2017年6月歌舞伎座

充実した狂言揃い

 

 6月の歌舞伎座は昼夜六本立て。一部に問題はあるものの他の月と違って充

実した演目が揃っている。

 昼の部の第一は「名月八幡祭」。松緑初役の縮屋新助がニンに合っていい。

朴訥で、母一人子一人、商売一筋にひたすら生きてきた真面目な田舎の青年が、

フッと深川芸者美代吉を見染めてストカーまがいになって行くところがよく出

ている。亡父三代目松緑の新助は暗かったが、当代は明るくその分悲劇が際立

つ。これで美代吉の家で段々ひかれていく具合がもっと色濃く出ればなおいい。

百両の金を作って戻ってくると意外な愛想尽かし、それからの絶望の衝撃はい

ま一息だが、大詰の殺し場の凄味、花道の狂気の笑いは十分でいい。

 他にいいのは猿弥の魚惣。手強くて、しかも江戸ッ子の快活さと同時に意地

っ張りなところがよく出ている。

 問題は笑也の美代吉である。深川芸者の気風を表現しようとしてかえってギ

スギスした嫌な女になっている。美代吉はその気風のよさが人に愛されるよう

でなければいけない。むろん彼女にはその場その場での勝手気儘さもある。そ

の上祭りの衣装代で窮地に立っている。だからつい捨て鉢になる。彼女にはそ

ういう魅力と欠点の多面性がなければならない。そしてなによりも三次への恋

がそのシンになければならないだろう。その性根が抑えられていないのである。

 それにつれて猿之助の船頭三次がよくない。美代吉と出来ているように見え

ないからである。竹三郎の魚惣女房がうまい。辰緑の美代吉の母は一見面白い

が、悪が効き過ぎてこの母が美代吉を操っているように見える。吉三郎の太鼓

持ち、弘太郎の船頭、猿三郎の呉服屋の手代がよく、段之の松本の女将は深川

の名代二軒茶屋の女将としての貫目が薄い。

 亀蔵の旗本藤岡慶十郎は、真面目過ぎて遊び好きな粋人には見えない。

 演出は池田弥三郎、大場正昭だが、池田演出以来最近のこの芝居はいつも殺

しが仲町裏一場だが、私は初演通り尾花屋の店先、廻って上手に小さな橋があ

ってそこに大きな月が出る方が、目先が派手でいいように思う。尾花屋の金屏

風を緋毛氈の上に立て廻した店先に、大勢いた人が、永代橋が落ちたと聞いて

みんないなくなる。誰か居そうで居ない。そこで殺しになる方が派手で立ち回

りにも二重と平舞台の両方が使えるからである。

 第二が常磐津の舞踊「浮世風呂」。

 猿之助の三吉はすっきりと軽く、なによりも嫌味のない踊りっぷりがいい。

「まぜこぜ踊り」も説明的でなく踊りになっているのがいい。

 第三が東京初役以来十五年ぶりの吉右衛門の「弁慶上使」。

 まず今度の弁慶は、前回少し地味だと思ったのとは大いに違って、やってい

ることは同じでも、若々しく、義太夫狂言らしい派手な艶、味わいが加わって

いる。この十五年の芸の円熟の結果である。弁慶のいがぐり頭に鳥居隈という

拵えはとかく可笑し味だけに落ちやすいものだが、今度の吉右衛門はその隈が

美しく顔に映えて錦絵の顔になっているばかりか、この男の青春の物語にふさ

わしい。

 まず花道逆七三のキマリの大きさ、本舞台へ来ての卿の君への「三忘」のせ

りふの面白さ、「生きるか死ぬか」で横目を使って卿の君を伺ってその肚を聞

かせるうまさは前回通り。最初の引込みの向こうを見てフッと思わずため息を

ついて気を変えて入るのは、渋いうまさである。

 信夫を刺しての二度目の出。

 「あきれ果てたるばかりなり」の左手に刀を持ち替えて立ててのツケ入りの

大見得がまずスケールが大きい。それから物語になっての振袖をかざしての

「押し立て」のツケ入りの見得、「ホテ転合なことをして」の色気、「こんな

面でも」の舌を出すユーモアと変化に富んで面白い。幕切れ近く侍従太郎の首

を切っての「大音声」の刀を一度ながして二重の端に立ち、右手に持ち替えた

刀を立て懐紙を当て右足を一段おろしてのツケ入りの、爽快な大見得まで、い

ずれもカドカドの形のスケールが大きく、味があって面白い。せりふ、動き、

