2017年9月歌舞伎座

新しい長兵衛

 

 今日、私は新しい長兵衛を見た。吉右衛門の「湯殿の長兵衛」である。別に

変った新演出があるわけではない。いつもの通り。しかし回を重ねて洗練され

て、今まで見えなかった一本の線がつながって、長兵衛という男の人生のドラ

マがはっきり浮かび上がった。これだから古典は同じものを何度見てもその度

に新しい発見があるのだ。

 むろん「湯殿の長兵衛」はいつ見ても江戸ッ子の男一匹、意地の張り合いか

ら殺される男の話であるが、今度はそうではなかった。死に場所を自ら発見す

る男の話であった。人間はいつか死ぬ。しかしいつ死ぬかはだれもわからない。

死を自ら求めるのは単なる自殺に過ぎない。長兵衛は自殺者ではない。自ら死

に場所を発見した。ここで死ななければならないと思い、そうすることが自分

の人生を全うすることだと思った。全てを終わらせようとしたのではない。そ

こが自殺と違う。

 たとえば二幕目の花川戸の長兵衛の内の長兵衛自身の告白を聞いているとよ

く分かる。今度の吉右衛門のそれは、自然な軽さのなかに実がこもっていて、

そのリァリティがこれまでにない深さである。すでに夫の覚悟を知っている魁

春の女房お時がせっかく仕立てた黒紋付がこんな役に立とうとは思わなかった

という。そうすると長兵衛はこれが一世の晴れ舞台だからこそ仕立て下ろしを

着るのだという。なぜ晴れ舞台なのか。実力があっても所詮しがない町奴にと

って士農工商の身分制度は鉄壁であった。その鉄壁に向かって長兵衛は革命を

起こしたわけではない。八千石の旗本と対等に死ぬのは晴れ舞台だと思った。

むろんたかが八千石である。八万石でも八十万石でもない。そこに長兵衛の勇

気と哀れさがある。

 彼が偉いのは彼がプライドを捨てなかったこと。体を張って血の涙を流しな

がら生きて来たからである。多くの人の難儀になることを知りながら、ここが

自分の人生の終末だと思った。そこにこの男の発見がある。今度の吉右衛門の

長兵衛はそういう男のドラマであった。

 序幕村山座の名調子もさることながら、それ以上に大事なのは坂田金左衛門

に対してあくまでお詫びに出たのでございますといっていることである。この

卑下した態度が一貫している。初代吉右衛門の長兵衛は愛嬌こぼれるばかりで

あったが、その愛嬌こそ士農工商の最下位にいる人間の被差別感覚とそれを超

えようとする方便から出る。当代またそれに近く初代の光彩につながっている

と同時に、次の幕の花川戸の内での述懐で爆発する。私が一本筋が通って男の

ドラマが浮かび上がったといい、新しいという所以である。

 大詰水野の屋敷では、風呂場へ誘われてよんどころなく立ち上がって向うを

見る思い入れが、夫婦、親子の別れの情が出てうまい。それに引きかえて湯殿

では満場を沸かせる、ここ一番の大タンカ、胸のすく出来である。

 魁春のお時は、あえてベタベタせずにサラリとしながら、夫の気持ちは底の

底まで知っている女房を描いて、しかも風格がある。

 又五郎が村山座の坂田金平の大荒事のあとすぐ引っ返しての三枚目の出尻清

兵衛で腕を見せる。ことに金平で舞台番に思わず「もう大丈夫なんだろうね」

というさり気なさ、可笑しさがうまい。橘三郎の慢容上人が手に入ってうまい。

 染五郎の水野は悪が効かないが、この年配では仕方がない。その分錦之助の

近藤登之助が悪を聞かせて水野を助けている。

 歌六の唐犬権兵衛が舞台を締めている。

 錦吾の渡辺綱九郎、吉三郎の保昌武者之助、吉兵衛の舞台番、蝶十郎の中間。

脇のなかでは吉之亟の坂田金左衛門がいい。

 児太郎の頼義、米吉の御台、松江、亀鶴、歌昇の子分。

 以上この芝居がこの興行一番の見ものである。

 昼の部はこの前に染五郎、菊之助の「毛谷村」と藤十郎、壱太郎の「八段目」

の道行がある。

 「毛谷村」は次代の歌舞伎を背負う二人。ことに染五郎の六助がいい出来で

ある。前半の「なんとでごんす、ぼろんじどの」の愛嬌から、太鼓を叩いてス

キを見せずにお園への物語がいい。お園と知れてからの居所が真中へ出過ぎて

せせこましいほかは、ニンも芝居もいい。後半、斧右衛門が出てからはやや力

不足。タッチが弱くなる。しかし「義の一字」と扇を開いた大見得で大分取り

返した。まずは上出来である。

 菊之助のお園は花道の出がよくない。女が男装しているという面白さがはっ

きりしない。男か女かわからぬ中途半端。相手が六助と知れてからは、尺八を

火吹き竹と取り違へたり、臼を持ち上げたりするのがとかく段取りめく。六助

への狂熱的な思いが出ていないからである。くどきはカラミを使って一通り。

