2017年8月国立小劇場

歌昇の又平

 

 去年の「寺子屋」の松王丸につづいて、歌昇の又平がいい。第三回双蝶会。

八月五日、六日。

 まず花道の出。逆七三で一度揚幕を振り返って、七三で改めてもう一度振り

返り、遠く客席を見渡しての思い入れが、すでに修理助に土佐の苗字が与えら

れた複雑な思いを描いていい出来である。

 つづいて将監の北の方に修理助が苗字を貰ったことをいわれて、やっぱりと

フッと向こうを見るところがうまい。花道からの思いにつながっている。しか

しおとくに「こなたを吃りに産み付けた親御をお恨みなさんせいなァ」といわ

れた後の、「口に手を入れ」は型通りで平凡であった。

 雅樂助が出て、物見になる。

 ここも大したことはない。もっともここが面白くなるためには年期がいるか

ら仕方がない。これからである。

 将監の「修理は若輩なり、又平は吃りなり」を聞いて自分の顔を指さすのは、

だれでもする形だが、今度のように心理的にリアルな又平になると違和感がある。

 そのあとの吃りながらの長ぜりふは、吉右衛門の又平をよく学んでいて、吃

りを聞かせながらも筋をはっきり聞かせる分かりやすさで、うまい。

 「さりとはつれないお師匠様」は、その前の絶望の芝居がうまく、それから

ここへと歌昇独特のよさが出ている。独特というのは、これだけいわれても師

匠を敬愛していることがよく分かるからである。大抵の又平はここで悲劇の翳

が濃いのが普通だが、師匠を愛してやまない又平は珍しい。この人の誠実さが

よく出ているからである。この又平第一の手柄。

 修理との芝居につづいて「死にたい」は、前の件りからの将監への敬慕が強

いために、絶望もまた強く出ていい。

 おとくに勧められて手水鉢に絵を描く。その「名は石魂に止まれと」は力み

過ぎ。ことに書き始めと書き終わって、二度とも「カーッ」と掛け声をするの

はよくない。そうしないと体に力が入らないというならば、それは肚が薄いか

らである。

 手水鉢の絵が抜けたのを見ての驚きから「嚊、抜けた」はよく出来ている。

 後半台頭の舞から幕切れまでは、どこが悪いというのではないが、舞台全体

のテンポが緩んでいて、ダレる。もっとテンポアップすべきだろう。

 種之助のおとくは、前の幕の大蔵卿よりはこっちの方がニンに合っている。

といっても女形の修行が足りないために、最初のしゃべりなどは身に付いた味

がないのは是非もない。

 最近の若い役者は、とかく立役も女形も器用に任せてやる人が多いが、これ

は九代目団十郎や六代目菊五郎のような天才は別にして、歌舞伎の表現システ

ムの破壊につながる。歌舞伎は役柄によって役を分類し、その役柄に従った身

体を作り上げなければ表現が不完全になる。その身体も出来ていないのに役柄

を超えるのは危険だし、役柄に沿った身体をつくるのは並大抵の努力ではない

はずである。第一観客のイメージが混乱する。その結果どっちつかずになる。

若い人には早く自分の役柄の基礎を作ってほしい。

 米吉の修理助は無事一通り。

 又之助の土佐将監は芝居がしっかりしている。梅乃の北の方、蝶二郎の雅樂

助。

 竹本に葵太夫、ツケ打ちに芝田正利とベテランが揃って舞台を締めている。

 この前に種之助の「大蔵卿」の奥殿がある。

 種之助の大蔵卿は、年配といい、ニンといい、教わったことを精一杯一生懸

命にやっている勉強芝居なのは仕方がない。壱太郎の常盤御前は、御簾が上が

ったところ、正面向きで大大としている上に、せりふに工夫がなくてよくない。

すでに先月言ったようにここの常盤はただ正面向きではなく、揚弓の的に向か

ってやや上手向きに体を開くか、少なくとも揚弓の的に向かっている心持ちが

要る。

 この幕第一の出来は歌昇の吉岡鬼次郎。やはりこの人は時代物の武張った役

の人なのである。米吉のお京は娘役の如く、幕開きの鬼次郎との芝居も、声を

ひそめてのやり取りという配慮がなく、外と同じ発声なのは疑問。蝶十郎の八

剣勘解由。蝶紫の鳴瀬は奥殿だけなのでほんのちょっとの出場だがしっかりや

っている。ここでも愛太夫、寿治郎の竹本が舞台を締めている。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る