2018年1月歌舞伎座

高麗屋三代の春

 

 今年は歌舞伎座が出来て百三十年だそうである。その正月に高麗屋親子三代

の襲名が行われている。すなわち幸四郎が二代目松本白鸚に、染五郎が十代目

松本幸四郎に、金太郎が八代目市川染五郎になる。まことに目出度い。

 その披露狂言は、新白鸚が昼の部に「寺子屋」の松王丸、新幸四郎が昼の部

に「車引」の松王丸、夜の部に「勧進帳」の弁慶、その義経が新染五郎である。

 まず新白鸚の「寺子屋」の松王丸について。

 この人の芸風は、リアルで合理的なところにあって、それがこの松王丸では

まことにストレートに出ている。「やあーれ、お待ちなされしばあらーく」が

まず天性の名調子。黒の衣裳で駕籠から出たところ古怪な芸格である。「助け

て帰る手もあること」で玄番に「ム」と突っ込まれるのをごまかす具合もリア

ルである。この松王丸は病気というところを強調して前半ほとんど半眼で本当

の病人の見えて暗い。

 寺子改めから内へ入ってのツケ廻し、源蔵とぶつかって二三足下がっての横

見得はさしたることがない。この人に動きの妙味があまりないからである。

 しかし弁舌となるとあざやか。たとえば「机の数が一脚多い」のせりふの舌

鋒鋭いところなどうまいところ。あるいは戸浪の言訳を「ナニ、ナニ、ナニを

バカな」というところも気合十分。この鋭さがこの人の真骨頂である。「源蔵

夫婦を取り巻きなされ」も同じ。

 「無礼者め」の大見得は、吉右衛門、仁左衛門ほどのコクがなくごくあっさ

りといく。ここらもこの人の持ち味である。

 首実検も「出かした」を小太郎の首にいうところがさり気なくてうまい。リ

アルなのである。

 門口へ出てから、普通はトンと格子を閉めて気をかえるが、この人はそこで

は気をかえず、大刀を後ろへ廻して背中をシャンとしてきまったところで気を

かえる。背中で心持ちを語らせる。この人らしい皮肉なうまさである。

 二度目の出以後は、「あの、笑いましたか」がうまい。義太夫というよりも

ほとんど素の会話に近いところにこの人の本領があり、人間描写のうまさがあ

る。それにくらべて大落しがそれほどでないところもこの人の芸風の特色とい

っていい。

 この松王丸に対して梅玉の、これも素直に嫌味がない、自然な源蔵がよく合

っている。たとえばこの人の特色は、すでに花道の出の、芸格を大事にして静

かに歩いて来るところによく出ている。

 魁春の千代は、最近とみに歌右衛門に似て来た。芸格が上がったからである。

木戸の内に入って、ほんのちょっと顔を格子の方に向けての思い入れが印象に

残る。

 雀右衛門の戸浪がキッチリと舞台を締める出来。

 左団次の玄番は、なんでもないようにやっていて、実は自然に磨き抜かれた

芸のたまものである。

 藤十郎の園生の前は、幕切れに立たずに中腰のままきまるのが変わっている

が、この人が出ると一挙に舞台が大きくなるのはさすがである。

 怪我から復帰した猿之助の涎くり。菅秀才にたしなめられるところで、はじ

めは聞いていずに、途中から耳を傾けるあたり実にうまい。観客の気を一気に

つかんでいる。東蔵が父親で、この二人のやりとりが面白い。百姓は由次郎以

下手揃いで、この「寺子屋」は仁左衛門襲名の時以来の「大寺子屋」である。

 さて、新幸四郎は「車引」の松王丸である。

「待てエーエ」で上手から出たところ、体が荒事風になっていないのでオヤオ

ヤと思ったが、これは大きさを出そうとする工夫だったらしい。というのは、

横見得、元禄見得ともその体の儘だから見栄えがしなかったが、五つ頭あたり

から徐々にかわってきて、幕切れの大見得ではじめてヌーッとした大きさが出

たからである。まずはこの工夫がはじめから出るようになれば一段と芸が上が

るだろう。新幸四郎のスタートである。

 対する勘九郎の梅王丸は、力が入っているのはいいのだが、その力がナマの

力であって表現の上での力になっていないために、見得に丸みがない。もう一

工夫、力、勢いが観客に伝わるにはどうすればいいのかを考えるべきだろうと

思う。そうすれば第一級の梅王丸になる。

 七之助の桜丸は前半の述懐の「今日や切腹」あたりはまことにいいが、さて

笠をとってみると鋭すぎて柔らか味が足らず、これは首の振り込み方一つにも

あらわれている。

 時平は弥十郎、杉王丸は広太郎、金棒引きは亀鶴。

 昼の部はこの「車引」の前に、又五郎、鴈治郎、芝翫、扇雀らの舞踊「七福

神」と「箱根霊験誓仇討」がある。

 勘九郎の勝五郎は、どこかに祖父十七代目の面影があるのがいいが、足が立

ったところで滑稽にすぎるのが玉にキズ。奇蹟が軽く見える。それから幕切れ

