なればこそ子なればこそ」で葵太夫の竹本とも痛切を極めていること。ここが

効くために、そのあと宗任から父を殺すことを頼まれて自害の決心まで一直線

にドラマの筋が通っている。この筋が通るために、浜夕の「もうさらば」で娘

を失う女の母子二代にわたる悲しい運命が対照的に出る。

 さらに直方の切腹、門の外での袖萩の自害の「父さまにも」「娘も」の父娘

一時の死がドラマティックになる。今度のこの幕前半が緊密なのはこういう戯

曲の構成の骨格がはっきりしたためである。

 又五郎の宗任は線が太くてよく、袖萩に直方を殺せと短刀をさしつける「兄

嫁、返事は、な、なんと」が手強くていい。花道の引っ込みまで十分に堪能さ

せる。錦之助の義家は少し暗いが、ニンにはまっているのが五分の強み。

 ここで前半が終わって、いよいよ貞任の出になる。貞任はいうまでもなく吉

右衛門の当たり芸。そのスケールの大きさ、線の太さ、義太夫狂言らしい厚み、

芝居のうまさ、いまさら書くまでもないが、貞任の本性を現して衣裳がブッカ

エリになって三段に足をかけて義家につめよるところ、六法の面白さ、「押し

立て押し立て」で赤旗を客席にまで流す豪快さ、幕切れの左手に冠をもち、右

袖を巻いての引張りの見得まで。いずれもいい出来である。なかでも前回より

際立っているのは、袖萩とお君への愛憎したたるばかりなことである。両手に

袖萩とお君を抱いての愁嘆は、東北の安倍一族の滅亡とともに家族もまた崩壊

する姿の、残酷さを描いて胸に沁みる。地方の滅亡が家族崩壊につながる悲劇

は、今も変わらぬ話だろう。地方の人々の絶望が鮮明である。

 錦之助の義家は、二度目の出の白地の大口袴がこういう芝居ではかえって地

味に見える。

 こうして一時間半。吉右衛門、雀右衛門、歌六、東蔵、又五郎、錦之助、葵

太夫慎治とアンサンブルがとれて濃厚な一幕をつくった。

 次は打って変わって世話物の「直侍」。

 菊五郎の直侍は、年を考えて目尻に濃く紅を差して若やいでいる。しかし色

気や美しさではなく、リアルで細かく自由自在な、円熟した芸を見せる。自然

に芝居を運んでいて、いつの間にかキッパリした芝居になるところが、世話物

の地芸の面白さである。後から入って来た丈賀の話を聞いていて、三千歳へ手

紙を書こうと思いつくあたり、そばやの筆をかんで筆先がとれてしまって楊枝

で書くあたり、細かく芝居をしていて、本当ならば筆の穂を噛んでしまった汚

らしいところをうまく運んでいかにも面白く見せるのが、すなわち地芸のすぐ

れたところである。「世話になった」と蕎麦屋を出てトンと門口を締めて傘を

パッと差すと絵になるから偉いものである。

 東蔵の丈賀は、前の幕で浜夕をあれだけ見せた人とは思えぬ闊達さで、甲高

い目の不自由な声で、いつもの駄洒落を聞かせて嫌味がなく、観客の自然な笑

いを取っているのは、すなわち東蔵が役の人間に成り切っているからである。

 家橘の蕎麦屋の亭主、斉入の女房は、二人ともにとても初役とは思えぬ生活

感があってうまい。

 団蔵の丑松のさすがに緩急自在。前の幕の「袖萩」とは芸風、作品の違うが

アンサンブルが生きていて、「袖萩」の近松半二、「直侍」の黙阿弥の、二人

の作家が書こうとした精神が生きている。

 寮になる。清元は延寿太夫と菊輔。

 菊五郎の直次郎は、蕎麦屋につづいて自然な芸。三千歳に墓を建ててくれと

いうところが身に沁みる直侍。それにつれて時蔵の三千歳また花やいでリアル

で、「一日逢わねば」から「いとど思いは増鏡」のキマリもサラサラと見せる。

襦袢を口にくわえたところに色気が滲む。

 ここでは幕切れにちょっとでるだけながら秀調の寮番喜兵衛が、これも初役

とは思えぬ出来。いつも出ぬ前の幕の芝居を全部背負った人生を感じさせる。

「袖萩」と「直侍」の二幕。対照的な面白さである。

 昼の部第一の染五郎「鯉つかみ」は、結局最後の大滝の場の早替り、本水の

立ち廻りだけが見もの。そこへ行くまでの一時間は冗長。染五郎の志賀之助と

鯉の精二役に、児太郎の小桜姫。友右衛門と高麗蔵の家老夫婦。

 夜の部は、最初の仁左衛門の五、六段目の勘平が円熟して傑出した出来である。

 まことに薄幸の貴公子(勘平は身分は貴公子でもなんでもないが、ドラマの

なかではそう見えるところが仁左衛門のヒーローとしてのよさである)という

キレイさ。それもただ顔や姿がキレイというのではない。芸が円熟し、それこ

そ善づくし美つくしての、芸のキレイさであり、工夫したキレイさである。

 たとえば五段目の鉄砲渡し。基本は菊五郎型だから「晴れ間をここに」で笠

をとって顔を見せるだけである。しかしそこに工夫がある。はじめは正面向き

ではない。ほんのわずか上手を向いていて、笠をとると同時に下手向きになっ

て上手の上を見る。これだけの微妙な体の動きの工夫で実に横顔がキレイに見

える。この工夫が芸である。

 「向こうから来る小提灯」でも、はじめは上手を向いていて、向こうを見て

提灯の灯を見る。これだけでどんなにリアルに、どんなに姿がよくなるか。

 千崎に会っての「これはしたり」も思わず千崎の方を向いていて、「これは

したり」とジッと下手向きになる。勘平が同輩に会っての懐かしさ、それと同

