2017年12月国立劇場

初日の「梅の由兵衛」

 

 久しぶりの「梅の由兵衛」、しかも吉右衛門初役とあって、十二月三日の初

日を待ちかねて見に行った。

 並木五瓶の名作といわれながら、戦後「梅の由兵衛」が上演されたのはたっ

た三回。そのうち私は昭和二十三年の初代吉右衛門のそれを見ていないから、

その後の明治座の八代目幸四郎、国立劇場の九代目宗十郎と二度しか見ていな

いし、二回とも評判の割には面白い芝居という印象がなかった。しかし今度改

めて並木五瓶の台本を読んでみたらば、久保田万太郎の指摘する通り大詰の由

兵衛内の場が実に面白い。私が見た幸四郎の時はこの場がなかったし、宗十郎

の時は宗十郎の由兵衛があまりよくない上に、同じ話を扱った義太夫の「聚楽

町」の暗い感覚に近くて面白くなかった。しかしのちにふれるが、今回はこの

場が五瓶の原本に近い派手さがあって立体的で面白い。

 順を追って書いて行こう。

 序幕は柳島妙見堂、橋本、堀外の三場。

 まず妙見堂に吉右衛門の由兵衛が登場する。

 ここは原作で行くと、本舞台の金五郎の立ち廻りを花道七三でジッと立って

見ているのが面白いが、吉右衛門は茶店に小がくれするので原作ほどには栄え

ないが、お約束の鳥と鶯の着付、宗十郎頭巾の姿がいい。幸四郎は、「由兵衛

は上方の侠客」といっているが、これは誤解で由兵衛は江戸の侠客。今度の吉

右衛門が正しい。

 金五郎への意見、信楽勘十郎に百両貰うところは普通である。

 ここへ、小三、金五郎、小梅、源兵衛、伴五郎、土手のどび六、了庵と主な

登場人物が入れ替わり立ち代わり無理なく出て全員揃うところは、さすがに五

瓶のウデが冴えている。

 雀右衛門の小三、錦之助の金五郎ともにはまり役で、色気もあり、厚味もあ

っていい。菊之助の小梅はキリッとして美しい人妻ぶりであるが、小三はここ

三年の吉原芸者(今度の本では柳橋になっているが原作通り吉原の方がいい。

吉原と柳橋では気質が違う)、小梅はそれより以前に吉原芸者を引いて由兵衛

の女房になっているという年増の色気が欲しいところ。同時に歌六の源兵衛に

も、芸者時代からその小梅にほれている色気が欲しい。

 この幕の出色は又五郎の土手のどび六。明治座の幸四郎の時は、十七代目勘

三郎がさらった役であるが、又五郎もその喜劇ぶりが面白い。それにくらべて

久庵の吉之亟は喜劇の突っ込みが足りない。

東蔵の信楽勘十郎は貫目もあり、いい出来。伴五郎は桂三。

 しかしこの幕は総体に初日のために、これだけの顔が揃っていても、いささ

か五瓶の作としては薄味である。明日からは各人ともに芝居が手に入って、こ

ってりと味が濃くなるだろう。

 次が橋本の座敷。まず道具は在来由兵衛の出る上手の障子屋体が平舞台なの

を二階にしたのはいい工夫。これで上手の源兵衛、伴五郎、了庵の敵役グルー

プ、下手の小三の抱え主額俵屋才兵衛の一角、その両方に挟まれて真ん中の由

兵衛と小梅、小三金五郎、どび六の主役グループと、各自の演技エリアがハッ

キリした。しかしこの三つのグループが互いに勘どころで芝居が交錯しないの

は、折角の工夫が生きずに残念。演出の動き、各役の気持ちのからみがまだ出

来ていないからで、互いに見合ってキッとなるキマリを工夫すれば、もっと芝

居が盛り上がるのに惜しい。各人手持無沙汰な瞬間がある。

 吉右衛門の由兵衛は、「今をはじめの旅衣」がもう一つキッパリしないのは、

この頭巾を脱ぐ重大な決心―――堪忍袋が切れる熱気がまだ本意気ではなかっ

たからか。現代の観客には分り難いために仕難いだろうが、もっと大芝居であ

りたい。

 菊之助の小梅は、前の幕で源兵衛に夫と小三のことを吹き込まれて小三への

嫉妬をあおられ、それがさては小三こそ夫由兵衛の心に掛ける旧主の娘と知れ

てガラリと変わる変わり目がハッキリしない。

 雀右衛門の小三、錦之助の金五郎、歌六の源兵衛、いずれもはまり役なのに

今日はまだ手探り。

 ここでも出色なのは又五郎のどび六。一人で舞台をさらっている。

 廻って塀外。

 前半はまだテンポが出ていない。ここの幕切れ、松に上った了庵をからかい

ながらの、吉右衛門の由兵衛が小梅を連れての引込みで、吉右衛門がスケール

の大きい独特の愛嬌を見せた。ここらが今度の吉右衛門の味のあるところであ

る。

 二幕目は蔵前米屋の店先、塀外、奥座敷、大川端の長吉殺しの四場。

 さぞダレルだろうと思った米屋の三場が、意外にもトントンと運んで面白い

のは、台本、役者ともにお手柄である。

 まず店先では、序幕につづいて東蔵の信楽勘十郎がさすがに舞台を締めて余

