2017年3月国立劇場

「岡崎」再演

 

 一昨年十二月に好評だった吉右衛門の「岡崎」が再演された。前回よりも各

段にドラマが鮮明になって、見ていて何度も胸が熱くなった。現代歌舞伎の水

準を示す名舞台である。

 吉右衛門の唐木政右衛門はまず藤川の新関で、藪畳へ入って笠を右手に掲げ

てグッと振り返ったキマリがたっぷりした錦絵、画竜点睛のよさである。

 竹藪から岡崎の舞台が半回しになっての立ち回りはさしたることもないが、

一点若さを出すのがいい。戯曲の設定で行けば十五歳で家出をして十余年とい

うのだから、厳密にいえば二十五歳、少なくとも三十前であるが、そこまで若

くしてはこの場の主人公たる資格がなくなる。そこらを加味しての若さである

のが芸の光彩になっている。

 俗にいう「遠州行灯」は、行灯の灯影にはじめてわかる師弟の対面を、心理

的かつ説明的でなく「要様ではござりませぬか」という一句に込めて歌六の幸

兵衛の仕どころへ渡していく、その持って行き方の呼吸がうまい。むろん政右

衛門疑心暗鬼、しかしその一方ではたとえ十年たとうが二十年たとうが忘れも

せぬ育ての親であり、師匠である人の面影への確信があり、そういう複雑な心

持を全て抑えて相手役の仕やすいように仕どころを譲るのは、芝居と同時に芸

に余裕が出たからである。これで幸兵衛の歌六との呼吸が水も漏らさず合い、

この芝居のテーマが鮮明になった。

 幼名庄太郎今は唐木政右衛門と知らぬ幸兵衛夫婦に股五郎の助太刀を頼まれ

るところは、これぞ敵の手づるという気込み、凄味が緊迫感があっていい。無

言で夫婦の芝居を受けているハラが見ていて手に取るようにわかるよさである。

 幸兵衛が庄屋に呼ばれて「煙草切り」になる。

 ここは門口を開けてお谷に気づいてハッとして三段にかかって振り返るキマ

リが大きく、味わいが深く、ここらが吉右衛門の政右衛門の感覚の味わい。藤

川の新関のキマリと双璧である。

 今度の政右衛門で前回よりもことさら優れているのは、この「煙草切り」の

あと、幸兵衛が帰って来てからである。ここまで敵を追い詰めたからは、あら

ゆる犠牲―――師匠を裏切り、女房を捨て、子を殺しても敵の在り処を聞き出

さなければならぬという、政右衛門必死の覚悟が鮮明なことである。その鮮明

さが幸兵衛の話をジッと聞いている間に出る。追い詰められているのは敵ばか

りではない。実は政右衛門もここで敵を取り逃がしたらばいつまた敵に会える

かわからないというという危機感に迫られている。その決心の硬さ、殺気が見

事である。

 そこへ幸兵衛の女房が政右衛門の一子を抱いてくる。人質と聞いて、もうこ

れは殺されなければならないという一瞬の苦悩が見ていてよくわかるばかりで

なく、舞台一杯の大きさで広がる。その大きさに子供を殺す残酷さなどは消し

飛んでしまうドラマになる。やっていることは前回と大して変わらないように

見えるが、芝居の質が違う。それでドラマの印象は全く変わったのである。

 この苦悩の深さがあるゆえに、のちに幸兵衛の「師匠への挨拶」という一句

が痛切に聞こえる。幸兵衛夫婦と政右衛門とはどんなことがあろうとも実の親

以上に深い絆で結ばれていて、その愛情の中で生きている。その愛情の深さが

あるからこそ見る者は胸を熱くする。これが「岡崎」一幕のテーマだろう。

 いい忘れたが、いよいよ幸兵衛が股五郎にあわせるというので、そっと手早

く刀の下げ緒を裁いて捕り縄にする意気込み、殺気もすごい。

 対する歌六の幸兵衛も前回に優る深さ。「相合傘」の、志津馬を上手障子屋

体へ見送って、納得はしながらも「ハテナ」というわずかな疑念の思い入れ、

フッと気づいて左手で敬う形の面白さ。「遠州行灯」の庄太郎との対面の情愛、

