2017年12月歌舞伎座

中車の「らくだ」

 

 中車と愛之助の「らくだ」(第二部)が面白い。

 私はこれまで岡鬼太郎作の、東京版の「らくだ」しか知らなかった。今度は

じめて大阪版(初代桂文枝口述、堀川哲脚本、奈河彰輔改訂演出、今井豊茂演

出)なるものを見て大いに笑った。もともと「らくだ」は大坂落語だから本家

本元というべきか。東京版とは感覚がまるで違う。岡鬼太郎本が人間の死の尊

厳にふれているのに対して、大阪版は一切理屈抜き、野放図に笑いに徹してい

るところが面白い。

なかでも中車の紙屑屋久六が無類のおかしさである。

第一場の熊五郎を恐れる具合、生真面目で、小心で、それでいて貧乏なために

少しは狡猾なところもある性格のおかし味、らくだの死体を担がされる恐怖と

うろたえぶり、第二場になって大家の家での、ことに門口での死体との闘い、

さらに第三場になって酒を勧められて、はじめはイヤイヤ呑むうちに、だんだ

ん酒好きの本性があらわれてくるおかしさ、生酔いからついに大酒を呑んで、

最後には死体と一緒に踊るまで。貧乏人の酒好きの生態を描いてうまい。もと

もと器用で、人間描写のうまい人だから自由闊達でまことに面白い。歌舞伎界

に入って以来、第一のヒットである。

対する愛之助の熊五郎も凄味があってよく、亀蔵のらくだの死体、橘太郎の大

家、松之助の女房、笑野ののり売り婆に至るまで、全員大阪弁が達者で上方の

匂いが濃厚で異彩を放っている。

今月の歌舞伎座は、玉三郎を上置きに、松緑、中車、愛之助という一座に地味

な狂言立ての三部制で大丈夫かと思ったが、見てみるとこの「らくだ」を含め

てそれぞれ見ものが多い。

第二部は「らくだ」のあとに、松緑の「蘭平物狂」。松緑襲名の狂言だから悪

いわけがないが、第一場は倅繁蔵への情愛は深くなったものの、その一方物狂

いは却って油ッ気が抜けて平板になった。その代わり第二場の奥庭井戸館にな

ってからは、祖父二代目松緑、父三代目写しの大立回りで目を奪う。どうか怪

我をしてほしくないと思うほどの大車輪。ここ一番という満場に気を吐く勢い。

これで一変に溜飲が下がった。

愛之助の在原の行平、児太郎の水無瀬御前、亀蔵の大江音人、新悟のおりく、

右近の繁蔵。

この第二部を挟んで、第一部が愛之助の「実盛物語」と松緑の「土蜘」。第三

部が玉三郎と中車の「瞼の母」と舞踊「楊貴妃」。

愛之助の実盛は東京初役、私ははじめて見た。仁左衛門写しで、花道へ出たと

ころ、爽やかな姿でいい実盛である。「こりゃこりゃ九郎助」からの弁舌もま

た名調子。葵御前が腕を産んだかは、向こうを見る「アッ」という間が早すぎ

る上に、今日はすでに三日目であるにもかかわらず亀蔵の瀬尾と息が合わず面

白くない。眼目の物語は、よく仁左衛門を学んでチョイチョイいい形があって

明晰であるが、リアルすぎるところ(たとえば「抜き手を切って」で両手で泳

ぐ振りなど)もある。もともと仁左衛門が土台にした音羽屋型には、よく考え

ると子供だましのような振りが付いている(たとえば「口々に」の両手の動き

など)。それをさも美しく形容で見せる所にミソがあって、リアルにやっては

台無しである。仁左衛門はそこがうまいが、愛之助がそこまで行かないのは是

非もない。

「流れ寄ったか不憫やな」の二重から片足落して扇をあげる形など、仁左衛門

は情愛あふるるばかりであるが、愛之助はその形はうまく採っているが、情愛

までの余裕はない。これからの研究課題だろう。

後半、綿繰り馬になってからは明快でいい。どちらにしても将来この人の当た

り芸になる役だろう。

亀蔵の瀬尾は期待したほどではない。世話がかって時代物らしいどっしりした

格調がなくて軽い上に、「胸に思案がなくちゃ叶わぬ」のような名ぜりふが効

かないのが残念。この人のニンの役なのに。最後は見事なトンボを見せた。

松之助の九郎助は、「実盛」と言いかけて「さあーま」としおれるあたりにこ