裕たっぷりでいい。つづいて歌昇の長五郎が三枚目敵に徹していい。

 菊之助の長吉は、この人のニンにあってよく、米吉の米屋の娘お君は手紙の

間違いに気づくあたりの芝居が足りない。橘三郎の米屋の主人佐治兵衛。

 廻って塀外。菊之助の長吉、小梅の二役の早変わりがあざやかである。最初

の小梅のつけ声がテープのように聞こえるほかはいい出来である。

 さらに廻っての奥座敷。長吉が姉の小梅に頼まれた百両の金に詰まって庭先

の手水鉢を「無間の鐘」に見立てて撞くところ。隣家の浄瑠璃で「神崎揚屋の

段」を聞かせるのが趣向であるが、どこまでこの趣向が今日の観客に通じるか

心もとないが、菊之助の長吉がいいので見せ場になった。

 二幕目の最後は大川端の長吉殺し。

 ここからがいよいよ吉右衛門が本領を発揮する。今回の見どころである。

 長吉を追っかけて来た長五郎を、由兵衛が追い払って長吉の窮地を救う。そ

の長吉が百両の金を持っていると知って、今宵に迫る小三身請けの後金百両が

欲しい由兵衛が長吉にその金を借してくれと頼む。ここが吉右衛門はうまい。

この男は侠客々々といってプライドを持っているが、実は小心なのである。む

ろん自分の大切な頭巾を抵当に入れている以上、百両の金が出来なければ男の

一分が廃る。プライドか正義か。この選択の前でこの男が判断を誤るのは、ど

ちらも捨てたくないという、この男の小心さからだろう。そこを吉右衛門はう

まく見せる。幸四郎にも宗十郎にもなかった面白さである。

 当然その報いは長吉を殺した直後に来る。長吉宛ての、わが女房小梅の手紙

を発見するからである。これは運命の残酷さをいったものではない。この男の

人間性に加えられた批判なのであり、そこが五瓶の台本の面白さであり、今度

の吉右衛門が発見したところである。幕切れ、歌六の源兵衛とのからみ、吉右

衛門の由兵衛の引っ込みがたっぷりとしてうまい。

 殺しは、吉右衛門の由兵衛に対して、とかく軽く扱われがちな長吉の役を菊

之助が十分に演じて二人だちの絵になっている。もともと原作ではこの大川端

は一場であるが、二杯道具にしてその道具替りの間、二人が客席を歩くという

大サービス。観客大喜びである。

 大詰は、由兵衛の内、次が泥試合の二場。今回の泥仕合はきれいごとに梅林

を背に由兵衛と孫兵衛の切り合い、そこへ小三、金五郎、小梅の主だった人間

が出て切り口上になる。

 さて、その由兵衛の内。ここが原作でも眼目であり、今回第一の出来である。

そもそもこの場は四つのシーンに分かれている。第一のシーンは、由兵衛の出

から小梅とのやりとり、第二のシーンは、由兵衛が源兵衛と金五郎の兄金谷金

兵衛の両方に責められての詰め開き、第三のシーンは、源兵衛と小三の親方額

俵屋才兵衛に由兵衛が小三の金を催促されての詰め開き、そして最後の第四の

シーンはもとへ戻って由兵衛と小梅の離縁話である。

 この四段の詰め開きが五瓶のもっとも苦心したところである。いかにも歌舞

伎らしく派手で、様式的なドラマツルギーで芝居を盛り上げていくところであ

るが、今度は金兵衛の役をカットしたのが残念だった。

 吉右衛門の由兵衛は、前幕の人間像をひいて、この第一のシーンの出から仏

壇へかかるあたりが、自分の判断の誤りに打ちひしがれた人間像を描いてうま

い。くどいから一々書かないが、五瓶が手を尽くして書いた、表面の意味とそ

の裏面にかくされた二重の意味のせりふ、思い入れを十二分に生かしていて面

白い。たとえば思わず「南無阿弥陀仏」と口から出てしまってそれをいいまぎ

らわすあたり。観客は事件の経緯を全て知っているから、それがビンビン胸に

くる。

 第二のシーンはカットで第三のシーンに移っての源兵衛との詰め開きも面白

く、圧巻は最後の小梅に去り状を書くところ。黒御簾の独吟(この独吟がいい)

「春の夜の」になって去り状を書く思い入れの芝居、それから菊之助の小梅と

のハラの探り合いは、ついに小梅に「イヤになったぞ」(このせりふが五瓶の

うまいところ)といってあきもあかれもせぬ夫婦が別れるまで。緊迫したウラ、

おもてをいいまわしてうまい。これでハラは十分だから動きにひと工夫あれば

なおいいと思う。菊之助の小梅は花道の出がいいが、由兵衛との詰め開きには、

長年連れ添う芸者上りの色気が出ればと思う。

 歌六の源兵衛が手強くていい。雀右衛門の小三。錦之助の金五郎、米吉のお

君、歌昇の長五郎。吉三郎の才兵衛はもう一杯手強さがほしい。

 この「梅の由兵衛」の前に、雀右衛門の舞踊「今様三番三」。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る