時にはずかしさが出る。したがってその後の「わが身の上」でうつむく姿が居

ても立ってもいられぬ勘平の心持ちを出して印象的になる。こういうところが

姿の美しさ、芝居の面白さである。

 くどいから一々書かないが、こういう形影相伴っているところがうまい。菊

五郎型を自分流に工夫して、新しくリアルにしていていい形を見せる所が、今

度の仁左衛門の前回とは違うよさである。

 二つ玉になってからも、揚幕で一発だけ撃って七三で足の割り方もリアルだ

し、細引の扱いなどにも細かい工夫があって、それぞれのキマリが生きている。

菊五郎型でいて、その柔らかさ、色気の感覚が微妙に違う。たとえば一度花道

へ行って、あの金を千崎にというところが、菊五郎型は半握りという手つきだ

が、仁左衛門は指一本で、その指に色気があるといった具合である。当代の勘

平である。

 染五郎の定九郎は、今月この人の三役中一番の出来。線が太く来年の一月の

襲名を待たずに「幸四郎」に近づいた。

 彦三郎の千崎はキッパリとしていい。山左衛門の与市兵衛は仁左衛門に合わ

せて上方弁である。

 六段目になる。

 まず舞台が廻って、秀太郎のお才が絶品である。軽くて、張る所は張って、

勘平と面と向かっての空笑いといい、京都弁の身に付いた柔らかさ、嫌味のな

さといい、おかると勘平の水離れを早くしろと小声でいう辺りの商売人らしい

厳しさ、筋を通しての商売上手といい、立派な祇園町の女護島ほど女を抱えた

家の女将さんである。引込みに扇子で日差しをさけながら七三まで行って、あ

らためて扇子を開いて風を送りながら入る具合まで。終始いいお才である。

 松之助の源六はこれも上方弁で十分突っ込んで面白い。この秀太郎と松之助

二人で六段目の前半が面白くなった。おかやは吉弥。孝太郎のおかるはのちに

ふれる。

 勘平の出になる。

 仁左衛門の勘平は、おかるの乗った駕籠の棒鼻を抑えて駕籠のうちを覗いて

驚き「狩人の女房がお駕籠でもあるまい」と体を開き、「ハテまあ」といって

また体を開いて「戻して下され」と江戸弁ではなく、柔らかくいうところに独

特の工夫がある。

 前半でいいのはおかやに見つけられた財布を取っての空笑い。キッとなって

笑いになるところが真剣さと柔らかさが出てうまい。それからの「あのお方様

は」と母とおかるに丁寧に聞く具合、芝居の運びがうまい。

 与市兵衛が祇園を出発した時間を聞いて急に不安になり、おかるやおかやに

話しかけるところもうまい。財布を見るところは自然な運びが磨きが掛かって

いる。

 おかるとの別れは、孝太郎のおかるがいい。

 格子戸をソロソロ閉めてトンと閉め終わって後ろ向きになる背中に絶望が見

える。つづいての勘平との別れは夫婦に見えるところが偉い。むろん菊五郎型

の「とんだことをしてしまった」の入れぜりふはなく、茣蓙を巻くだけ。

仁左衛門がいいのは、「五体に熱湯の汗を流し」のところ。竹本の「天罰と」

で右膝を立て、上手、下手と天を拝むところで、髪を乱した勘平の顔の必死の

形相が美しい。ここらが今度の仁左衛門の勘平の感覚の印象的なところである。

 二人侍が来る。

 弥十郎の不破は多少実録めいている。

 彦三郎の千崎はここもキッパリしていてよく、友人を思う情にあふれている

のがよく、幕切れで手を合わせながら、思わず堪り兼ねて号泣する千崎をはじ

めて見た。いい工夫である。

 二人侍が来たところで勘平は屏風を立てる。ここは菊五郎型ほど様式的では

なく、その後で押し入れから油紙に包んだ大小を出し、ここで手拭いを口にく

わえてちょっと太刀を抜いて髪を直す運びが自然で風情がある。これが仁左衛

門の持ち味である。それからおかやに取りつかれての足を割った形が長身ゆえ

にはえてこの一幕中の見ものである。

二人侍が入って「身をへりくだり」で左手の大小を右へ廻してきまる。

 いよいよ切腹になる。ここは名調子の上にリアルな心持ちをこめて無類の出

来。「道ならぬ、道ならぬこととは知りながら」と二度繰り返すニュアンス。

「色にふけったばかりに」のはずかしさも十分。「お疑いははれましたか」も

うまい。

 「死なぬ死なぬ」の執念から血判。落入りにおかるに知らせてくれるなと手

真似でいうところまで。まことに洗練された美しい勘平である。

 次が「新口村」。

 藤十郎の忠兵衛は、身についた味わいがものをいう。すでに小昔、動きも遅

いが八十余歳の年代記ものである。

 竹の格子の陰ででジッと梅川と孫右衛門のやりとりを聞いているうつむいた

顔が絵である。

 扇雀初役の梅川は、しっとりしてよく、くどきでムリにアテぶりにしないと

いうやり方である。

 歌六の孫右衛門は徐々に義太夫狂言の味が出ていい。

 最後が幸四郎の「大石最後の一日」

 五人の大看板中四人までが古典なのに、この人一人が新歌舞伎なのもこの人

らしく、かつはこの人の長所が出た。

 前後四場。立派な大星だが、最近は綺堂のみか青果も役者がせりふを歌わな

くなってしまったが、名調子のこの人ではもっと歌ってほしい。

 仁左衛門の荒木十左衛門、弥十郎の堀内伝右衛門、染五郎の磯貝十郎左衛門、

児太郎のおみの、金太郎の細川内記。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る