女房が助太刀を頼むのをちょっと鼻白んで聞いている具合、庄屋へ行く花道七

三のフッと本舞台の政右衛門を見返るともなく見る思い入れ、始終政右衛門に

目をつけている具合。それに政右衛門の愛情の深さがわかって観客を泣かせる。

 歌六一代の傑作であり、その表現の深さが感動的である。

 前回よりも一変したといえば、もっとも変わったのは東蔵の幸兵衛女房であ

る。

 前回はこっちがかつての団之助のこの役が目に残っていたために多少の違和

感があり、かつ東蔵自身も手探りのような感じがしたが、今度は十分手に入っ

たばかりか、むしろ新しい人間像を 作ることに成功した。この女房は肝心なと

ころで芝居をリードする。たとえば夫幸兵衛を差し置いて政右衛門に助太刀を

頼んだり、赤子を抱いて出て政右衛門の子であることをしゃべったりする。そ

れらがなんの悪げもなく、ひたすら娘可愛さ、婿心配さなのである。ことに志

津馬を股五郎と聞いて気に入るところも娘可愛さ一図の母親を見事に造形して

いる。義太夫狂言の母親の典型としては一歩踏み出しているかもしれないが、

現代的なリアリティがあって私は面白かった。

 雀右衛門のお谷、菊之助の志津馬は前回通り。菊之助の志津馬には前回より

は、お袖を色仕掛けで利用しようとする仕組みが少しは見えてきたような気が

する。米吉のお袖は藤川の茶店での見染が相変わらずよそよそしいのは、色気

が足りないためと娘役の基礎が出来ていないからである。岡崎になっての花道

の出も冷たい。とても一目ぼれをして男を自宅へ 連れてくるような女には見え

ない。内へ入ってくどきになるまで襷を取らないのも、くどきで襷を使いたい

ためだろうが、恋人の眼前とも思えぬ。後半尼になってからは清純でいい。

 又五郎の助平はいいが、腕のある人だけにもっと突っ込んでもいいと思った。

 吉之亟初役の夜番は、これも私には先々代吉之亟の名品が邪魔になるが、こ

の難役をここまで素直にやれれば先に希望がある。これからである。種之助の

捕り手頭。

 京純の眼八はこの若さでは無理。悪も色気も効かず、こんなものを何で幸兵

衛が警戒するのかとなると芝居にひびが入る。しかしこれは当人が悪いのでは

ない。この役を振った方に罪がある。

 以上、藤川の新関、竹藪、幸兵衛内の一幕三場。

 この前に序幕和田行家屋敷、八十六年ぶりの二幕目円覚寺方丈と塀外。後に

伊賀の上野の敵討ちがある。

 行家屋敷は前回通り。橘三郎の和田行家は、十分手に入っていい。錦之助の

沢井股五郎は前回よりも線が太く、押しも押されもせぬ立敵になった。この場

は次の幕に筋を引くために又五郎の佐々木丹右衛門が出る。雀右衛門のお谷、

京妙の行家妻柴垣。

 円覚寺は時間がないためだろう、人質になった股五郎の母鳴見、正宗の刀の

すり替えのトリックなどすべてカット。これでは実録風時代劇で歌舞伎の義太

夫狂言らしい芝居にはならず、結局筋を通しただけになった。

 又五郎の佐々木丹右衛門が腹を切ってあとへ繋ぐだけの役をよく締めてやっ

ている。

 吉之亟の沢井城五郎が立派。歌昇の近藤野守之助は線が太い。雀右衛門のお

谷、菊之助の志津馬、隼人の池添孫八。

 大詰の敵討ちは三杯道具でわずかに十分間。道具とチャンバラを見せるだけ

の芝居になった。「忠臣蔵」の討入りもこれもそうだが、敵討ちがないと納得

しない観客がいるというのだが、今時そんな観客が果たしているのだろうか。

それよりも私は急に実録物になって折角の余韻嫋々たる「岡崎」の印象がかき

消される事が怖ろしい。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る