2017年11月国立小劇場翔の会

富十郎七回忌

 

 富十郎逝ってはや七回忌。追善のために遺子鷹之資、愛子の兄妹が「翔之会」

を開いた。

 舞踊五番。

 最初に清元「矢車三番叟」があり、松緑が千歳を付き合って、鷹之資が三番

叟を踊った。

 はじめに三番が花道へ行って、パッと本舞台を振り返った時、そのイキ、そ

の姿、若い鷹之資に「天王寺屋ッ」という掛け声が場内に降る如く、亡き富十

郎の面影そのままであった。

 鷹之資は体つき、顔の若さも決して富十郎生き写しというわけではない。そ

れが思わず「天王寺屋ッ」といいたくなるほど似て見えるのはなぜか。亡父の

芸を取ることに成功しているからである。そのあとも私はしばしば、その横顔、

その体つきに富十郎がよみがえるのを見た。むろんまだ未熟なところは多々あ

る。それにもかかわらず鷹之資はよく亡父の芸を学んでいる。それが顔に、体

に、目つきに出る。それを見ながら私は富十郎の舞台を見ながら過ごした時間

を思わずにはいられなかった。そういうことを思わせただけでも鷹之資大進歩

である。

 鷹之資は、このあと「うかれ坊主」と「鏡獅子」を踊る。「うかれ坊主」は

さすがにまだどうにもならないのは仕方がない。「矢車三番叟」と違って、私

は富十郎の面影を少しも感じることが出来なかったが、「鏡獅子」に至ってふ

たたび富十郎が舞台に生きるのを見た。そして子が親に似るとはどういうこと

を考えざるを得なかった。むろん親子だから似るのは当然。しかしただ似てい

るというだけでは舞台には通用しない。舞台では本物の茶碗はにせものに見え、

かえって張子の茶碗が芸の力で本物に見えるという非日常的な世界だからであ

る。

 そういう世界で本当に似るのは芸の力によって似てこなければならない。そ

れには芸が身体化されていなければならない。鷹之資の場合でいえば、そうな

って見えるのは「濡れにぞ濡れし鬢水の」の立ち姿、ここは富十郎でも実にあ

ざやかに足元の鬢盥の水面にうつる姿まで見えたところであるが、鷹之資もそ

こに打ち込んで振りの意味をよく理解しているから、そのあざやかさが身に付

いている。あるいはまた「春は花見の」のところ。浮き立つような感じがよく

出ている。こういうところは本人が詞章も曲も振りも理解していて、しかも亡

父のイメージを生きているからこそ可能になっている。ふっくらとして、イキ

のあざやかだった亡父の面影がよみがえる。

 あるいは「朧月夜や時鳥」は、一度時鳥の声を聞いてからすわるところも、

そうであるが座ってからフッと視線を下にしてしまうのはよくない。視線を落

とすのは恋の想いであって、時鳥を聞くからではない。第一時鳥は中空を駆け

るので、下にはいないからである。こういうところが、形の通りで詞章も振り

の意味もわかっていないところである。今後の研究課題だろう。

 亡父の味を大切にして、しかし目標は高くしてほしいと思った。富十郎の向

こうには六代目菊五郎がいて、さらにその向うには九代目団十郎がいる。遠く

まで歩いていくためには目標は高くなければならない。芸の道は一生修行であ

る。

 後ジテは体力いっぱいである。

 胡蝶は梅丸と愛子。

 愛子はこのほかに「羽根の禿」と「越後獅子」。「羽根の禿」は、鷹之資の

「うかれ坊主」同様手に余ったが、素踊りの「越後獅子」はさわやかできっぱ

りした出来。この人には兄と違って女流舞踊家としての将来があるのだろう。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る