2017年3月歌舞伎座

仁左衛門の知盛

 

 仁左衛門の知盛はすでに定評のある当たり芸であるが、今度はさらに洗練さ

れて、これまでとは違う光彩を放っている。どこが違うか。大物浦の最後、な

ぜあれほどに義経に恨みを持っていた知盛がみずから死を選ぶのかというとこ

ろである。

 前回までの仁左衛門は、安徳天皇の地獄の三悪道の体験を語って、その風景

がさながら絵解きの如く鮮明で面白かったが、その面白さの果てに死ぬ動機が

それほど鮮明ではなかった。今度は風景の面白さもさることながら、自分も体

験したその三悪道を父清盛の悪業の結果として、その責任の全てを自分が進ん

で引き受け、背負って死のうとする覚悟が鮮明であった。この覚悟こそ三悪道

の結果であり、その論理の一貫性が今度の収穫。この覚悟あればこそ「昨日の

敵は今日の味方」という心境、「あら嬉やな」という悟りの境地に達している

のがよくわかった。全ての責任を自ら背負う覚悟をもって、自ら犠牲になる人

間の決断が、神にも似た輝きを放っている。

 むろん前半渡海屋銀平の間の颯爽たる爽やかさ、義太夫狂言らしいせりふ廻

しのコク、ことに「商い旦那様」のせりふ廻し、「御かくまい申したらなんと

する」という奥の義経に聞かせるせりふの効き具合がまことにうまい。従来は

大抵このせりふは上手障子屋体に向かっていうが、仁左衛門は正面のれん口に

向かっていう。この後義経はのれん口から出るからでこの方がわかりやすい。

 二度目の白装束になってからのいくつかのツケ入りの大見得のスケール、大

物浦の手負いの出、カドカドの見得の凄味。ことに「この世からなる悪鬼の相」

の裏見得など、全て洗練されて深くなっている。

 時蔵初役の典侍局は、前半銀平女房お柳の間が安定して大きいが、夫の日和

見の話の夫の声色が際立ちすぎて色気を失っているだけが欠点。典侍局の本性

を現してからは、せりふ一つで高位の女官の品位を示したのは偉い。いい典侍

局である。

 梅玉の義経が逸品。こういう役は、品格、情愛ともにこの人のものである。

渡海屋の引込みに一度笠で雨を避けてそのまま入るかと見せてフッと本舞台を

見返るイキが絶妙。大物浦で天皇を抱えて花道へ行き、思わず涙にくれる情愛

をそれとなく見せて、体を立て直しての歩き出すまで。十分気持ちが客席に沁

み渡る。逸品という理由である。

 それに比べて弥十郎の弁慶はいささか気張り過ぎる。ほら貝を吹くのはいい

が、義経が残した余韻を大事にしたい。ここらの緩急は団蔵がうまい。

 巳之助の相模五郎は、前半よくおかしみを出していいが、最初の「ナニ女房」

が棒である。「ナニ、女房」であって「何女房」ではない。後半の御注進はキ

ッパリとして上々の出来。体がよく動いている。

 対する猿弥の入江丹蔵が軽くていい。それでいてお柳と相模五郎のやり取り

をさり気なくハラで受けている芝居がさすがである。

 以上、今月の歌舞伎座はこの一幕が一番の見ものである。

 昼の部の最後は舞踊「どんつく」。

 光陰矢の如し。三津五郎三回忌の追善狂言である。遺児巳之助のどんつくの

笑った顔が故人そっくりで胸を突かれる。

 しかしこの踊りは幕末独特の風俗がむずかしく、どんつく、おかめ、そして

「黑々だんべえ」と見どころがありながら、その見どころが印象的にならない。

巳之助のどんつくは思いの外の健闘でよく踊ってはいるが、松緑の親方との

「黒々」がいいだけ。これからだろう。それにどんつくが馬鹿に見えるのもよ

くない。どんつくは田舎者ではあるが決してバカではない。むしろ賢くて強気。

その向うッ気の強さが都会の人間を閉口させるところが面白いのである。

 松緑の親方がさすがにうまい。巳之助とのコンビが将来楽しみである。

 菊五郎の大工、魁春の白酒売り、時蔵の芸者、海老蔵の若旦那、彦三郎の門

礼者、団蔵の田舎侍、弥十郎と秀調の太鼓持ち、亀壽の太鼓打ち、新悟の娘、

右近の子守と一座総出。

常磐津は兼太夫一寿郎。

 以上昼の部は冒頭に梅玉亀三郎の、真山青果の「明君行状記」があるが、仕

事の都合で見られなかった。後日見直したい。

 夜の部は第一が幸四郎の「引窓」。

 幸四郎の南与兵衛は、花道を出たところ白塗り過ぎるが、本舞台に来てから

の芝居もサラサラと淡泊。リアルな芝居がうまい人だけに、お早に「お前が弱

い」といわれて「ナニィ」とムキになるところや、羽織を脱ぎかけて立ちなが

らフッと手水鉢へ目が行くところなど、自然でうまい。しかしそれは部分に止

