2017年7月国立劇場

菊之助の大蔵卿

 

 「一条大蔵譚」の桧垣、奥殿の二幕である。 

 菊之助初役の大蔵卿は、桧垣で御所の門を出たところ、口を開けた阿呆の顔

が線が細くて子供っぽく、女のように見える優しさ。そのニンからいっても是

非もない。教わった通り、克明に阿呆の型をやればやる程、その細さが目立っ

て型がうるさく見える。

 奥殿になって本性を現してからは、品があって凛として幾分見直す。しかし

阿呆になるとこうでしょうかというような違和感が目立つ。この役には演出や

技巧だけでは処理しきれないものがあるのかも知れない。大蔵卿は「若年より

の作り阿呆」といい「二十年来」の作り阿呆といっているから、どんなに考え

ても十代後半あるいは二十代から作り阿呆になったとしてすでに四十代。昔の

平均寿命五十歳という年齢感覚から行けば中年もいいところで、さればこそ常

盤御前と結婚もするし、八剱勘解由の陰謀も「ままよ」と見逃す余裕もある。

菊之助にはまだ若すぎるのだろう。

 しかし周囲はなかなかいい。

 梅枝の常盤御前は、せりふの呼吸をよく研究して、「家来は家来の程々にて」

以下、あるいは「時世に伴るる人心」からとかの、名せりふをしっかり聞かせ

たのは若いのに似ず感心 である。ただ二重で真正面を切って座っているのは

風情がない。正面は正面でも本の心持上手向きに正面を外した方が余韻が出る。

たしか歌右衛門はそうだったような気がするが。それと二重を降りてから時々

体に締まりがなくなるのは、持ち切れないためか。

 彦三郎の吉岡鬼次郎は、忠義一徹、せりふ、心持ともに明晰で締まった出来

である。芸の面白さが出るのはこれからだろうが、まずはこの芯の通った基本

が大事である。

 右近のお京は、夫に連れて花道を出る時の何気ない情といい、「鶴亀」の踊

りの手ぶりといい、いいお京である。幕外の引込みも最初の二足三足にヒレが

ないが、奥殿になっての常盤御前への意見もいい。この幕第一の出来である。

 以上三人がいい出来である。他に菊市郎の八剱勘解由、菊三呂の鳴瀬。

 竹本は二幕で四組も変わるが、奥殿後半の愛太夫、寿治郎がさすがに群を抜

いている。

 解説「歌舞伎のみかた」は坂東亀蔵。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る