まではもう少しテンポが出る方がいい。

 七之助の初花は、母を人質に取られ、夫は滝口上野に斬られそうになるとこ

ろ、その両方の責めにあって、身を捨てて滝口上野に従う決心するところの性

根がハッキリしない。型の段取りがキッパリしていないからである。

 愛之助の奴筆助と滝口上野の二役は、筆助が本役。さぞよかろうと思った滝

口上野は、障子を引いて姿をあらわしたところが思ったほど幅も余裕もないの

は、芸で色気と凄味を見せるという工夫が足りないからである。初花の帯を取

っての、花道の引込みもしていることは十分なのに、それが空間に広がらない

のは、この役の初花への執着心が足りないからだろう。

 秀太郎の母早蕨、吉之亟の刎川久馬。

 いてうと吉兵衛の非人は、おかしみと端敵の憎さが足りない。

 さて、夜の部の新幸四郎の披露狂言は「勧進帳」。

 2014年十一月の初役の時は、前へ進もうとすると親父の幸四郎の富樫が大絶

壁、思わず後ろへ下がるとこわい叔父さん吉右衛門の義経と、二人の間に入っ

て染五郎(新幸四郎)が七転八倒の苦しみ、見ているこっちもハラハラのし通

しであったが、そのおかげには思いの外の上出来であった。それが今度は前へ

進めば叔父さんの絶品の富樫、後ろへ下がれば息子新染五郎の義経が心配。し

かし息子の心配は楽屋うちの話、芸の上の話ではないから、大分自己流になっ

た。

 前回良かった三ヶ所。山伏問答、打擲、引込みのうち、山伏問答は丁寧なせ

りふを嚙みしめる彼らしい新鮮さが薄れ、二つ目の打擲は思い入れがあいまい

になった。三つ目の幕外は天を仰ぐのを取ってしまったのは大英断だが、それ

はいいとしても初役の時と違って太鼓に合わせて手を振るし、飛び六法も飛ん

でいる感覚がうすくなった。その上に前半で居所が前回と違って真中へ行きす

ぎる。関の存在を忘れなければ前半は中央やや下手より、後半になってはじめ

て真中へ出るべきだろう。そういう細心さが忘れられたのが残念である。

 世に初役は緊張と新鮮さでよくとも、二度目が正確さを失うというが、その

二度目が襲名にあたったのは不運というほかない。これでは鴈治郎、芝翫、愛

之助、歌六という錚々たる四天王をとても後へ従えることはできない。初心忘

るべからず。三度目の正直を待ちたい。

 吉右衛門の富樫が絶品である。

 初代吉右衛門の芝居のうまさ、せりふの名調子、それゆえの芸のつや、それ

に加えて八代目幸四郎の腹を切る覚悟を見せた男の意地。両方を兼ね備えたい

い富樫である。

 ことに私が感心したのは三ヶ所。一つは山伏問答の、たいていの富樫は棒立

ちせりふ一本やりであるのに対して、実に細かい動きがあってその運びが丁寧

に芝居を面白くしている。「ハバキはいかに」で弁慶の足の方を見るあたり。

これでどの位新幸四郎が引き立ったか。その上にこれを見ていると、富樫が弁

慶という男に同感していくのがよくわかった。それがあって引込みがうまく引

き立つ。普通は泣きあげるとそのまま切戸口へ入ってしまうが、今度の吉右衛

門は、行きかけて一瞬弁慶を振り返る。その一瞬の顔のよさ、思い入れの深さ

が印象的であり、これあるがゆえに、富樫切腹の覚悟が明快になる。幕切れは

一度きまって、改めて花道の弁慶に向けてクイッと傾けた顔が印象的であった。

 以上、絶品という理由である。

 新染五郎の義経は、いささか神経質ではあるが、気品もあっていい義経。し

かしせりふ廻し、声の出し方には問題があり、これからであろう。

 長唄は鳥羽屋里長が絶唱を聞かせる。三味線は栄津三郎。

 この前に芝翫、愛之助の「角力場」と「口上」、あとに舞踊二番。扇雀と孝

太郎の長唄「相生獅子」、鴈治郎の若衆、雀右衛門の傾城、又五郎の奴で常磐

津「三人形」。

 「角力場」では芝翫の濡髪が立派でもあり、いい出来だが、一点暗く、鷹揚

さがないために敵役のように見えるのが問題である。これが吹っ切れれば吉右

衛門のそれに次ぐ当代の濡髪になる。

 愛之助の山崎屋与五郎、放駒長吉の二役は、与五郎の色気があるのがよく、

放駒は芝翫とのつり合いはいいとしても、後半もう一歩青年らしい愛嬌があっ

た方がいい。七之助の吾妻、錦吾の茶屋の亭主。

 「相生獅子」と「三人形」はどちらも名曲であり、歴史的に由緒のある踊り

であり、舞台の出来も各々悪くはないが、そのよさが現代の観客には通り難く

い面があり、かつは「勧進帳」のあとのデザートの二膳込みでいささかもたれ

る。どちらか一番でよかったのではないか。   

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る