2017年5月歌舞伎座

追善と襲名の団菊祭

 

 七代目梅幸二十三回忌、十七代目羽左衛門十七回忌。菊之助時代から見てき

た梅幸、彦三郎の時からの羽左衛門、その二人が逝ってもうこんな月日がたっ

たのかと思うと感無量である。

 今年の五月恒例の団菊祭は、それに彦三郎の楽善、長男亀三郎の彦三郎、弟

亀寿の亀蔵、新彦三郎の長男が初舞台で新亀三郎にという坂東一家三代の襲名、

それに菊五郎の孫、寺嶋しのぶの長男寺嶋真秀の初御目見得まで加わっての一

大イベントである。寺嶋真秀が「魚屋宗五郎」の酒屋の小僧で酒樽をもって花

道を歩いてくると、この日一番の大きな拍手が起こった。まさかこの子を見る

ために超満員の観客が集まったとも思わないが、異様な熱狂ぶりであった。二

月の勘九郎の子供二人の初御目見得といい、大人の役者が子供に食われている

ようで情けない。

 さて、坂東一家の襲名披露狂言は、昼が「石切梶原」、夜が「対面」。その

ほかに新亀蔵が松緑と組んで二人で踊り抜く四段返しの舞踊「弥生の花浅草祭」

がある。

 まず「石切梶原」から。

 新彦三郎の梶原は花道を出たところ祖父十七代目羽左衛門そっくりである。

いろいろな事情があって祖父が羽左衛門を継ぐことになって、この梶原も十五

代目羽左衛門型であった。今度の梶原もそれに従う。しかし芸風だけのことを

いえば祖父もそうだったが、新彦三郎も形容本位で派手な羽左衛門型よりもじ

っくり芝居を見せる吉右衛門型の方が似合っているのではないだろうか。

 新彦三郎のいいところは三つある。

 第一に口跡がいいこと。その深い声が広い歌舞伎座に響き渡っている。名調

子、美声、爽やか、凛凛としているというのではないが、観客の心にしみる深

さが独特である。もっともせりふ廻しは今日でまだ三日目、緊張していて緩急

に乏しく力み過ぎているが、日が立てば余裕が出来てうまさが出るだろう。こ

の深さでせりふ廻しがうまくなれば鬼に金棒である。

 第二にいいのは、型を楷書でキッチリやっていること。教わった通り精一杯、

まだ余裕がないのは是非もないが、後半の物語はまことにキッカリしていい。

次にはこの型がどうしてこうなっているのかをよく考えることである。たとえ

ば石橋山で頼朝を引き起こせばというところで左手を高く上げて下を見込むが、

左手を上げるのは引き上げた瞬間で、下を見る時にはもう左手は下がっていな

ければいけないと思う。違和感があってリアリティを失うからである。あくま

で左手は引き起こす形容、下を見るのは頼朝を覗き込む芝居である。

 第三にいいのは、これは羽左衛門型のいいところだが、たいていの人がカッ

トする物語のなかで後世自分は佞人讒者といわれるかもしれないが、実はそう

ではない、正義の士だという告白があること。この告白こそこの浄瑠璃一段の

いわば性根であって、義経を讒言して滅亡させた悪人梶原景時というイメージ

を逆転させたところに作者苦心の趣向がある。それをキチンとやっているのは

羽左衛門型のいいところである。

 新楽善の大庭はさすがに立派。新亀蔵の俣野はこの人のニンで悪が効かない

のは仕方がない。この役が憎らしく突っ込まないと梶原が引き立たず、芝居も

盛り上がらない。

 団蔵初役の六郎太夫は、世話な芝居のイキがうまく、リアルさがありながら

締めるところは締めて緩急自在、いい六郎太夫である。右近の梢は娘と人妻の

間を行くところがあいまいである。あどけなさを強調し過ぎるからである。性

根は人妻、姿は娘とハッキリ割り切った方がいい。巳之助が梶原方の大名の筆

頭だが、声を張るのはいいが怒鳴り声になるのは注意すべきだ。

 新彦三郎のために松緑が呑助を付き合って、いつもの酒づくしのせりふの替

りに襲名に引っ掛けたせりふで笑わせる。菊之助が伊東入道からの使者の奴を

付き合う。

 もう一本の襲名披露狂言は、夜の部の「対面」。今度は終わりに劇中口上が

付くためか、幕が開くと浅黄幕で、これを振り落とすと全員板付き、すでに菊

五郎の工藤が高座に座っているという変則。むろんこういう形は故人寿海、十

三代目仁左衛門でも見たが、それは二人とも老齢かつ足が悪かったからである。

ことに今度の菊五郎初役の工藤は苦味に加えて色気があって「さてこそ兄弟」

