2017年4月歌舞伎座

円熟の「吃又」

 

 「吃又」は吉右衛門の当たり芸の一つであるが、今度は前回と違って一変し

ている。むろんやっていることは前回と同じだが、その芸の心境が違うのでま

るで新しいものを見ているようであった。

 どう変わったのだろうか。

 第一に前回まではここぞという仕どころが目立って面白くもあり、よかった

のだが、今回は総体に流れる如く自然でリアルでサラサラ運んで、それでいな

がら前回に倍増して見る者の心を抉る深さを持っている点。

 たとえば花道の出。いつもの型通りだが、そこに深い思いが潜んでいて目が

離せない。あるいは将監が修理助に名前をやったというのを聞いてスーッと顔

をあげる。そのあとおとくに「こなたを吃りに産み付けた親御をうらみなさん

せいな」といわれてのなんとも言えない表情。さらに必死のお願いの吃音もう

まいが、その表情たるやいうにいわれぬ思いつめた無限の思いがあって引き込

まれる。あるいはまた「親もない、子もない」の寂しさ、孤独の翳が広がる。

あるいは「(吃りでなくば)こうもあるまい」という悲痛さ。「斬らっしゃりま

せ」と階段を上がる必死の覚悟の姿。いずれもスッと肩の力が抜けていながら

はるかに深く強い力が出ている。自分の運命に呆然としている表情が印象的で

忘れられない。

 第二にそのために余韻が出ている。

 たとえば筆をもって手水鉢へ歩いて行くところ。なんでもなく歩いていてい

るようで、今までになかった味わいが滲んでいる。芸の光彩である。これを円

熟というのだろう。

 第三に、以上の結果、又平という人間の悲劇が私たち現代人の身近な鮮やか

さで迫ってくる。それでいていかにも歌舞伎的なのは、型が身体の身内に消化

されて、この人が自由になったからである。しかも自然と型の本質にはまって

いる。手水鉢に絵を描く瞬間の、「名は石魂に止まれと」の必死の形相の凄さ

でも、力がだれよりも入っていながら軽くて快い。その快さが観客の共感を呼

ぶ芸の艶である。

 たとえば「さりとはつれないお師匠様」や「嚊、抜けた」というところが前

回までは多少の型の堅さがあったのに、今回はすんなりして一分の違和感もな

いのもそのためである。

 以上三点。吉右衛門の芸の心境、長足の進歩である。

 菊之助初役の女房おとくは、しっとりと嫌味の微塵もないいい出来である。

吉右衛門を向こうに回して必死に情を出そうと大奮闘である。しかもこのおと

くは独特なところがある。たとえば花道の出。普通は七三で本舞台を見て思わ

ず足が止まるところへ又平が突き当たる。大抵はそうである。ところが菊之助

は七三で俯いて思案に暮れるから足が止まる。おとくはおとくなりの思いに沈

んでいる。そういうおとく。この女には又平とはまた違った人生があるのだろ

う。しかしただ一ついけないのは、冒頭のしゃべり。ここは亭主の吃り を庇お

うとしてしゃべるのはむろんだが、同時に女形独特のしゃべりの芸でもある。

女形にしゃべりの芸が生まれたのは、しゃべらずにはいられない女形独特の生

理による。そのモチーフが菊之助に全くないのは菊之助が最近立役に手を染め

ているからだろう。

 歌六の、きびしさと優しさの両面を描いて貫目もあるいい将監。前月の「岡

崎」の幸兵衛女房に続く東蔵の北の方が品よく、気配りもいいふくよかさ。役

者によってこうも役が膨らむものか。加えて錦之助一代の傑作修理助。前回よ

りも年を取ったのを考えて、白粉も厚く若返って色気も加味しているが、相変

わらずこの役にピッタリ。将監が又平を手討ちにするというのを聞いて恐れて

平伏する芝居のほどよさ、手に入ったものである。

 この三人がいい上に、吉三郎吉五郎以下の百姓までそろって、この連中が引

込んで葵太夫寿治郎で「ここに土佐の末弟」とくると、さすがに広い間口の歌

舞伎座の大舞台がピーンと一本綱を張ったように引き締まるから恐ろしいもの

である。これだからこそおとくと又平の出が新鮮になる

 キッパリと歌舞伎味十分の又五郎の雅樂助も含めて、全員のイキがあって水

も漏らさぬチームワークの近来稀な舞台。吉右衛門チームの勝利である。

 夜の部はこの後の「帯屋」も見ものである。

藤十郎東京初役の長右衛門。私ははじめて見た。前半いささかたどたどしいと