技巧、心持ちが一致して一つの流れを作っているからである。

 侍従太郎の白布の首、紅の布の信夫の首、二つの首を両脇に抱えての幕外。

侍従太郎の首をまず捧げ、右手の信夫の首に思わずホロリとして片膝をつく、

気を取り直してシャンとなるキマリまで。いずれも歌舞伎の方の面白さと心持

ちが合体しているところが今回の弁慶のよさである。

 雀右衛門初役のおわさは、金襖の御殿物の格を持っているのが偉いが、その

上でのたった一人の世話女房の、その世話の味が薄いのが残念。もっとも初役

のしかも初日の舞台、段取り、型を運ぶのに急で情が薄いのはやむを得ないか。

信夫への母親としての情愛、ことに弁慶と知ってのつけ回しなども本当は十八

年の歳月を思い切って飛び越してタイムスリップするほどの青春の狂熱がなけ

ればならないが、そこまでには至らなかった。日が経てばよくなるだろうし、

まずは再演に期待したい。

 又五郎の侍従太郎が上使受けから切腹まで、肚があってしっかりしている。

高麗蔵の花の井。米吉の信夫は雀右衛門のおわさとは丁度釣り合いが取れてい

いが、哀れさが薄い。二役卿の君は妊婦の気の弱りが見えない。

 以上昼の部。夜の部は「鎌倉三代記」から始まる。

 いつもの通り「若宮口の戦場より」の三浦助の出からだろうと思っていると、

いきなり阿波の局と讃岐の局に、富田六郎、おくるまで出て筋を売る新演出。

いつもは前段と後段の間にあるシーンを冒頭に持って来たのだが、これで多少

は筋がわかりやすくなったかとは思うものの勝手が違って落ち着かない。筋を

わかりやすくということならばいっそのこと「豆腐買い」から復活すればもっ

とわかりやすくなるだろうし、ことに後段の時姫の長門殺しまでやれば筋も通

るし、この一段の主題もわかりやすくなる。とかく歌舞伎はわかりにくいとい

うが丁寧にやれば決してわかりにくくはない。しかしそうすると今度は一幕二

時間以上もかかってとても今日の興行時間に収まらないし、観客も退屈する。

そこで苦肉の策の新演出であるが、これで物語がすっきり分かったとはとても

いえないし、ことに損をするのはこの幕第一の出来である雀右衛門の時姫が

「お薬なりと温めんと」で三浦助が入るのにつれて引込むとすぐ「かくて白歯

を染めかねる」で同じ暖簾口から出なければならず、一向気分が改まらないこ

とである。ここで一息も二息もついて出ないと引き立たないことおびただしい。

あゝ、せっかくの苦肉新演出であるが、うまくはいかないものである。

 雀右衛門の時姫は、襲名披露の役でもあり、わずかの間に格段の進歩。スケ

ールの大きさといい、松也初役の三浦助に釣り合う若々しさといい、美しさと

いい、大輪の花である。前半薬を取りに行くところのノリはもっと手いっぱい

であった方がいいと思うし、くどきの「短い夏の一夜さに」の木戸を締めると

ころに上手の障子屋台への思い入れのないこと、くどきの終わりの横座りがも

っと体いっぱい派手に動いた方がいいことなど、いくつかの問題点はあるもの

の、「裏紫」で香の香りを聞く辺りは大いに堪能させる。立派な当代一の時姫

である。

 ことに今回進歩したのは、後半白刃をもっての「刃の色にあらわれて」のい

くつかの形が十分に味があって上出来なことである。これで三浦助に迫られて

の決心の思い入れがもう一杯深くなれば「北条時政討ってみしょう」が引き立

っただろう。

 幸四郎の佐々木高綱は、前半の安達藤三郎の間が愛嬌がなくとってつけたよ

うであるが、

後半井戸から出てはまことに立派な顔。物語のせりふも明晰でよくわかるが、

明晰になればなるほど「地獄の上の一足飛び」の幽霊見得や「その嬉しさ」の

一言一言の竹本との掛け合い、「坂本の総大将」のぶっ返りといった、歌舞伎

独特の型の技巧と矛盾してバカバカしく見えてくる。そういう歌舞伎の技巧を

どこかで信じていないように見えるからである。それていて幕切れのせりふは

感情過多になり過ぎる。

 松也の三浦助は、ニンはいいのだが、仕事をこなすのに精いっぱい。時々手