でほのかに笑みを含む当たりいい工藤なので、ぜひとも障子の内の第一声の

「園の梅」から、平舞台へ降りての「高座御免下さりましょう」というところ

が見たかった。それにこうして全員板付きの絵づらだけが揃ってみると「対面」

という芝居が実は異様な恰好をした連中がゾロゾロ動き回る一種のページェン

トに面白さがあることがわかる。それがないと盛り上がらないのである。

 新彦三郎の五郎は、これも「石切」同様キッチリ型を守って手堅いが、緊張

のためか力の表現が足りないのと、五郎らしいふくらみがほしいところである。

 十郎は時蔵で本役。

 新楽善の朝比奈は可笑し味を含んでいい出来。大磯の虎が万次郎、鬼王新左

衛門が権十郎と三人兄弟が揃って坂東、市村、河原崎三家の当主が顔を揃える。

 新亀蔵は近江小藤太、万次郎の長男竹松が秦野、権十郎の鬼王と共に新亀三

郎が友切丸を持ってくる。

 他に松也の八幡、梅枝の化粧坂の少将、家橘と橘太郎の梶原親子。

 工藤の「思い出だせばおおそれよ」で、二重後ろの襖を払うと富士山の書割

になるのは仁左衛門の時にも見たが、これは芝居が終わって最後の口上になる

ときの方がよかった。その口上に菊五郎はじめ主だった役者が平舞台に並ぶた

めに、ここでもいつもの幕切れの富士山と鶴の絵面の見得もないのが残念。

 「石切」と「対面」のほかにもう一本の披露狂言は「弥生の花浅草祭」。実

をいうと今月昼夜を通して一番面白かったのはこの四段返しである。第一段が

常磐津で神功皇后と武内宿祢、第二段がいつもの清元の「三社祭」、第三段が

常磐津で通人と野暮大尽、第四段が長唄で石橋であるが、今まで「三社祭」は

面白くとも他の三段、ことに三段目の通人と野暮大尽がつまらなかった。とこ

ろが今度は四段ともに面白い。第一段は新亀蔵が神功皇后をそれらしく踊って

松緑の宿祢とともにキレイづくめ、居所替わりでの「三社祭」の善玉悪玉の踊

り比べが面白いのはいうまでもなく、また居所替わりでの亀蔵の通人が嫌味の

ない意外の面白さ、これに悪玉が絡んだ上に田舎侍風の野暮大尽に替わった松

緑がニンにピッタリ。二人のイキがあって面白い。最後に石橋の踊り比べの面

白さ。

 感心したのは、亀蔵が今まであまり見たことがなかったが踊りがうまいこと。

松緑がその亀蔵を引き立て引き上げる踊りっぷり。二人が一緒に踊る時には上

手が下手に合わせるのが鉄則だが、その合わせ方がまことにいいばかりか、そ

のコンビのイキの合わせ方がまた踊りを一際面白くしている。力量均等火花を

散らすというのも面白いが、こういうイキの合わせ方、取り合わせの異色さも

面白い。かくてこの一幕の二人、今月第一等の出来である。

 以上三本の他、昼の部は「石切」のあとに、海老蔵、菊之助の舞踊「吉野山」

続いて菊五郎の「魚屋宗五郎」。夜の部は「対面」と「弥生の花」の間に海老

蔵、菊之助の「先代萩」御殿、床下、対決、刃傷である。

 まず「吉野山」は、これまたいつもとは違って清元抜きの竹本だけという演

出。幕が開くと一面桜の書割。「恋と忠義」の置き浄瑠璃が終わるとこれを左

右に割って正面桜の立木の後ろに高二重の桜の山、下手に吉野川だろうか御丁

寧に何の役にも立たぬ滝車までついた川の流れ。菊之助の静御前は高二重の桜

の奥から出てつづら折りの道を下ってくる。「弓手も馬手も」もカットでいき

なり「見渡せば」になって普通は忠信と二人で踊る「天井抜けて据える」も

「徳若にご万歳」も一人で踊り、いつもの「女雛男雛」もここにはない。いか

に本文通りとはいえ、静が未亡人になったようで寂しい。その上清元と違って

竹本の地でのりが悪く踊りにくそうである。やっとそれこそ「遅ればせなる」

忠信が出て二人の「雁と燕」になり、ここで「女雛男雛」の振りがあるのがせ

めてもである。

 海老蔵の忠信は、源氏車を全体に散らした派手な衣裳の割には、狐というこ

とを強調するためか、衣裳の着方のせいか、猫背で、幽霊じみて色気が薄い。

竹本は愛太夫慎治ほか。

 次の「魚屋宗五郎」が芝居としては今月もっともすぐれた出来である。菊五

郎の宗五郎は二月の「四千両」の富蔵とは全く違って余裕たっぷりの傑作。花

道から出たところの愁いの肚から始まって、例の長ぜりふが思わず知らず聞き