ころもあり、後半で布団に蹴躓いてハラハラしたが、今日はまだ二日目ゆえ是

非もない。しかし長右衛門としてのニンは天下一品。私がかつて見た初代吉右

衛門や寿三郎と違って柔らか味と色気のある持ち味は独特の上方風である。こ

とに幕切れ、死に行くお半を追って表へ出て、木履をもっての引込みは、濃厚

な持ち味で見ものであった。

 扇雀の女房お絹が控えめでしっとりとしていい女房ぶり。ことに百両の金の

使い道が自分の弟のためと聞いての驚きがうまい。ただ少し気の強そうに見え

るところがあるのが玉にキズ。壱太郎の長吉とお半の二役は、長吉が意外にも

舌足らずなところがあって滑稽味が薄い。お半は可愛らしさを出そうとして背

を盗むのが丸見えで困る。一月の静御前の大当たりに大いに期待して行ったが

期待外れで残念。

染五郎の儀兵衛は、全員大阪役者のなかでたった一人東京役者。ネイティブで

ない不利をなんとか器用にこなしてはいるが、何分ともにニンにないのは如何

ともしがたい。ことに悪が効かずゲスっぽさがないのは是非なし。その点、吉

弥のおとせはお手の物。手強いうちに滑稽味があって面白い。藤十郎を除けば

この幕第一の出来。壽治郎の隠居繁斎は、気の弱いのはいいが芸も弱いのは困

る。

この後に猿之助の「奴道成寺」。器用に踊ってくどきの三つ面も鮮やかだが、

どういうわけか終始不機嫌そうに見えるのは、愛嬌が足りないせいか。右近隼

人以下の所化、長唄は今藤尚之稀音家祐介、常磐津は兼太夫文字兵衛。

昼の部は幸四郎の「熊谷陣屋」。

 花道へ出たところ、いつもより顔が赤く濃くニンは立派な熊谷だが、七三で

珠数を刀にあててチャリンとさせたり、木戸の外で草履を脱いだりするのは困

りものである。

 しかし「妻の相模を尻目にかけ」でハッとする具合のうまさ、「オーイオー

イ」の凛凛たる調子、物語の前後のカドカドで細かく相模の反応を伺う細緻さ、

「討ち奉る」で二重の肚を効かせるうまさはさすがである。

 二度目の出から制札の見得はスケールが大きいが、三度目の出からは味が急

に薄くなり、ことに花道七三で編笠を被った後もう一度笠を揚げて観客に大き

く泣き顔を見せるのは過剰な当ッ気。つづいてこらえかねての泣き過ぎのオー

バーさはかえって余韻を失い、前半の好演が帳消しになりかねない。

 どうかと思った猿之助の相模は、思いがけなくも神妙で、この人今月の三役

中第一の出来。

情もあり、色気もあり、「国を隔てて十六年」のくどきまで立派にやってのけ

た。真女形はだしのうまさである。

 高麗蔵の藤の方は度重なるお勤めでおつとりとした品格が出て来て、猿之助

の相模を向こうに回して確かにその女主人と見えたのは大手柄。

 左団次の弥陀六が本役。述懐がさすがに聞かせて飽きさせない。

 染五郎の義経、錦吾の梶原、松江の軍次。

 幕開きの花褒めに高麗五郎の庄屋なる役が出て、梶原が弥陀六を連れて詮議

に来ているという筋を売る。一見親切なようだが、そうなれば藤の方、相模の

入込みもいわねばならず、結句無駄か。

 この「陣屋」の前に舞踊劇「醍醐の花見」と染五郎初役の「伊勢音頭」。

 役者の都合だろうが、本当は時代物の「陣屋」、世話物のくだけた「伊勢音

頭」という狂言建が順当で、観客の生理からいえばこの立て方は疲れるし、役

者も損をしている。

 さてその「伊勢音頭」はいきなり追っ駆けから。ない例ではないが観客には

わかりにくい。

 橘三郎の大蔵、橘太郎の丈四郎は今日では最上の配役。リアルで可笑し味が

あっていいのだが、私が昔見たたしか璃珏と九団次の大蔵丈四郎の上方風追っ

駆けの面白さに比べると物足りない。あの時は満員の歌舞伎座の客席が抱腹絶

倒で揺れたのである。あの狂熱がほしい。一つは時代が理に詰んで、野放図な

喜劇が少なくなって来たせいだろうが、もう一つは下座の合方が東京風で淡泊

なのと、役者の体がそれに乗りきっていないために両者一体の相乗効果が出な

いためだろう。隼人の奴林平は真面目過ぎて硬い。この役にも実はとぼけた味

がいる。

 廻って二見ヶ浦。

 染五郎初役の福岡貢は、花道から出たところ、黄八丈の着付けがいくらか黒

っぽ過ぎるように見えるが、まずは本役。いい貢である。秀太郎の万次郎は体

の柔らかみ、仁左衛門や故人団十郎や梅玉の大舞台でも立派に通用する万次郎

