2018年1月新橋演舞場Aプロ

獅童の「天竺徳兵衛」

 

 病気全快の獅童が「天竺徳兵衛」を初役で勤める。

 序幕が吉岡宗観館で、佐々木家の騒動から天竺徳兵衛の異国の土産話、宗観

切腹、術譲り、屋体崩しで大屋根になって水門口までの三場。

 二幕目が梅津掃部屋敷で、徳兵衛が座頭に化けての木琴の演奏から見顕され

て平舞台の池に飛び込んで早替りで花道から勅使になって出る眼目の場、第二

場が蔵前で今度はめ込んだ「石川五右衛門の葛籠抜け」の宙乗り。

 大詰が一座顔揃えての詰め寄りで幕になる。

 今井豊茂の補綴台本は、序幕を手際よく運んでいるが、いつもと違って二幕

目にはめ込んだ「葛籠抜け」のためだろうが、座頭から上使に替わる徳兵衛が

いつもの燕手の鬘に長裃の上使ではなく桜町中納言という勅使になったため少

しごたついているし、大詰の詰め寄りも型通りで、一座の顔を揃えるだけなら

ば、葛籠抜けの一場に繰り込んだ方が宙乗りが引き立っただろう。

 獅童は、こういう役になると古怪なマスクが生きて、この狂言に好く似合っ

た。うまい企画である。

 まず月代の伸びた鬘に、厚司の着付け、弁慶縞の裃で花道を出たところニン

に合って派手でいい。最初の異国話は、トランプ大統領の北京訪問や自身の病

気全快を取り混ぜた話で大いに客席を沸かせる。大サービスであるが、欲には

鎖国の江戸時代の人間の見た異国風俗への驚きが欲しいところである。

 吉岡宗観が実父とわかっての術譲りは、カドカドのきまりがキッパリして壮

快。凄味こそ足りなくとも上出来である。

 屋体崩しで大屋根になると、巨大な、目の光るガマの作り物が目を奪うが、

このガマがあまりの迫力で折角の獅童の徳兵衛が小さく見えてしまうのは大損

である。

 水門口は、最初吹替のガマが立ち廻りをやって、幕を引き付けたところで獅

童のガマと入れ替わって、幕際で引き抜いて菊百の鬘に四天姿になるのが、ゴ

タゴタしてよくない。ここは立ち廻りを短くしても是非とも本人がガマの縫ぐ

るみに入って、サッとあざやかに引き抜いて見せる方が引き立つ。その後の花

道の引っ込みがいいだけに惜しい。

 二幕目の座頭は思いの外愛嬌に乏しく、池へ飛び込むところは、この寒中の

ことゆえ本水ではなくドライアイスの水煙。それも後に二重で一斉に水煙が上

がるところがあるため、余りさえない。それに水中で背中を見せた吹替が何回

も出て間が抜ける。ここは是非ともトンと池に飛び込む、途端に水煙、そのき

っかけで鳴り物になって「御上使のお入り」というイキ一つが眼目の見せ場だ

けに残念。この幕切れにガマがコミカルに動くのも凄味を欠く。

 二場目の蔵前の「葛籠抜け」は違和感があるものの、この人は五右衛門もい

いだろうと思わせたのは意外な収穫である。そのうち五右衛門も見たい。

 大詰は、巳年生まれの梅津掃部の妻葛城の、見顕しをここへ持ち込んだが、

芝居としてはさしたることもない。

 海老蔵が大詰に足利義政で姿を見せる。

 右団次は吉岡宗観と細川政元の二役。宗観は若いのに老け役で気の毒だが、

芝居はさすがにしっかりしている。その妻夕浪は吉弥。

 九団次が梅津掃部、妻葛城は笑也、佐々木桂之助は友右衛門、銀杏の前は児

太郎、松江の奴鹿蔵。

 このあと海老蔵の「寿初春口上」と「鎌倉八幡宮静法楽の舞」。

 海老蔵の「口上」は、金襖に三升の紋の広間に緋毛氈を敷いて、鉞髷に黒紋

付、柿色の裃でただ一人の口上。まことにスッキリしている。後見は斎入。吉

例によって金襖を払うと千畳敷になって「にらみ」を見せる。古来悪霊を払う

という「にらみ」に海老蔵らしい凄味があるところがいかにも悪霊を払う勢い

と力で、父十二代目団十郎よりも祖父十一代目を彷彿とさせる。

 さて「静法楽の舞」は、九代目団十郎の演じた河竹黙阿弥の「千歳曽我源氏

礎」をヒントにしただけで、松岡亮作の新作舞踊劇といった方がいい。これを

「新歌舞伎十八番の内」というのはいささか無理である。

 鎌倉の荒れ寺。ここへ修験者一行が来て、この化け物屋敷に住む老女に会う。

ここは「黒塚」そっくり。老女が自分はもと都生まれの白拍子で、戦に巻き込

まれて今、この身の上という。この舞台奥から真直ぐ舞台中央までスーッと海

老蔵の老女が歩いて来るところは、古びた襖の大道具と照明の具合で面白い。

 老女が引込むと海老蔵が早替わりで白蔵主になって、これまた狂言の「釣狐」

の物語。つなぎは吉弥の蛇骨婆、笑三郎のうぶめと、二人とも達者なところを

見せる。つづいてここへ九代目団十郎の演じた「油坊主のだんまり」の片鱗を

海老蔵が見せて再び早替わりで三途の川の船頭で「雷船頭」風な踊りを見せる。

前半ここまでの海老蔵では、この粋でいなせな船頭が第一の出来。

 後半は道具が変わって、荒れ寺の座敷から紅の勾欄付きの屋体から庭の二本

の桜の大樹を見せた景色になる。いよいよ静御前の法楽の舞である。この「し

ずやしず」の今様に河東節を使うのはいい思い付きである。しかし海老蔵の静

御前はそれほど替わり映えがしない上に、義経との早替わりがもう一つ面白く

ない。というのは吹替を延々と見せられるからである。海老蔵が静と義経の二

役をやっていることは観客百も承知だから、吹替は短い方が効果的だろう。そ

こに静なり義経がいる設定で踊る方が芸として面白いだろう。

 これが終わると海老蔵が「黒塚」の後シテとも「土蜘」のそれとも見える化

生の者で、白髪交じりの黒頭に隈取、小豆色の長袴であらわれる。これは結局

「法楽の舞」というよりも「海老蔵の七役」七変化なのである。七役中一番の

出来はこの化生。ことに右団次の修験者が上手に立身、海老蔵の化生が下手で

片膝立てて長袴を舞台端へ流しての大見得がこの一幕でもっとも印象的でもあ

り、海老蔵の凄味と悪の芸風の魅力が一番色濃く出たところでもあった。

 「黒塚」「釣狐」「油坊主」「船頭」と全て吹き寄せ風であって面白くもあ

る半面、在り物ばかりという陳腐さも否定できない。無理に七役にせずともも

っと創作的に整理すれば、将来海老蔵の「新十八番」になるかも知れない。

 最後に付け加えたいのは、おそらく史上はじめてだろうが、常磐津、清元、

竹本、長唄、河東という五流合奏である。壮観とも贅沢ともいいようがないが、

二ヶ所ほどある三味線の合奏を聞くと、各ジャンルの三味線の魅力が消えて、

ただの楽器にしか聞こえないのが問題だろう。掛け合いもいいが、各派の音楽

的な魅力も大事にすべきだと思う。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る