2017年7月大田区区民センター

雀右衛門襲名の旅

 

 これからおよそ一ヶ月、東北から中国地方まで廻る雀右衛門襲名の旅公演の

初日、夜の部の「妹背山」の御殿を見た。

 吉右衛門久しぶりの鱶七、雀右衛門初役のお三輪が見たかったからである。

 最初に種之助が幕外へ出て、「妹背山」の御殿に至るまでの物語を解説する。

解説が終わると幕が開いていきなり「姫戻り」である。歌昇の求女は、せりふ

の柔らかさに工夫があるが、和事の体、動きの柔らかさはまだ出ていない。今

後の課題だろう。米吉の橘姫は花道を出たところ、品位を出そうとするためだ

ろうが、体が堅く棒を飲んだようで色気がない。わずかに入鹿の妹と知られて

身分を「隠せし甲斐ものう」と視線を落すところに情が出た。橘姫くらいはこ

なして早く三姫へ進んでもらいたい。

 「姫戻り」が終わると竹本の床に霞幕を張って葵太夫に交代する。「迷いは

ぐれし片鶉」でいよいよ雀右衛門のお三輪の出になる。区民ホールの短い花道

へ出たところ、亡父四代目雀右衛門のお三輪に似た姿、まずは合格である。つ

づいて本舞台へ来ての「お留守かえ」の裏向きのきまりもキッパリして上出来。

 友右衛門の豆腐買いが出て、求女のことを聞いての気の揉みようはいささか

淡彩である。

 「上る階長廊下」は、三段に上がりかけたところで大太鼓が入って「あれえ

ー」と下手突っ伏すしぐさと、そのあとの「長廊下」の恐る恐る手で泳ぐよう

に階に近づく動きが二つ別々に途切れるのが難点だが、それは心持が一貫して

いないからである。しかし「長廊下」の動きそのものは大きく濃厚さがあって

いい。

 いじめの官女が出る。官女に一人一人ぶっかる所は官女の顔をもっとはっき

り見るべきであり、その分リァリティを欠く。

 「憾み色なる紫」で官女から苧環を取って抱きベッタリ座る所は亡父四代目

の最もいいところであるが、それを学んで八割のよさ。

 「竹に雀」になるが、ここはまだ段取りに追われていて、奥への気持ちがつ

ながらず、その結果哀れ気がうすい。このお三輪最大の課題はここであるが、

今日は初日、日が経って段取りが消化されれば良くなるだろう。

 この竹雀を見て少しがっかりしていると、一転、その次に驚くべきことが起

こった。ここから七三へ行っての「あれを聞いては」になるまでは、歌右衛門、

梅幸、雀右衛門、玉三郎その他誰がやってもダレる。ところが今度の雀右衛門

はここが一幕中一番傑出している。面白くてダレない。それは子太郎を連れて

来て云々のお三輪のあどけない少女の心持に対して、形が造形的にキッパリし

て美しく、その心持と形が対照的でありながら、しかも交錯しながら一体にな

っていくところが面白いからである。歌右衛門、梅幸のように捨てぜりふで極

端に心理的にならない。まず大きく後ろへ両手を廻して帯を取って奥を見込ん

できまる。これが印象的な形でいい。造形的な形の美しさが心持ちと対照的に

出る。そこへ奥から官女たちの声が聞こえる。それを聞いて「みなさん、覚え

ておいでなさりませ」とキッバリいう。そういいながら形が崩れて二三歩下手

へ歩き出す。そこへまた声が聞こえる。「アイ、(そこへは)行きやしませぬ」

といってトンと足拍子を踏んで裏向きできまる。この形がいい。そこへ三度目

の声。今度は世話にくだけて耳をふさいで花道へ行く。一度見ただけだから私

のいう段取りが多少違うかもしれないが、形の美しさ、気持ちが交錯しながら

盛り上がって高揚して行く具合がまことに好く、これで花道の「あれを聞いて

は」がドラマチックになる。ここだけに限れば私は今までになく堪能した。雀

右衛門大手柄である。

 お三輪が本舞台へ戻って来てそこへ吉右衛門の鱶七が出る。この出が意外に

素気ない。キョロキョロ辺りを見回しているように私には見えたが、わざとそ

うしているのかもしれないが、性根が違うだろう。鱶七はすでに陰でお三輪の

嫉妬を聞いていて、この女の生血こそ必要だから何としても殺そうとしてここ

へ出て来たのであって偶然通りかかったのではない。表面に隠してもハラには

ハッキリとその必死の覚悟があるべきであろう。

 しかしいよいよ金輪五郎になってからは無類の豪快さで相変わらずこの人の

傑作である。ことに今度は「女喜べ、それでそ天晴高家の北の方」で上からお

三輪を見下ろすところで、

私は思わず初代吉右衛門の鱶七を思い出した。いくらか笑みさえ含むような情

愛の深さ、豊かな芸の艶があったからである。そのあとのからみを使っての物

語はいつもの通り。カドカドの見得の豪快さ、味わいの濃さの上に、この人間

が古代神話のなかの人間だということを実感させる。なぜだろうか。鱶七がお

三輪という女を惨殺するのは神への生贄であり、それを決然として一点の迷い

もなく行うのは、淡海への忠義のためばかりではない。彼が神へ生贄を捧げる

べき祭司だからであり、それがこの古典劇の真の意味であり、かつ現代性だか

らである。というのは私たち現代の人間にもこの古代信仰は深く眠っているか

らである。その証拠に今でも人は神社に行くだろう。

 古代神話を江戸風俗にことに金輪五郎という勇士を難波の浜の卑賤な漁師鱶

七にしたのは単なる作者近松半二のもの好きや御趣向や江戸の観客へのサービ

スのためではない。漁師という一庶民のなかにも―――ということは私たち現

代の一市民のなかにも古代信仰が潜在的に隠されていて、それが危機的な状況

のなかでむくむくと姿をあらわす瞬間があるというプロセスのドラマを描くた

めであった。そう思って見ていると吉右衛門の金輪五郎が古代神話世界の人間

になって行く、あの豪快さ、あの古色がどこから来るのかがよく分かる。カド

カドのキマリの錦絵の美しさ、平舞台から二重へ上がる後ろ六法の面白さはそ

のドラマの根幹に深くかかわっているからこそ、美しい光彩を放っているので

ある。

鱶七が幕を切って、これだけでも一時間半かかるから旅公演では仕方がないが、

一度鱶七上使から通してみたいと思う。そうすれば吉右衛門によってなぜ古代

信仰が舞台に蘇ったかはもっと鮮明になるに違いない。

 他に「口上」と「太刀盗人」があるが、私は御殿だけで満足して帰った。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る