まっていて、新しい人間像があるわけでもなく、引窓の件のように様式的なと

ころは段取りめいている。母に「あなた、なぜ、ものをお隠しなされます」の

件の思い入れや情愛がごく淡彩、薄味である。

 弥十郎の濡髪は大柄なところがニンに合っているが、芝居も大味。右之助の

お幸は、力演ではあるがこれもサラサラしている。冒頭の長ぜりふなど説明に

過ぎて心持が伴わず、この母の転身がこの一幕一番のヤマであるにもかかわら

ず盛り上がらなかった。

 魁春のお早は途中で裾を引く姿が古風でなまめかしく、それといわずに廓上

がりとわかる味わい。二人侍を送って門口に立った姿は絵のようである。錦吾

の平岡丹平、広太郎の三原伝蔵。

 この「引窓」はどこが間違いというわけではないが、総体に薄味で水っぽい。

 第二が坂田藤十郎の「女五右衛門」。

 幕が開くと満面の桜。鳥羽屋里長はじめ二丁二枚の大薩摩があって、浅黄幕

を振り落とすと山門の上に藤十郎の傾城姿。錦絵といいたいところだが、帽子

付き、洗い髪の鬘の好みか化粧のせいか、いつもの藤十郎らしからぬ顔つき。

さすがに動き出すとせりふといい芝居といい恋に身を焼く女になっている。長

い狂言の一節だから、やっていることはなんだかよくわからないのは仕方がな

いが、雁が飛んで来て恋文を渡すあたりは洒落た趣向である。

 セリになって仁左衛門のすっきりした久吉がセリ上がって上下の見得。これ

で絵面になる。「巡礼にご報謝」で藤十郎が手裏剣代わりに簪を打つ。幕切れ

に久吉が片肌脱ぎになるのが変わっている。

 最後が「助六」。夜の部はやはりこれが見ものである。もっとも「助六」が

開くとなんとなく血が騒ぐのは江戸ッ子の悪癖か。

 海老蔵の助六は前回まことに大きく進歩して、そのことも含めて再三書いた

のでここでは繰り返さない。

 ただ前回と違うのは、いくらかほっそりと痩せて眉間に暗い翳が漂っている

こと。ことに

花道の語りの「浮世はくるま」で左手に持った傘を廻しながら揚幕の方へ体を

振りながら歩いているところに、その暗さのなかで運命を甘受する男の覚悟が

鮮明であった。こういうところは今までになかった味わいである。

 しかしそれと同時に「松の刷毛先」辺りには、その運命の力を跳ね返す意気

込みと強い力がある。形の上ではいろいろ難しい注文があるかもしれないが、

私はこの助六という無頼の男の心情が面白いと思う。

 本舞台に来てからのカドカドの見せ場は手に入って大きくなったところもあ

り、仕慣れて仕勝手に流れているところもあるが、なによりもいいのは、せり

ふが古典をいいほどいて

現代の人間にもよくわかるようになったことである。その証拠に客席がよく反

応している。長足の進歩である。

 国立劇場から掛け持ちの雀右衛門初役の揚巻がいい。

 スケールの大きさ、濃厚な色気、つややかさ、立派な立女形ぶりである。

 花道の出に三度に立ち止まるところは、大きく反ろうとするためか、その前

に前かがみになるのが吐きそうに見えてよくない。揚巻の酔いは快い、陶然と

した香気でなければならない。

 「悪態の初音」は最後の空笑いを含めて見事にやってのけたが、時々力み過

ぎて顔に稲妻が走る。今日は初日が開いてまだ四日目、余裕がないからだろう

が、日数が立ては自然に直るだろう。

 左団次の意休は持ち役でもあり本役である。

 この幕第一の傑作は菊五郎の白酒売り。その柔らかさ、その色気、そのおか

しみ、それでいて海老蔵の助六に合わせていく自然さ、リアルさ、油が抜けき

って父梅幸を髣髴とさせる名品。これぞ江戸和事の粋である。

 これも国立劇場から掛け持ちの歌六のかんぺら門兵衛はいささかまじめすぎ

るがキッチリしたいい出来。秀太郎の満江はキッとしたところ、武張ったとこ

ろがさすがに曽我家のおっかさん。梅枝の白玉はまだ莟の花。男女蔵の朝顔仙

平、巳之助の福山のかつぎ、友右衛門の茶屋女房、家橘の遣り手、市蔵の田舎

侍、九団次の奴、亀三郎の通人、京妙の新造。

 口上は右団次。後見は右之助。新悟、右近、広松、児太郎、梅丸の並び傾城

がキレイどころが揃っている。

 これだけの顔揃いで一幕二時間四分。いつもより多少テンポが遅いように感

じるところもあっていささかくたびれた。しかしこれが夜の部の一番の見もの。

今月昼の部の「千本桜」に次ぐ見ものである。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る