の人のうまさが出る。身に付いた味で芝居を支えている。

吉弥の女房は、先月の「六段目」のおかやと違って相応の出来。ただし「果報

つたなき源の」の名ぜりふはもっと乗って聞かせてほしい。

笑三郎の葵御前は、前半「御身の上ぞ」で思わず自分の姿を見るところなど手

に入ったものである。世話の姿で気品を保ったのもいい。

門之助の小万は、さすがに短い出場でありながら舞台を締めていい。

欣弥の庄屋がいい。仁惣太は猿三郎。

「土蜘」も松緑の東京初役。前シテの花道の出のニンに合った凄味もよく「樹

下石上」の舞から踊りにくだけるあたりに、この人の踊りのうまさがよく出て

いて堪能させる。今の歌舞伎界では一番の踊り手で味わい深い。芸のレベ

ルでいえば今月一番の見ものである。

土蜘の正体を見破られて二畳台へ上がって口に珠数を当てた見得は少し寸法が

狂ったが、花道の引込みは七三で突っ伏して起き上がってからがいい。

後シテは顔によく隈が合って、本来小顔な顔が大きく見えるのは芸の充実した

ためである。

頼光は彦三郎、保昌は団蔵、胡蝶は梅枝、太刀持ちは左近、四天王は松江ほか、

巫女榊は新悟、番卒は権十郎、坂東亀蔵、片岡亀蔵。長唄は勝四郎、巳太郎。

第三部の「瞼の母」は、これも玉三郎初役の水熊のおはまが、今までの喜多村

緑郎とも、歌右衛門、勘三郎とも、久松喜世子とも違って独特である。在来の

おはまは、忠太郎を自分の子と認めながら、手強くはねつけて忠太郎が帰った

後、はじめて娘お登世に真情を打ち明ける。忠太郎がいる間はその真情を見せ

ないのである。玉三郎はその内心の葛藤と表面の強面を同時並行で立体的に見

せる。たとえば正面を切っている時は冷たく、忠太郎が泣いて俯いた時には忠

太郎の方に横向きになって感情をあらわにする。こうするとおはまの苦しみ、

悲しさがまことに分かりやすく涙を誘う。これは玉三郎の発明であり、石川耕

士の演出の工夫である。芝居のうまい人だから、おはまが夜鷹のおとらと親し

く付き合っていた頃の純真な母としての心情を「水熊」という料理屋の経営の

ために失って行った女の一生が自然に浮かび上がっている。しかしその反面、

いわゆる底割りになりかねない。現に忠太郎に泣かれた時の身も世もあられぬ

風情を見ていると、ここで忠太郎に全てを告白してしまうのではないかとさえ

思えた。そうなると半次郎の母おむらとの対照が崩れることも否定できない。

この間私が見た鈴木忠志演出の「瞼の母」では、おはまとおむらを一人の女優

が演じていて、盲目的に息子を庇う母親おむらと、実は息子を愛しながらも冷

然と突き放す母親おはまの対照があざやかであった。作者の真意はそこにもあ

るのではないか。ここらが戯曲の解釈をめぐって賛否の別れるところだろう。

中車の忠太郎は感傷的すぎるように思う。もっともこれはせりふ廻しの問題か

もしれない。キリッと歌い上げてこそかえって感情が言外に鮮明になるという

のが長谷川伸の作風だろう。

万次郎のもう一人の母親おむらがいい。前後をわきまえながらも息子を助けよ

うとする必死になるところがうまく出ている。

歌女之丞の夜鷹が逸品。忠太郎に金を貰って思わず膝をつくあたり、うまいも

のである。

彦三郎の半次郎、児太郎の妹、梅枝の忠太郎の妹お登世。全て二つの家庭が対

照的になっているのがよくわかる。

他に亀蔵の板前、市蔵の浪人、権十郎の金五郎。

この後に夢枕獏作、唯是震一音楽の舞踊「楊貴妃」。

何度も見たものであるが、玉三郎の楊貴妃が年ともに艶を増して円熟した美し

さ。二枚扇の「連理の枝」の舞で花道へ行くところなど、踊りとしてはどうと

いうこともないが、その雰囲気、その味わい、まことに艶然たるものである。

中車の道士、勝四郎ほかの唄に琴、胡弓、尺八が入る。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る