2017年8月国立小劇場

右近のお舟

 

 尾上右近の自主公演「研の会」第三回は、「矢口渡」と舞踊「羽根の禿」と 

「供奴」。

 右近初役のお舟は、のれん口から行灯を持って出たところ、美しさといい、

ニンのよさといい、黄八丈の前だれがよく似合ういい娘ぶりである。門口で義

峯を見て一目ぼれする所は、思わず上手へ行って袂をとって胸にあてる。たし

か菊之助は胸へ手を差し入れるところが一目ぼれの心の動悸を抑えてうまかっ

たが、むろん袂でもいい。しかしもう一つ表現が内輪になることは否定できな

い。ここは一瞬の運命に体を貫かれるような身体的な表現が欲しいところであ

る。

 総じてこのお舟は前半気持ちも、姿も十分でありながら、それが時にバラバ

ラで型に統一され身体化されていない嫌いがある。そのために動きがともすれ

ば段取りになって気持ちが上滑りする。たとえばくどきも教わった段取り通り

でありながら、その動きから気持ちが浮かび上がって客席に広がって行かない。

蓑笠を持っての上手への引込みも、はっきり義峯うてなの二人を逃がして、自

分の死も覚悟する大事なところであるが、一体なにを決心したのか見た目にわ

からない。ここも型が観客に語り掛ける言葉が身体化されていないためである。

 その点、舞台が廻って手負いになってからのカドカドのきまり、たとえば海

老反りや太 の屋体の柱につかまってのきまりは形がキレイで客席がワツとい

う。それはいいのだが、そのことに満足していてそれ以上の感動が薄い。ここ

も手負いのあわれさが身体化されていないためである。

折角のはまり役なのに今一歩で残念。再演に期待したい。やっぱり三姫やお光

やお三輪をやった上でのお舟の方がよかったかも知れないと思う。

 市蔵の頓兵衛は、小顔で不利なニンを大時代な芝居でよくカバーしていい出

来である。凄味を出すために年中口をあけているのが気になるが、カドカドの

きまりは大いに工夫があって厚手な味を出していい。ただ引込みの蜘手蛸足は

もっと粘った魅力があった方がいいだろう。とかく最近の頓兵衛はここが浮き

立つような、ワクワクする面白味がない。

 松也の義峯は、憂いは十分きいているがお舟に言い寄られての柔らか味がう

すく、終始額に八の字の皺を刻んで無愛想なために芝居が盛り上がらない。迷

惑は迷惑でもつい   目の前に出された据え膳を食ってしまうという、色気

と和事の面白さがなければ、白旗が祟る筈がない。

 鳶之助のうてなは、これも愛嬌に乏しく京都六条の廓で一番の傾城とは見え

ない。これではお舟が焼餅を焼きようがないだろう。

国矢の六蔵は、近頃だれでもそうであるが、おかしさの突っ込みが足りない。

思い切って突っ込まないと芝居が立体的にならない。この役は脇役のように見

えて実は芝居全体を動かしていく大事な役なのであり、だからこそ昔は大どこ

ろの役者が出たのであろう。

 「矢口渡」のあと幕間があって踊り二番。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る