型通りであるが、もう少し色気が欲しい。

 この一幕では又五郎の微塵弾正が、凄味、憎みともによく、今月昼の部の三

役、大当たり。

 吉弥のお幸は、人品卑しからず、立派な吉岡家の後室。ことに後半斧右衛門

が入ってから舞台にスピードが出たのはこの人のリードの力である。吉之亟の

斧右衛門は突っ込みが足りず不発。

 次の「八段目」は、私は藤十郎の戸無瀬をはじめて見た。九段目は再三見た

が八段目は東京では初役。小浪とともにせり上がったところはさすがに立派な

風格。しかし仕どころがあまりない役だから、それまでである。

 藤十郎とともにせり上がった壱太郎の小浪が十分藤十郎に対抗するだけの立

派さには一驚した。ここのところ大いに芸格が上がったからである。しかしと

かく顔を上げすぎるのはよくない。むろん小浪は力弥に会えて嬉しいだろうが、

同時に不安もあるはず。上を向いてばかりいては、その性根を失う。

 隼人の奴。

 夜の部は、吉右衛門の「逆櫓」と染五郎、雀右衛門の「清玄桜姫」。

 吉右衛門の樋口は、前半花道のはなやかさから、梶原に目通りしての物語の

うまさが、浮き立つようで面白い。後半は「権四郎、頭が高い」で門口の柱に

つかまって向こうを見込んでのキマリ、二重に上がりかけて振り返っての裏見

得、表になっての大見得まで錦絵の美しさ。これぞ歌舞伎という味わいで堪能

させる。物語はわずかな動きでありながら大波が波頭に砕ける如き面白さであ

る。「そめろの山、千尋の海」の情愛、遠見を挟んでの逆櫓の松の大立ち回り、

物見のカドカドの見得の立派さ。いずれも堪能させる。

 歌六の権四郎が秀逸。ことにお筆の話を聞いている間の、絶望に打ちひしが

れてジッと動かずしかもハラで芝居を受けている具合が印象的であった。今日

の権四郎である。

 東蔵のおよしは、お筆が帰るというのを聞いて引き留めるところに、わが子

可愛さからせめてこの人と話をして居たいという母親の情、女の気持ちが出て

ホロリとさせる。このあと権四郎に手を引かれてのれん口へ入る時、二重に上

がった歌六、東蔵がフッと立ち止まる。その二人の背中に親子の不運を思わず

にはいられなかった。結婚によって血族には他人が入ってくる。そして新しい

絆が生まれる。およしの再婚、樋口の入り婿。まして武士と船頭という身分の

差。その人間関係の複雑ななかから樋口はむろん、およしも権四郎も生きてい

かなければならない。そう思わずにはいられない親子の後姿であった。

 雀右衛門のお筆はベテランに囲まれてまずは神妙な出来。又五郎、錦之助、

松江の三人が船頭に出る顔揃い。

 左団次が重忠。

 次の「清玄桜姫」は南北の名作「桜姫東文章」の先行作。南北のネタは全部

ここに揃っていることがわかる。その「遇曽我中村」という古い脚本を吉右衛

門が三十年余り前に「松貫四」の筆名で脚色、四国と大阪で上演したが、私は

どちらも見なかったので今度はじめて見た。吉右衛門監修、戸部和久補綴。

 全三幕のうち、序幕新清水花見の場は、染五郎の清玄上人と奴波平の二役早

変わり、錦之助の千葉之助清玄、雀右衛門の桜姫、魁春の山路という適役揃い

なのに、いささか冗長な上に、演出がキッパリせず、役者が芝居に慣れぬとこ

ろもあって芝居がこなれていない。

 一つだけ例を挙げる。千葉之助と桜姫の不義が証拠の手紙で手詰めになった

時、山路がその手紙は「キヨハル」ではなく「セイゲン」だと主張するのを思

いつくところ、セイゲンが偶然石段の上に立っているのは、芝居としては面白

くない。なんのためにここへ清玄が出て来たのかがわからず、その分山路が思

いつく運命的な瞬間が立体的になっていない。

 桂三の荏柄の平太が手強くない上に、一味の吉之亟の大藤内が神職だといい

ながら雑色みたいな格好しているのも軽々しい。敵役陣が弱いので主役たちに

枷が掛からないのである。もっと整理して演出を面白くすればいい芝居になる

のに惜しいことである。

 二幕目雪ノ下桂庵宿の場は、原作の風俗描写をするには装置が原作と違って

ありきたりの店先であるのが不自由。原作が面白いだけに残念。

 大詰六浦庵室になってもまだ物語がごたつく。児太郎、米吉の寺小姓も、京

妙の富岡の後室もカットしてここまで来たらばもう清玄桜姫に筋を絞った方が

インパクトもあり、役者も仕甲斐があったろう。現に染五郎、雀右衛門、錦之

助の三人もここでグッとよくなる。

 再演に期待したい。

 

 Copyright 2017 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る