である。

 さて二人が本舞台へきて丈四郎に突き当たっての、貢の「とんと気違いのよ

うじゃ」は味も素っ気もないが、密書を口咥えた立身の姿はまことにいい味で

ある。

 だんまりになる。これに限ったことではないが、最近のだんまりは誰もが闇

の中で人の気配を感じるという感覚がないために味も面白さもない。染五郎の

貢も密書を読もうとするだけで、この闇、この人の気配への表現がないために

ただの踊りじみた動きになってしまう。むしろ磯辺の白波の光で透かして読も

うというキザな演出があった方がいい。したがって「嬉しや日の出、読めた」

が引き立たず、愛嬌不足で見ているこっちはちっとも「嬉しく」ない。まずは

部分的に上出来。いい貢だけに再演に期待したい。

 油屋になる。

 染五郎の貢は、仁左衛門に教わったとかで道具がまず仁左衛門型。音羽屋型

の上手二階の障子屋体ではなく、平舞台一階の簀戸の屋体である。奥庭の殺し

も上手二重に丸窓がある。

芝居も仁左衛門型。しかし仁左衛門型にしては大事な性根を覚え損なっている。

仁左衛門の貢はあくまで女たちにやさしく、見栄っ張りでもあるところ。だか

ら滅多に怒らない。それをいいことに女たちが付け込む。万野にいじめられた

貢が思わずカッとなって立ち上がる、腰の刀を手で探す。ない。そこで菊五郎

型ならば癇癪を起して扇を引き裂く。仁左衛門で行けば腰を探った時点でハッ

と気が付いて照れ隠しに手を後ろへ廻して帯を締め直すふりで胡麻化す。優し

さとテレ性で見栄っ張り。仁左衛門の貢はそういう男なのであり、その性根は

ここにある。染五郎だとそれがあいまい。この人にはおっとりした仁左衛門型

よりも本当は癇性の強い菊五郎型があっているのかもしれない。しかしこの点

を別にすれば、姿のすっきりしたよさといい、柔らか味といい、いい貢。将来

この人の当たり芸になるだろう。

 万野を斬ってののれんを肩に掛けた形、奥庭の殺しになってカドカドのキマ

リの形といい、まことに貢ぐらしいよさである。

 猿之助初役の万野は、パッとのれんを揚げると突っ立つて居る姿といい、も

のすごい怖い目つき、意地悪そうな唇の歪め方、全て現代風で観客大受けであ

るが、「伊勢音頭」の芝居らしくない。顔だけの現代式だからであり、主役の

染五郎の貢とも釣り合いが取れていない

し、芸の面白さになっていないからである。

 万次郎のお鹿は、出て来たところお定まりの古風な拵えでさぞいいだろうと

思いの外に面白くない。一つは染五郎、猿之助、梅枝に囲まれては浮いている

からである。役者の看板、人気を別にすれば、芝居としてはこの人こそ万野、

猿之助がお鹿に廻った方がずっといい舞台になったに違いないし、万次郎も猿

之助も得だったに違いない。

 梅枝のお紺はきれいだが、女郎ではなく芸者っぽい。仁左衛門型だから愛想

尽かしの後の出はカット。いきなり奥庭の幕切れに出る。米吉のお岸も梅枝同

断に芸者。伊勢古市の油屋はどうやら花柳界らしい。

 松也の喜助は無暗に江戸ッ子がっている割には江戸前のすっきりしたところ

がない。

 秀太郎の万次郎はここでも光っているが、米吉のお岸とはバランスが悪い。

 京妙の千野が客を迎えて「舞の会」の演目は「伊勢音頭」と「保名」だとい

うのは下座で「保名」を使うからだが、要らぬ説明。そんなことをしたら殺し

は「山姥」だといわなければならなくなる。第一「保名」をいいたいならば「小

袖物狂」というべきだろう。

 桂三、由次郎、錦一の阿波のお客一行。

 「醍醐の花見」は中内蝶二の作詞、吉住小三郎が曲をつけた長唄の人気曲。

これに今度はじめて勘十郎が振りをつけた舞踊劇。今井豊茂補綴。

 鴈治郎の秀吉、扇雀の北の政所、壱太郎の淀殿、右近の三条殿、笑也の松の

丸殿、笑三郎の前田利家夫人まつ、歌昇の大野治長、松也の秀次の亡霊、右団

次の石田三成、種之助の大野治房、万太郎の曽呂利新左衛門という歴史上の大

人物を集めてわずか三十分で全員を裁いたのは器用ともなんとも言いようがな

い。しかしそれにしても昔の有名人揃いも揃って踊りがうまくなかったらしい。

もつともその頃は歌舞伎踊りは存在しなかったが。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る