入ってしまうよさ。今日の歌舞伎の水準を代表する舞台である。酒を呑んでの

酔態から「矢でも鉄砲でも持ってこい」の引っ込みまで十分の出来である。廻

って玄関先は「喜びありゃあ悲しみと」は普通だが、何度かの笑いがうまい。

奥庭までサラサラ運んで聞かせるところは聞かせて秀逸である。

 今度の菊五郎がいいのはむろん本人の芸のためだが、同時に周囲がいいから

でもある。幕開きに時蔵のおはま、万次郎の菊茶屋の女房、権十郎の三吉のや

り取りを聞いていると七五調が生きて、しかも芝居とは思えぬほど自然な生活

感が漂っている。ことに万次郎の菊茶屋の女房が「お大事に」といって門口を

出たところでフッと向こうを見る、思い入れがたまらぬよさ。

これが世話物の芸である。団蔵の太兵衛もいい。これといい、六郎太夫といい、

今月この人大当たり。梅枝のおなぎは神妙というまで。

 廻って玄関先ではさすがに左団次の浦戸十左衛門、市蔵の岩上典蔵がよく、

以上の役がいずれもサラサラしていながら、自然な芝居の面白さがそれぞれツ

ボにピッタリはまる面白さ。ここらがこの一座のアンサンブルのよさである。

松緑の磯部主計助は一通り。

 さて今月最大の問題は、すでに実験済みでもあり、さぞ進歩していてよかろ

うと思って大いに期待した「先代萩」の意外な期待外れ。

 まず「御殿」から。

 菊之助の政岡は、御簾が上がった立ち姿が思いもかけず空虚である。愁いの

肚もなく、二人の子供への愛情もなく、二人の子供をうまく操る乳母としての

才覚もない。「今、御屋形に悪人はびこり」の聞かせどころもただのせりふに

過ぎず、まことにあっけらかんとした「御殿」である。飯焚き抜きは祖父もそ

うだったから仕方がないが、さらに驚いたのは千松が刺された時に少しも驚か

ないことである。むろんそれらしい芝居はするのだが、それがとても驚いてい

るようには見えない。その上になによりも素早く鶴千代を抱かない。そっちへ

気が行かないから、若君大事という心が見えない。となると「涙一滴目に持た

ぬ」が空虚になるのは当然だろう。これでは栄御前が取り換え子と思うのも当

然であった。

 鶴千代を沖の井に預けないのはある型だが、それもそそくさと上手奥へ連れ

て行って、また平然と出てくるのは問題だろう。大事な若君をどこへ連れて行

ってしまったのかと思ってしまうからである。

 くどきは、悲しみ、狂熱、陶酔なにもなかった。一体どうしたのだろうか。

 歌六の八汐は、憎々しいところ、手強さがいい。魁春の栄御前はいかにも人

が良く、とても毒入りの菓子を持ってくる人には見えなかった。

 梅枝の沖の井、右近の松島。

 床下になる。松緑の男之助は、せり上がったところ合引きにかかった姿が不

安定である。せりふ廻しにも語尾の伸びる悪い癖が出てよくない。

 海老蔵の仁木は、掛け煙硝の白煙のなかにあらわれた顔が期待に反して、普

通の現代人、ただの人にしか見えない。凄味、妖しさがないのである。

 対決になる。海老蔵の仁木は、額の傷もほくろもなく、凄味がない。額の傷

をつけないのは富十郎もそうだったがやはり損である。しかもきわめて無表情

で現代人がそのまま法廷に出てきたようである。観客はボードレールではない

が巨大な「悪の華」を見に来るので、実録の原田甲斐のような仁木では面白く

ない。勝元との芝居もほとんど受けず、それでいて「恐れ入り奉る」で急に右

足を立てガーッと口を開けてのオーバーぶり。白けるだけである。

 気の毒なのは梅玉の勝元。この仁木相手ではどうにもならず、迫れば迫るほ

ど勝元の方が空転してバカに見えてしまう。刃傷ではじめて立派な勝元になった。

 市蔵の渡辺外記、友右衛門の山名宗全、右之助の大江鬼貫、九団次の黒沢官

蔵。右団次が神妙に渡辺民部を勤めている。

 刃傷。前回の海老蔵の仁木はこの場の殺気が凄愴、目を見張らせたが、今回

は余裕が出て却ってその殺気にたるみが見える。やたらに唸る、口を開ける、

というありさまだからである。

 以上、この海老蔵、菊之助、松緑三人の「先代萩」の意外な不出来は、将来

の「団菊祭」を背負う世代だけに不安に駆られる。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る