傷を忘れる。まだ型が消化されていないからだろう。

 秀逸なのは秀太郎の長門。前回とは違ってキッパリと手強く、少ない出場で

気持ちがよく出ている。この長門で後段の時姫の長門殺しが見たいと思った。

 つづいていいのは門之助のおくる。自害するのがいかにも哀れなのは、その

前の高綱の物語をよく受けている用意があるからである。

 吉弥の阿波の局、宗之助の讃岐の局とこの一幕は女性陣優位の「三代記」。

桂三の富田六郎。

 次が仁左衛門の「御所の五郎蔵」。

 序幕五条坂の出会いで、久しぶりにこの一場のために仮花道が出来て、仮花

道に五郎蔵一家、本花道に土右衛門一門が並んで掛け合いになると、これが歌

舞伎の一瞬の至福の時である。これでこそ歌舞伎というべきか。

 仁左衛門の五郎蔵は、すっきりして名調子の上に、本舞台へ来てからの、土

右衛門との掛け合いがいかにも自然なやりとりになっていて、心持がよく出て

芝居に身がある。むろん音吐朗々正面切ってやるのも一方法だが、こういうリ

アルさもいい。それが今回の仁左衛門のよさである。それにつれて左団次の土

右衛門もおのずから受け答えに気持ちがよく出て、今度はまずこの二人のやり

とりが舞台に生きている。

 歌六が甲屋与五郎。男女蔵以下の五郎蔵の子分、辰緑以下の土右衛門の門弟。

 二幕目は雀右衛門の皐月が手馴れていい。左団次の土右衛門との、この二人

の前半の芝居がいつもと違って立体的な駆け引き、互いの気持ちが出て面白い。

 そこへ仁左衛門の五郎蔵が来る。この愛想尽かしもただの恋人同士ではなく、

夫婦のいわば別れ話という趣があるのがいい。「闇があるから覚えて居ろ」の

引込みといい、大詰といい、色気、若さ、姿のいい五郎蔵である。

 米吉の逢州は、顔つきが子供っぽいのは是非もないが、すべての事件はこの

女から起こるのだからもう一歩心持が大人の表現が欲しい。

 松之助の花形屋吾助が逸品。

 夜の部の最後は「一本刀」。これが変わっていて面白い。変わっているのは

猿之助のお蔦である。今までいろんな人のお蔦を見たがこんなお蔦ははじめて。

前回初役の時はただヒステリックなだけだったが、今回はそえがうまくツボに

はまって、癇性で、やけっぱちで、世間を深く恨んでいて、それでいてやさし

さのあるユニークな女をうまく描いている。たとえば、このお蔦は、指先で

「アアッーア」という風に苛立って気ぜわしく、二階の手すりを何度も叩く。

それが一々ツボにはまっているのは、その指先一つに心持があらわれているか

らだ。これはこれでうまいお蔦である。

 大詰になると、そのお蔦がガラリと変わってしっかりしたまことに怜悧な女

になってうまい。私はいままで「一本刀」は茂兵衛が十年間に変わる芝居だと

思っていたが、実はこの十年で変わったのはお蔦も同じであることを改めて思

った。

 対する幸四郎の茂兵衛は、序幕がどこか知的で、目が光っていて、巡業先で

親方から追放されるような気働きのない男に見えない。しかし後半は立派な渡

世人姿、凄味もあって、大詰の名ぜりふが泣き過ぎて折角の名調子を崩してい

るのを除けばいい茂兵衛である。

 松緑の辰三郎は、朴訥なところがありながら気の弱いところがあって、猿之

助のお蔦とイキもあっている。

 もう一つの傑作は猿弥の船戸の弥八である。序幕の手強さ、とぼけた可笑し

さといい、大詰で力士コンプレックスから図抜けた大男に出会って、十年も前

の茂兵衛の頭突きを思い出して腹をおさえるのがおかしい。魚惣といい、これ

といい、猿弥今月大当たり。

 笑三郎と幸雀の酌婦、延郎の帖付、錦弥の料理人、弘太郎の伊兵衛。猿四郎

のいわしの北がいい。

 大詰になって歌六が波一里儀十、それに錦吾の老船頭、由次郎の舟大工がい

い。若船頭は巳之助、松也の掘り下げの根吉、桂三の用心棒。

 以上わき役まで含めて、問題はあるものの一風変わった「一本刀」で面白か

った。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る