2017年11月国立劇場

新歌舞伎二本立て

 

 歌舞伎座の大一座を向こうに廻して、こちらは梅玉、魁春、松緑、左団次の

無人の一座で奇手を考えている。あちらが古典揃い、定評のある当たり芸揃い

なのに対して、こちらは新歌舞伎の二本立て。松緑の「坂崎出羽守」に梅玉の

「沓掛時次郎」、ともに初役という大冒険である。

 六代目菊五郎の初演以来、二代三代の松緑の演出をうけついで当代松緑初役

の出羽守はよく研究している。

 序幕茶臼山本陣はさしたることもなく、二幕目宮の渡しの船中は出だしが堅

くて面白くないが、これは緊張のせいだろう。釣りを催そうとして、橘太郎の

三宅惣兵衛に「しかし」といわれて「しかし」と言葉を切って「なんだ」とい

うその間、惣兵衛に諭されて「ム」とまた間があって「心得ておる」。この二

つの間がうまい。無言の思い入れに出羽守の屈折が出るからである。私がよく

研究しているというのは、総じてここだけではなく、気持ちを抑える、せりふ

の間をよく二代目から学んでいるからである。この間が表情で説明するのでは

なく、むろん当て込みでもなく、表情一つ変えぬところがシャープでいい。こ

の間のむずかしさをつかまえたのは大手柄である。そのために、いつものせり

ふの単調になる癖も出なくなっている。

 ただ舟底への引込みは、もう一息の息き込みがほしい。

 三幕目第二場駿府城内表座敷も、このせりふの間によって後半この男のあわ

れさが出ている。戦争の修羅場をくぐった人間が戦後の体制に順応出来なくな

るのは、今も昔も同じ。その悲劇が鮮明で、この場が松緑第一の出来である。

 大詰、江戸屋敷は、松川源六郎とのやりとり、鬱積した怒りの表情がうちに

こもっている間はいいのだが、後半たまらず怒りが爆発してついに大事に至る

まではいささか乱調気味である。せりふが上ずって怒鳴り過ぎる。二幕目、三

幕目とともにグッと気持ちを抑えたところがいいのだから、ここもその抑えど

ころ、爆発の緩急にもう一工夫欲しいところである。

まずは初役としては上出来である。

 梅玉の家康はニンにない役をよくこなしている。二幕目茶屋敷の好々爺ぶり

はいいが、狡猾さ、政治家としての凄味がないのはこの人のニンでは是非もな

い。

 左団次の金地院崇伝は、三幕目の表座敷で出羽守をあしらうところで老獪さ

を見せていい。

 万次郎の刑部卿の局が、さすがに目立ったよさ。

 亀蔵の本多忠刻は小柄ながら芝居はしっかりしている。歌昇の松川源六郎は

出羽守大事の、一徹な青年を好演。ことに大詰の出羽守に血書を捧げる前後、

すでに死を覚悟していることがよくわかるのはお手柄である。

 梅枝の千姫は、この女の不幸な影、その反動で思わず我がままになるあたり

がまだ掘り下げが足りない

 橘太郎の家老三宅惣兵衛は控え目ではあるが、芝居がしっかりしていい。

 橘三郎の本多正信、権十郎の本多正純、松江の南部左門。

 さてここに一つの大きな問題がある。

 松緑はじめ個々の俳優の出来は決して悪くないのだが、舞台に緩急変化がな

くテンポが出ないことである。看板に「二代目松緑演出」とあって松緑のやっ

た舞台を手本にしているのはいいが、松緑の二度目にやったときからすでに半

世紀余り。時代のテンポが変わっているのだから、舞台全体を新しく見直して

まとめる人が必要だろう。新歌舞伎は古典とはまた違うのだから、それなりに

舞台のテンポを考え、この役者たちの演技をまとめればもっといい舞台になっ

ただろうに惜しいことである。

 「沓掛時次郎」は、大和田文雄演出。

 梅玉の沓掛時次郎は、見る前は当代江戸和事の第一人者のこの人にやくざ物

はどうかと思ったが、意外にも化粧がうまく、芝居もスッキリしている。

 しかし今回に限らずいつもこの芝居で思うのは、場数ばかり多くて目まぐる

しく、もう一つ芝居を堪能できないことである。序幕の三蔵の家の中と外は仕

方がないとしても、二幕目の熊谷宿、安泊り、喧嘩場、安泊り、宿外れの野道

とブツブツ芝居が切れる上に、暗転が度々あるのはなんとかならないものだろ

うか。

 ことに雪の熊谷宿の外れはあっさりしていてもう一つ身に沁みない。

 印象に残るのは大詰の野道、時次郎が太郎吉をつれての引込みのみでは情け

ない。

 魁春のおきぬは、やくざの女房らしさから時次郎にひかれていくあわれさへ

の変化がもう一つほしい。松緑の三蔵、橘太郎の安宿の亭主、歌女之丞の女房、

松江、亀蔵、菊市郎のやくざ。

 大詰めに一寸出るだけだが、楽善の八丁徳がさすがに場を締めて目が覚める。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る